nama3の気ままに雑記

霧の置き土産

f0224100_22501888.jpg

太陽が登ると霧は、霧消する。そして、三脚を立てていた多くのカメラマンも、霧とともに霧消
する。ほとんど帰ってしまうようだ。でも、私は、いつも皆さんと反対の方向へ歩いてくことが
ほとんどだ。今回も私と同じ方向に歩いてきたのは3人のみであった。実は、霧はとても素晴
らしい置き土産を置いて行くことが多い。今回もその例に漏れずであった。

f0224100_22512022.jpg

季節が変わって、秋になると水滴ではなく霜がびっしりつくことになるが、この日も実は霜が
ついていた。でもここへ来るまでの間に気温が上がって溶けたのだ。霧はもともと極小の水滴
である。繊細な水適なのです。逆光でまるで宝石のように美しい水滴、なんとも素晴らしい置き
土産である。

f0224100_2252146.jpg

ありがとう。い~い土産です。
by nama3_kitano | 2015-07-15 00:01 | | Comments(0)