nama3の気ままに雑記

初めての八島湿原 夜と朝

f0224100_7241981.jpg

f0224100_7223130.jpg

初めての八島湿原です。ずっと以前、ビーナスラインが有料道路だった時代に近くを通ったこと
があるかもしれません。でもこの湿原をみたのは、紛れも無く初めてです。寝床を求めて、11時
近い時間にやって来ました。個人的には、生来の怠け者が顔を出し、ビールを飲んでまったりと
したかったのですが、同行してくださった青空さんとオーエムさんは、完全装備でやる気満々、
「どのくらい歩くの」と聞くと「すぐそこ」ということなので付いて行きました。なるほど、月明かりの
湿原は美しい。でも「撮影よりビールがいいなあ」ともう一人の自分の声が聞こえます。なので、
月と反対側にカメラをむけて、ライブコンポジット撮影をすることにしました。ふふふ、これで、カ
メラを働かせつつビールが飲める。我ながらいいアイデアです。夜の撮影は、この2枚だけで終
了としました。そして朝・・・Moreへ





f0224100_733725.jpg

そして朝、3時起床で撮影を開始しました。我ながら良く働きます。これもひとえにお二人のお陰です。
最初、上の方から日の出でもと考えていたのですが、いつもの癖でふらふらしだしました。
f0224100_735397.jpg

木道を降りて行くと池畔にでます。池を前景に日の出を狙うなら木道を右に行くのがベストな感じが
しました。事実、数人のカメラマンが三脚を立てています。自分は誰も行かないように見える左側へ
行ってみました。
f0224100_7383100.jpg

きれいな写真は、上手な人たちに任せて、違った視点で撮ろうなどと考えたわけではなく、花が沢山
咲いていそうな感じがしたので左側へ行ったのです。日の出を撮ることは、頭から消え去っていたのです。
f0224100_7395212.jpg
f0224100_740691.jpg

日の出の瞬間、あっ、やっちゃったって思いました。やはり右へ行くべきだったが正直な気持ちで
す(笑)でもこの後、これが結果的に、朝露に濡れた植物たちとの出会いにつながります。
by nama3_kitano | 2015-08-05 00:01 | 自然 | Comments(0)