nama3の気ままに雑記

2017年 03月 11日 ( 1 )

あれから6年復興は道半ば

f0224100_11125422.jpg

写真は、2013年5月1日に撮影したものです。場所は、福島県相馬市です。東日本大震災から2年
後に撮ったものですが、福島は、原発事故によって、復興が一番遅れている地域になっています。
相馬市の松川浦に仕事の関係で何回か訪れていて、その美しい海にいつも感動していたのですが、
震災でそれがどうなったか心配で、訪れたのでした。この日は、松川浦から海沿いを南下して、東
北電力原町火力発電所の近くまで行ったのですが、途中、津波に完全に飲み込まれた集落の跡地に
黄色い美しいラッパスイセンが咲いているのに気づき、写真に収めようと撮影しているときのこと
でした。背中に視線を感じ、振り返るとこのワンちゃんがこちらをじっと見ていたのでした。声を
かけると近くまで寄ってきましたが、待ち人ではないことが分かったのか、くるっと向きを変えて
行ってしまいました。「ごめんね」としか言いようがなかったことを覚えています。
f0224100_11131445.jpg

岩手県陸前高田の奇跡の一本松は有名ですが、海岸沿いには、福島もたくさんの松が植えられて
いました。写真の松の木の近くには、地区の公民館があったそうです。当時、ちょうど復興整備
の工事が行われていましたが、枯れた松の木が、支えあうように立っていて、とても印象的な光
景だなと感じてカメラを向けたのでした。
f0224100_11134575.jpg

夏は、歓声が聞こえたであろう海水浴場へ行ってみました。瓦礫は撤去されていましたが、ポ
ツンと残されたヘルメットがあって、強い寂寥感を覚えました。向こうに見える発電所が、東
北電力原町火力発電所です。この発電所も津波によって甚大な被害を受けたようですが、この
写真を撮った1週間ほど前に震災から2年かかって、営業運転を再開したと聞きました。原発と
の大きな違いを感じたものでした。
f0224100_1114832.jpg

震災のあった翌年、2012年から、春は毎年福島を訪れています。復興を応援する気持ちは変わ
っていませんが、2014年からは、桜撮影が目的になっています。福島の桜は、特に中通は、一
本桜の古木が多く、来れば来るほど好きになりました。復興はまだまだです。あと何十年かかる
かわかりませんが、可能な限り応援したいと思っています。と言っても自分にできることは、写
真を撮り歩くくらいですけどね。
今日、14時46分、その時刻、どこにいるかわかりませんが、ひとり黙祷をささげようかと思っ
ています。

by nama3_kitano | 2017-03-11 00:01 | その他 | Comments(0)