nama3の気ままに雑記

ひさしぶりの憾満ヶ淵

f0224100_20565114.jpg

写真は、5月15日、奥日光の帰り、久しぶりに訪れた憾満が淵です。この並び地蔵、久しぶりに会い
ました。ここは日光市内と言っていい場所ですが、いつ来ても独特の静かな空気に包まれています。
時折、人は通りますが、東照宮のような喧噪的な雰囲気はありません。今回、初めて気づきましたが
お地蔵さんには名前のようなものがほられています。この並び地蔵の近くに輪王寺のお坊さんたちの
お墓がありますので、輪王寺と関係あるのかな。まあ、そんなことは二の次、ここの空気に触れている
と体中にその空気が回り込んで、きれいになってくような気分になります。
f0224100_211453.jpg
f0224100_212060.jpg

そして、今の時期は、緑が素晴らしい。ここで見る緑は、すがすがしい緑なのです。大谷川の渓谷を
挟んで、向かい側にも緑の森があります。向かい側は、東京小石川植物園の分園、日光植物園なの
です。ですから、日光植物園からもここの並び地蔵をちょっとだけ見ることができます。
f0224100_2152954.jpg

日光植物園には、様々な草花が栽培されていますが、もともとあった森もそのままに近い形で保存
されています。この山藤も非常に見事ですが、たぶん、自然に生えた山藤ではないかと思います。
高い杉の木に絡まった山藤、憾満ヶ淵から見ても聳え立つような山藤でした。
f0224100_2110139.jpg

藤棚の藤も良いですが、個人的には山藤の方が好きです。今年は出来ませんでしたが、何時か、山
藤を撮るためにあちこち回ってみたいと思っています。

 そして今日から今年2回目の奥日光へ。今回は、大好きなズミの花に会うための奥日光詣で
です。天気は、どんな天気でも構いません。キャンプ場にテントを張って、じっくりいきたいと思っ
ています。そんな訳でブログの更新、ちょっとだけ滞ります。ご容赦ください。
by nama3_kitano | 2016-05-28 00:01 | 自然 | Comments(0)