nama3の気ままに雑記

深度合成で落ち葉の美学

f0224100_2372936.jpg
 
紅葉シーズンは、終わってしまったが、落ち葉シーズンは、今まさにピークです。落ち葉の美学
は、今から5,6年前、雑草園から始まりました。落ち葉は、特に自然風景では写真のモチーフとし
て、様々なシーンが撮られています。自分にとっては、落ち葉は、落ち葉の美学です。
f0224100_2375334.jpg

落ち葉は、特に紅葉して、落ちたばかりのものは、モノとして見た目もきれい。自分は、そこに
加えて落ち葉には、コトとしての落ち葉があると思っています。輪廻転生的な意味での落ち葉で
す。そのモノとしての落ち葉とコトとしての落ち葉を総合的に見ようというのが落ち葉の美学で
す。したがって、落ち葉シーズンは、当分続きます。地面に落ちた落ち葉が朽ちるまで追い続け
るのです。
f0224100_2381063.jpg

そんな落ち葉を今シーズンは、深度合成で撮っています。落ち葉は、波打っていることが多く、
写真に撮るのは意外と難しかったりします。深度合成を使うとこれまでにないピントの深さを得
る事ができます。絞込で出る回折現象とも無縁です。結果がどう出るかわかりませんが、今シ
ーズンは、この撮影方法を中心に撮影しようと決めています。
by nama3_kitano | 2016-12-13 00:01 | 自然 | Comments(0)