nama3の気ままに雑記

MOMATコレクションでインプットの時間

f0224100_16050998.jpg
MOMATコレクションとは、東京国立近代美術館の所蔵展です。2~3ヵ月単位で展示作品
が入れ代ります。そして、9月に作品が入れ代りました。今回は、東山魁夷の日本画が1
7点同時に展示されています。風景画と風景写真とでは似て非なるものと思っています。
東山魁夷の風景画は、スケッチを組み合わせた心象的風景が多いと思いますが、風景を
見る視点が風景写真を撮るうえでとても勉強になります。写真で言えば、有名な撮影地
へ絶景を求めて行かなくても見方によって、素晴らしい風景が他にもにたくさんあるこ
とを教えられます。写真の展示では、メインが田村彰英「午後」ですが、個人的には、
作品が入れ代った中平卓馬の作品が楽しみでした。赤瀬川原平の「模造千円札」も展示
が入れ代っています。そんなところが自分にとっての見どころです。今年は2回しか行
けなかったMOMATコレクション。来年は、展示が入れ代るごとに見てみたい。
f0224100_16052502.jpg
 写真は、竹橋からのお堀とその周辺で撮ったものです。

# by nama3_kitano | 2017-10-18 00:01 | その他 | Comments(0)

知らなかったピーヒャラパレード 神楽坂

f0224100_11593612.jpg
神楽坂は、この近くにある大学に入学したために、上京して最初に飲み会で連れて行かれ
た街で、自分にとっては「東京のふるさと」のような場所です。表通りは商店街と居酒屋が
多く、裏通りには、黒塀に囲まれた料亭街があったり、色街としても昔は、その名が馳せた
場所であります。近年は、おしゃれなレストランが増え、休日は街歩きの人で賑わう街にな
っているようです。ここのイベントと言えば、「神楽坂阿波踊り」くらいしか知りませんが、
日曜日、久しぶりに立ち寄って、本当に偶然ですが、こんなイベントに遭遇しました。石畳
の路地裏を歩いていると表通りの方から「ピーヒャラドンドン、ピーヒャラドンドン 」と祭
囃子が聞こえてきたのです。
f0224100_11595240.jpg
 急いで向かってみるとこのパレードです。「????」、善国寺の祭りにしては、衣装が
華やかで今風過ぎる。それによく見れば、みんな猫に仮装している。こんな祭りは聞いたこ
ともない。善国寺の境内に入って、庇の下でスマホで調べてみると「化け猫フェスタ」のペ
ージに行き当たりました。比較的最近始まったイベントのようです。知らないはずだ。竹橋
の国立近代美術館の「MOMATコレクション」を見に行く途中だったので、あまり時間は
なかったのですが、ぎりぎりまで見物しました。
f0224100_12000483.jpg
 参加者の笑顔が良い。参加者も見物客もノリノリなのが良い。東京では比較的古い街の神
楽坂での新しいイベント。ちょっと気に入りました。覚えていたら、来年は、自分も仮装し
て写真撮影をしようかな。ここのところの鬱陶しい天気で落ち込み気味の気持ちが一気に晴
れた気分でした。

# by nama3_kitano | 2017-10-17 00:01 | 散歩 | Comments(0)

霧の小田代ヶ原

f0224100_10271461.jpg
6月~11月中旬の土日の早朝は、多くのカメラマンが小田代ヶ原に集まります。理由は、
ひとつは、赤沼駐車場発の早朝バス(4時半発。夏は4時発)があること、もう一つは、こ
こ小田代ヶ原は、晴天になると朝霧が発生しやすいことです。霧は、風景を抽象化して、
幻想的な雰囲気を作り出す最高の舞台装置です。ここに集まるほとんどのカメラマンは、
それを狙ってやってくるのです。ですから、霧が消えると同時にほとんどのカメラマンも
どこかへ消えてしまいます。霧が出ない日は、何も撮らずに帰ってしまう姿をよく見かけ
ます。


f0224100_10272734.jpg
f0224100_10274219.jpg
霧は日の出のときだけではなく、実は日没のときにも発生することがあります。でも日没
時は、ほとんど人がいません。朝ほど頻度が多くないことや、帰りは夜道を歩かなければ
なりませんからね。自分も立ち会ったのは1度だけです。
f0224100_10281953.jpg
霧の風景は自分も大好きです。特に小田代ヶ原のような場所では、大気の動きを霧が可視
化してくれます。霧が創り出す紋様が無風状態にもかかわ和らず刻々と変化します。特に
早朝、陽が昇ると活発になります。これを見ているだけでも楽しい。今年は、ここへ来る
回数が非常に少なかった。もう一回くらいは来ようと考えています。
 ※今回の奥日光、これで終わりとします。長々とお付き合いくださいましてありがとう
ございました。

# by nama3_kitano | 2017-10-16 00:01 | | Comments(0)

草紅葉

f0224100_12333709.jpg
小田代ヶ原の大きな魅力の一つです。時期的には9月末の晴れた日がベストなのですが、
まだまだ、その魅力を感じることが出来ました。9月末は、周りのカラマツやズミの樹が
まだ青々としてる中で、この原っぱだけが鮮やかに色づいて、そのコントラストも素晴
らしい。今の時期は、周りの木々にもその色付きが広がって来ている状態です。たぶん
今週は、完全に紅葉が広がって、また違った風景になっていると思われます。今の時期
は、刻々と色が変化していくのです。
f0224100_12335190.jpg
こちらは、7日土曜日に撮った写真です。雨あがりの曇天でした。晴れた方が色彩は鮮
やかになりますが、曇天のフラットな光は、色の鮮やかがない代わりに、草草のディテ
ールをしっかりと見せてくれます。これはこれで魅力的です。
この土日は撮影に出られないので、もう少し、奥日光の写真でエントリーしていきます。
よろしくお願いします。

# by nama3_kitano | 2017-10-15 00:01 | その他 | Comments(0)

水面の彩 奥日光

f0224100_11502849.jpg
戦場ヶ原の真ん中辺を湯川という川が流れています。湯ノ湖から中禅寺湖へ向かって流
れている川です。8日日曜日は、晴天になりました。晴天になると今の時期は紅葉の色が
鮮やかになります。都笹に覆われた樹林帯も基本的に広葉樹が多いので、彩り豊かに色
づきます。上を見上げてもそうした紅葉を目にすることができますが、川面を見下ろして
みるとそれ以上に面白い光景を目にすることができます。写真的には、ちょっとありふれ
ていますが、撮らずにはいられません。
f0224100_11505554.jpg
f0224100_11511042.jpg
f0224100_11512697.jpg
時間の経つのは早くて、すでに一週間経ってしまいました。写真はまだまだありますが
そろそろ次に進みたいようにも思います。しばらく悪天が続きそうなのでどうしようかな。

# by nama3_kitano | 2017-10-14 00:01 | 自然 | Comments(0)