nama3の気ままに雑記

久々のインプットの時間 船田玉城展

f0224100_23184362.jpg

代休で仕事をお休みしましたので、久々にインプットの時間にしました。オーエムワンが好きさんから
「やっているよ」と言う情報がありましたので、練馬美術館で開催中の「船田玉樹展」へ行きました。
日本画の展覧会は、本当に久しぶりです・・Moreへ



f0224100_23381462.jpg

日本画というと平山郁夫、東山 魁夷といった名前がすぐ浮かびますが、船田玉樹という名前から、作品
のイメージは出てきません。日本画家で名前だけ聞いたことがある程度の知識しかありません。
f0224100_2341044.jpg

今回の展覧会は、生誕100年を記念したものだそうで、代表的な作品200点以上が展示されていました。
更に交流のあった画家達=速水御舟、小林古径、丸木位里などの作品も同時に展示されていました。
f0224100_23453637.jpg

船田玉樹の作品に生でふれたのは、今回がはじめてですが、年とともに作風がどんどん進化しているのが
凄いところです。78才でなくなるまで、進化し続けた画家という印象です。
f0224100_23533423.jpg

展覧会は、9月9日まで開催されています。お奨めです。練馬区立美術館は、西武池袋線中村橋駅から
3分のところにあります。

 OM-D G VARIO14-45㎜ ZUIKO DIGITAL50㎜ CANON FD85㎜
by nama3_kitano | 2012-08-31 00:01 | その他 | Comments(4)
Commented by tatsukiku at 2012-08-31 11:29 x
暑い中、美術館での避暑、最高ですね。
美術館めぐりも久しくご無沙汰です。
Commented by emikan at 2012-08-31 15:07 x
歳を重ねるほど、豊かな発想や創作意欲がどんどん出てきた時、
若い頃のような体力が無いのが悔しいという話はままあります。
船田玉樹さんを少し調べましたが、62才でクモ膜下で右半身が不自由になったにもかかわらず、
右手で描き続けたことに驚きました。
それと、nama3さんの「年とともに作風がどんどん進化している」という感想と重ねると、
とんでもなく凄いですね。
私も作品を見たくなりました。
Commented by nama3_kitano at 2012-09-01 08:55
tatsukiku さん、おはようございます。
避暑も兼ねてと考えていたのですが、ひとつだけ失敗しました。お昼を
食べてから入館すれば良かったのですが、外はまだ暑いのに出ること
になってしまったのは、空腹に負けてしまったのです(笑)
Commented by nama3_kitano at 2012-09-01 09:00
 emikanさん、おはようございます。
ぜひ、是非、ご覧になってください。人は、ある程度上り詰めると
そこでお終いになってhしまうケースが多いと思います。成功して
いれば、それも悪いことはないかも知れません。でも、この画家の
ように、生涯変わり続けるというのも出来ることではありません。