nama3の気ままに雑記

SONY α7とOMレンズを持って2

f0224100_22345658.jpg

昨日の続きです。今日は、24mmと28mmで撮った画像です。24mmといえば、昔は、超広角レンズの入
門レンズでした。故に、自分的にも扱いが難しく、あまり出番がなかったレンズです。広角は、28mmがメイ
ンで、自分の場合は、標準レンズがわりに使っていました。そんなこともあって、実は28mmが一番使いや
すいレンズです・・・Moreへ




f0224100_22385152.jpg

フィルム時代は、ズームは、画質が落ちるということで、私は、ほとんど使いませんでした。でも、画質の違い
なんて、本当は、わからなかったのですけどね。知ったかぶりで「ズームは、ダメダメ」なんて言っていました。
28mm、50マクロ、135mm単焦点3本が、山に行くときのお伴でした。24mm、35mmなどは、正直、稼働
率が低かった。
f0224100_2245347.jpg

そして、撮ってきた写真の6割以上が28mmでした。岩登りや冬山登攀では、ピント合わせしている余裕が
なくて、勢い、ピントは絞り込んでパンフォーカスにしてバチバチやっていたのでだと思います。レンズのヘリ
コイドに指標がついていて、F11くらいにするとピント合わせしなくとも、だいたいピントはあっていました。
f0224100_22502194.jpg

時代が変わって、今はオートフォーカスが普通です。中には、AFポイントもカメラまかせで撮られている人
もいるようです。それもまあ、悪く無いですが、やはりそのへんは、自分でコントロールしたいです。それは
、時代遅れの考え方かもしれませんが・・
f0224100_22542721.jpg

そんなことより、撮影を楽しみたい。例えば、単焦点1本だけで撮影に行かなければ、ならないとしたら、何を
持っていくか。まあ、標準ズームを選ぶのが、一番無難ですが、単焦点だけなら、50mm(25mm)か35mm
(17mm)になるかな。28ミリより35ミリのほうが断然使いやすいです。
f0224100_22581327.jpg

はてさて、オールドレンズ遊びは、まったくもって楽しいですが、本格的に作品作りに使えるかというと海のも
のとも山のものともというのが結論です。まあ、マイクロフォーサーズが、なんといってもメインカメラですから
これらのオールドレンズだけを持って撮影に行くことは、たぶん、ないと思います。

 SONY α7 ZUIKO AUTO-W24mmF2.8 G.ZUIKO AUTO-W 28mmF3.5
by nama3_kitano | 2014-02-19 00:01 | カメラ・写真 | Comments(4)
Commented by tatsukiku at 2014-02-19 12:31 x
ズーム万能の世の中になり、単焦点の出番が少なくなりましたが、やはり、いいものはいいですね。
マイクロフォーサーズは、小さく軽いので、フルサイズに比べ、持ち出せる本数が増えたのは、有難いですが。
Commented by buuboro at 2014-02-19 23:16 x
今晩は。
オールドレンズの世界・・・いや・・・フルサイズ対応のレンズということですよねえ。
膨大な数のレンズが世に出ていましたし今も出ています。
探し出してください、気に入ったものが気に入ったように写るレンズが在る筈です。
流行のファッションではなく使えるレンズを作品に是非。
引き伸ばしレンズはいわゆるオールドレンズの範疇のものではない、と、実証したいおいらからのメッセージです。
Commented by nama3_kitano at 2014-02-20 07:57
tatsukikuさん、おはようございます。
私は、マイクロフォーサーズは、単焦点をメインにと考えていて、これ
からの作品作りも単焦点中心にやっていこうと思っています。ズームは
便利ですけどね。
Commented by nama3_kitano at 2014-02-20 08:00
buuboroさん、おはようございます。
オールドレンズというとどうしても遊びと考えてしまいますが、久しぶり
に、MF単焦点だけで出かけてみると昔の感覚が蘇って、これで、作品
づくりもできるなと思うようになています。まずは、手持ちのレンズを試し
てみて、結果次第では、本格稼働させようかなと考えています。今のと
ころ、ZUIKOの広角は、バッチリです。