nama3の気ままに雑記

バラの花

f0224100_17512160.jpg

バラの花が被写体として大の苦手であることは、以前、ブログに書きました。もやもやとした苦手意識
を文章で見事に代弁してくれたのが新渡戸稲造です。あの5千円札のお方です。有名な著作「武士道」
という本の中で、ヨーロッパ人が一番好む花=バラと日本人が一番好む花=桜を、その死生観を花に
託して対比した文章でした。今、雑草園でピンクのバラが見ごろを迎えています。以前は、この花を撮る
ために古河庭園へ行ったりしたものでした。そして、自分にはこの花の美しさを写真で表現することがで
きないことを痛感させられたのでした。身近にあるこの写真のバラでさえ、近づくのが恐れ多いと感じま
す。この写真も間近で撮った訳ではなく、レフレックス500㎜レンズで“遠巻きに近づいて”撮影しました。
by nama3_kitano | 2016-11-04 00:01 | | Comments(0)