nama3の気ままに雑記

雨の似合う花 アジサイの美の山

f0224100_23134645.jpg

 俗に雨降り花という言葉があります。雨が似合う花だったり摘むと雨が降るなんて言い伝えのある
花だったりのことです。つまり、雨と非常に縁のある雨の時期によく見かける花たちのことです。その
代表的な花がアジサイであることはだれも疑わないでしょう。6月24日、古代蓮の里で蓮の花を撮影
した後、そのアジサイの咲く美の山へ向かいました。アジサイの名所なら、古代蓮の里からそんなに
離れていない場所に能護寺がありますが、今回は、美の山にしました。理由は天気です。
f0224100_23142165.jpg

行田から美の山へは、まず熊谷へ出て、R140号線を寄居方面へ、1時間ちょっとで着けるはずと出
発しました。寄居近くまで来て、とうとう、雨が降り出しました。フフフ、期待した通りの天気です。それ
も、小粒の雨で申し分ありません。美の山の登山ルート(車道)に入ると霧がだんだん濃くなりました。
頂上付近では視界が悪い。完全に雲の中に入った感じです。
f0224100_23144741.jpg

駐車場について、雨合羽に長靴の完全装備、カメラだけは防塵防滴を信じて、タオルに包んだだけで
、アジサイの咲く斜面に向かいました。カメラにも雨具を付けたカメラマンが数人、斜面のアジサイと格
闘していました。そんな中にそっと割り込みました。と言ってもかなり広いので全く問題なく撮影に入り
ました。
f0224100_23151980.jpg

全く持って素晴らしい。幻想的なアジサイの斜面、まばらに植えらえている樹木が、素晴らしいアクセ
ントにもなります。ここでアジサイを撮影するのは2回目で、前回は、途中から大雨となって、ほとんど
のカメラマンが撤収、撤収しなかったのは私のほかにもう一人、その方も私もE-1を使っていたのでし
た。そんなことが思い出されます。
f0224100_23195866.jpg

アジサイを撮るための遠征は、今年これが最初で最後になると思います。こんな素晴らしい光景に出
会えて本当に良かった。
by nama3_kitano | 2016-06-28 00:00 | | Comments(0)