nama3の気ままに雑記

裏磐梯へ、そして雨

f0224100_1540488.jpg

表磐梯から裏磐梯へ、表より裏の方が好きなわけでもないのですが、磐梯に限っては、裏の方が好み
です(笑)・・・Moreへ




f0224100_1542073.jpg

五色沼で、軽く足慣らしのつもりで周辺を歩きました。まずは、磐梯山の鉄板写真です。裏磐梯は
まだ雪解けが始まったばかりです。
f0224100_15435593.jpg

ここへ来たのは、3回目か4回目ですが、いつ来ても、この美しい水の色に感嘆します。
f0224100_15452679.jpg

遊歩道を三分の二くらいすすんだところで、引き返しました。ちょっと眠くなってしまったのです。年で
すね(笑) 車に戻って少し休むつもりがそのまま爆睡。と言うわけで一日目は、これで終わってしまい
ました。
f0224100_15473438.jpg

二日、この日は、一日中、裏磐梯を逍遙する予定でした。でも何だか、朝から天気が怪しい。
f0224100_15492328.jpg

レンゲ沼周辺を歩き始めるとすぐに本降りの雨、合羽を着込んで、見かけたテンを何とか撮ろうとした
のですが、脱げ足早く、駄目でした。
f0224100_15585113.jpg

天気予報は、三日は、大雨の予報です。水芭蕉を撮りつつ、頭の中は、この後どうするかでいっぱい
です。悩んでも仕方ない。
f0224100_1602575.jpg

結論。裏磐梯を撤収して、桜の追っかけを前倒しで、再開することにしました。ルートは、会津若松から
田島に向かって、桜を撮影しながら会津街道を南下する。この時点で時間は九時です。うまくすれば、
田島まで、たどり着けるかも知れません。

※ 明日5月6日、赤塚植物園花コミュ会off会を開催します。飛び入り参加、大歓迎です。お時間が
  ありましたら、覗いてください。

 E-M5 M.ZUIKO DIGITAL12-50㎜ DG SUMMILUX25㎜
      ZUIKO DIGITAL50-200㎜
by nama3_kitano | 2012-05-05 12:30 | その他 | Comments(6)
Commented by KUZU at 2012-05-05 17:54 x
私はやっぱり裏磐梯が好きですね。
この磐梯山も、5月27日に山開きです。安達太良山はその一週間前になりますが、私はまず、安達太良山に行ってみようかと思っています。α-7とDP1sを持っていきましょうかね。

見慣れた裏磐梯の光景なハズですが、写真を撮る人が違うだけで、印象は全然変わってきますね。
nama3さんの撮られる福島の春、続きも楽しみにしています!
Commented by littlenap at 2012-05-05 20:21
裏磐梯、美しいですね。
五色沼の色合いも素晴らしいし、レンゲ沼の水芭蕉も素敵です。
一度行ってみたいと思いつつ、運転手さんがなかなか重い腰を上げてくれません(泣)
かといって一人でいったら、たどり着けもせず、家にも帰れず、になりそうだし・・(^^;)
namaさんの素敵な写真を見せて、その気にさせようと
画策中です(笑)
Commented by nama3_kitano at 2012-05-06 06:21
KUZUさん、おはようございます。
KUZUさんもやはりというか、裏の方がお好みですね(笑)実は、磐梯山
も安達太良山も登ったことがありません。いつか登らなければと思って
います。
 同じ場所に一緒に行っても、人によって視点が違いますので、写真を
見せ合うと面白いですよね。勉強にもなりますし。
 α-7って、ミノルタのフィルムカメラですか。
Commented by nama3_kitano at 2012-05-06 06:25
 ちょこままさん、おはようございます。
裏磐梯、お奨めです。ハイキングコースも沢山あるし、風景写真を
撮るなら、被写体は、それこそ無限と言って良いでしょう。宿泊もテ
ント泊からホテルまで、お好みで選べます。
 私が撮った写真では、行く気にならないでしょう。他の方法を考え
た方が良いですよ(笑)
Commented by tatsukiku at 2012-05-07 22:36 x
五色沼懐かしいです。
もう一度行ってみたくなりました。
上杉景勝と直江兼続の生誕地近くの新潟県の六日町の、銭淵公園でも、育ちすぎた水芭蕉を見ることができました。
Commented by nama3_kitano at 2012-05-08 05:31
tatsukiku さん、裏磐梯は、本当に良いところですよ。高層湿原
特有のウェットな風景とそれが生み出す豊かな自然を満喫すること
が可能です。
 上杉景勝と直江兼続の生誕地って、六日町の方だったのですね。
私の場合、六日町というと「八海山」がすぐに頭に浮かびます(笑)