nama3の気ままに雑記

雑草園アラカルト

f0224100_22544357.jpg

ネタ切れの時は、雑草園。と言うわけで、ここ数日、ちょこちょこと撮り貯めた雑草園の写真です。まずは
今がピーク、シランです・・・・Moreへ



f0224100_22572393.jpg

こちらは、久しぶり持ち出したE-1で撮ったシランです。レンズは50マクロです。やはり、E-1、好きです。
f0224100_2313011.jpg

自分にとっては、原点帰りのようなものです。これ、500万画素ですからね。今年は、久しぶりに作品作
りをしてみようかな。
f0224100_233721.jpg

A3ノビくらいまでなら、全く問題ないように思えます。コダックセンサーの色は、今でも私にとっては、一番
かもしれません。
f0224100_2352981.jpg

ここからは、E-M5です。レンズは、EL NIKKOR50㎜指ピン風琴です。
f0224100_238264.jpg

咲き始めたジャガイモの花です。本当の畑ではありませんので、花の数は、多くありません。
f0224100_23102333.jpg

ボディは、最新です。どんなレンズでも強力な手ぶれ補正が働きます。最近は、この組み合わせが、メイ
ンになっています。近々、このブログで、指ピン風琴を公開したいと思います。どんな形状なのか、想像し
てみてください。

 E-1 ZUIKO DIGITAL50㎜
 E-M5 EL NIKKOR50㎜指ピン風琴 ZUIKO DIGITAL8㎜ Fisheye
by nama3_kitano | 2012-05-24 00:01 | | Comments(8)
Commented by TRIP at 2012-05-24 00:54 x
>どんなレンズでも強力な手ぶれ補正が働きます。
あー、そのコメント・・・ため息が出ます。私のE-M5は
手ぷれ誤動作でほとんど5軸手ぶれ補正の恩恵を受けてないので・・・。
もう明日でちょうど入院して2週間です。
いつになったら退院するのか。ホントにみなさんのと同じように
強力な補正がかかるようになるのか。
おかげで、最近はE-620が現役復帰し大活躍です。
もしかしたら、E-M5の不調はE-620の呪いだったのか・・・なーんて。
Commented by nama3_kitano at 2012-05-24 06:33
 TRIPさん、おはようございます。
そうですか、まだ入院中だったのですね。お気持ち、お察しします。
2週間だとそろそろ、退院しても良い頃ですね。元気になって、戻っ
てくることを祈っています。
 手持ちの古い機材、たまには持ち出さないと、呪いを受けるかな。
気をつけたいと思います(笑)
Commented by tatsukiku at 2012-05-24 10:36 x
最後の水滴、いいですね。
私もばっちりピンのきた水滴を撮ってみたいです。
Commented by emikan at 2012-05-24 14:07 x
わー! じゃがいものお花かわいいー!
色も美しい! 小首をかしげそうに思えてきます。
Commented by littlenap at 2012-05-24 16:18
じゃがいもの花にネギボウズ!!
どちらも、機会があればじっくり撮ってみたいお花です。
えっ、たまに持ち出さないと呪い?
まずいです、いい子だね、とE-5君に言っておかなくちゃ(笑)
Commented by nama3_kitano at 2012-05-25 05:58
tatsukiku さん、おはようございます。
ありがとうございます。でも、水滴写真は、もの凄く上手な方が、他に
いて、私は、いつも真似ッ子をしています。ピント合わせもありますが
水滴の形や何が水滴の中に写っているかでも、印象が大きく変わり
ます。奥が深いです。
Commented by nama3_kitano at 2012-05-25 06:01
 emikanさん、おはようございます。
ジャガイモの花、今が旬ですね。近所の畑でも良く見かけます。こうし
て、マクロ的な撮影をすると思った以上に綺麗です。色も魅力的です。
写真家の片岡先生は、今、野菜をたくさん撮られていますので、この
道の専門家です。野菜も被写体として、面白いです。
Commented by nama3_kitano at 2012-05-25 06:06
 ちょこままさん、おはようございます。
私もちょこまま流野菜の写真が見たいです。たぶん、私など、想像も
つかないような素晴らしい写真が、でてくるのではないかと思います。
同じものを撮っても、違いが出るから面白いし、勉強にもなります。
 E-5もPENも良い子良い子してあげてください。私も、出番の減って
しまった子達を出来るだけ、良い子良い子して、時々持ち出さなければ
と思っています。