nama3の気ままに雑記

栗野地区(栃木県)の曼珠沙華

f0224100_21125295.jpg

奥日光へ向かって東北道を北へ向かったわけですが、走り始めてすぐに雨が降り始めました。
天気予報が外れた。予報では「曇り時々晴れ」だったので、午後の光で色づき始めた戦場ヶ原を
撮ろうと考えて出発したのです。こうなったら雨でも被写体として魅力的な曼珠沙華にしたほう
が良さそうという訳で、急遽栃木インターで降りて、栗野地区へ向かうことにしました。
f0224100_21131056.jpg

 栃木県鹿沼市栗野地区は、個人的に曼珠沙華の撮影地として、以前から訪れて来ました。こ
の地区には、常楽寺や遊の郷など知る人ぞ知るちょっと有名な撮影ポイントがあります。勿論、
今回も回ることしましたが、それと同じくらい魅力を感じるのが、そん所そこらでいくらでも見る
ことができる田園風景です。たわわに実った稲と真っ白な花を咲かせたソバ畑、そしてあぜ道に
は真っ赤な曼珠沙華が咲く風景です。
f0224100_21132970.jpg

 春に一本桜を求めて福島を走り回るように、いつかこのエリアを時間をかけて、曼珠沙華と稲
刈りとソバの花の織りなす風景を撮り歩きたいと思っています。
 この3枚目の写真は、車の中で気が付いて、慌てて路肩に止めて撮影しました。撮影中、この休
耕田横の農家のおじさんが家から出てきました。『入っちゃいけな場所かな』と思ったのですが、こ
ういう場合は、先手を取って、こちらから挨拶しました・「こんにちは。あまりにもきれいなのついつい
(畦に)入ってしまいました」「ああ、きれいだろう。もともと田んぼだったけど、農地改良で広くしたん
だけど、借り手がなくてな今は何も作っていない。自然に彼岸花が広がってきてこうなっちゃった」だ
そうです。それからしばらく世間話。いろいろ教えていただきました。
by nama3_kitano | 2016-09-26 21:24 | | Comments(0)