nama3の気ままに雑記

花のコスモス ビョウヤナギ

f0224100_5525947.jpg

コスモスと言っても秋に咲くコスモスのことではありません。もう一つの意味の方です。通勤でいつも通り
抜ける公園でビョウヤナギの花が見ごろを迎えています。この花、何回も撮影をチャレンジしているので
すが、思ったようには撮れません。自分が花を撮影する場合、寄り過ぎず離れすぎずの距離感を探しま
す。それが見つからない花も幾種類かあって、その花のひとつと言って良いかもしれません。今回は、普
段はあまりやらないのですが、マクロレンズに接写リングを付けてよってみました。見えてきたのがコスモ
ス=宇宙でした。摩訶不思議な空間です。これもありだとは思いますが・・・
by nama3_kitano | 2016-06-12 00:00 | | Comments(2)
Commented by buuboro at 2016-06-12 09:10 x
お早うございます。

花の花心にコスモスを見るという言葉に夢枕獏氏の写真エッセイの中の1ページを思い出しました。グロキシニアという花でした。
(1989年発行小学館、光りの博物誌)
私は相変わらずコケ群の中にそれを覗いている積もりになっておりますが気を緩めると只のマクロ写真になってしまいます。
何処に在っても何を覗いても、其処に大宇宙を見出す感性が欲しいです。

Commented by nama3_kitano at 2016-06-12 17:21
buuboroさん、こんにちは。

夢枕獏氏のエッセイ、読んだことがありませんので
今度読んでみます。今ちょっと撮影のモチベーショ
ンが下がり気味です。故に身の回りで撮ることが増
えています。