nama3の気ままに雑記

ズミVS白樺 小田代ヶ原

f0224100_23122111.jpg

ベタな写真で申し訳ありません。霧の小田代ヶ原を撮るとどうしてもステロタイプ的になってしまい
ます。でも好きなのです。この霧に包まれた風景。日本画に代表される美意識が自分の中にも無
意識に根付いていることを自覚せざるをえません。霧が出た朝は、撮影のモチベーションも最高
潮になります。周りのカメラマンを見ても同じです。おしゃべりをしていた人ももう撮影に集中してい
ます。たぶん、話掛けてもまともに答えてくれません。みんな至福の時を過ごしているのです。
f0224100_23123184.jpg

撮影が終わって、画像をチェックすると自分は、シンボルツリー、小田代ヶ原の代名詞、敬愛する
写真家宮嶋康彦先生が世に紹介したあの白樺の木が、あまり写っていないのです。写っているの
は圧倒的にズミの樹です。自分は、どんだけこの樹が好きなのだろうと思います。特に霧に包まれ
るとズミの写真ばかりが量産されます。よく飽きもせずにです。戦場ヶ原や小田代ヶ原にこの樹が
ある限り、ここへ通い続けることになりそうです。そのくらい好きです。
by nama3_kitano | 2016-09-07 00:01 | 自然 | Comments(0)