nama3の気ままに雑記

ひいらぎの花

f0224100_21475499.jpg

ひいらぎは、漢字で書くと木へんに冬。その字のとおり、冬を告げる花です。モクセイ科の植物のた
めかどうかは分かりませんが、キンモクセイと同じように芳香性の香りがします。ただ、キンモクセイ
ほどその香りは強くありませんので、近づかなければわかりません。今、職場近くの公園ではその柊
の花が見ごろとなりました。と言っても、花の数も大きさも全く目立たたないので、この花が咲いてい
ることを殆どの人は気づかずに通り過ぎてしまいます。そもそも、この木の葉っぱはとげとげで触ると
痛い。つまり人を寄せ付けないようにできているのかもしれません。節分にイワシの頭ととも飾られる
のも鬼除けの意味でしょう。でも、面白いのは、老木になるとその葉っぱのとげが丸くなるらしい。それ
って人と同じですね。今年もこの花を見ると年の瀬が近づいて来たと感じます。また一つ年をとるのだ
なあ。
by nama3_kitano | 2016-11-12 00:01 | 自然 | Comments(0)