nama3の気ままに雑記

 骨波田の藤

f0224100_22000337.jpg
藤の花は、あまり撮ったことがない。一度だけ亀戸天神で撮ったことがあるくらいかな。でも
嫌いなわけではない。できれば撮りたいと思ってきた。中でも、自然に生えている藤を撮りたい。
これが、やってみると非常に難しい。第一、撮りたいと思わせるようなヤマフジがどこに生えてい
るのかがわからない。高速道路を車で移動中だったり電車で旅行や出張に出た時に車窓から見るこ
とはあるのだが、いざ、撮影のために探すとなるとなかなかないのだ。昨年、日光憾満ヶ淵で大き
なヤマフジを見かけ撮ろうとしたが、近づくことが出来なくて断念した。やはり、名前の通った藤
棚の藤を撮ることから始めるべきなのだろう。
f0224100_22004233.jpg
そう言う訳で、足利フラワーパークのような大きな藤棚のある場所へ行くことにした。調べてみる
と埼玉県内にも有名な藤棚が何か所かある。その中からどこか一か所、行って見るることにしたの
だが、調べるとゴールデンウィーク中が見ごろのようで、すでに手遅れの感がした。唯一、骨波田
の藤がなんとか間に合う感じがしましたので、ダメもとで出発しました。場所は、本庄市です。埼
玉県の北部にある町で、合併前は児玉町と言っていたエリアにある。ちょっと北へ行くと群馬県と
いう場所だ。
f0224100_22011555.jpg
長泉寺という古刹の境内いっぱいに藤棚は広がっていた。このお寺は、戦国大名の上杉家ゆかりの
寺院であるようだ。土曜日の風雨で落ちた花を清掃していた人に聞いた話では、あと4,5日もする
とこの花は、全部摘み取られてしまうとのことです。花の時期にぎりぎり間に合ったという感じで
すが、このフジは、ヤマフジだそうです。樹齢650年というからびっくりです。藤棚の撮影は、初め
てに近いので、レンズは超広角から望遠そしてマクロまで準備していきました。でも使ったは、今回
は、ほとんど広角ばかりでした。この花も撮影は結構難しい。来年は、桜の時期とちょっと重なるが
もう少し撮影の回数を増やそう。今年の藤の撮影は、今回が最初で最後になってしまいます。

by nama3_kitano | 2017-05-15 00:01 | | Comments(0)