nama3の気ままに雑記

2017年 05月 05日 ( 1 )

星峠の棚田 霧の風景

f0224100_22440009.jpg
星峠の棚田は、もともと霧が出やすい場所ということです。自分は、霧の風景が大好きです。
ここ10年ほど通っている奥日光小田代ヶ原も最近通い始めた渡良瀬遊水地も目的の半分くらい
は、霧の風景かもしれません。風景写真を撮るものは、押しなべて霧の風景が好きなのでは、
ないでしょうか。霧が出ない日は、早々に撮影を切り上げて撤収してしまうカメラマンも多い
のです。それは、霧が出ないと「絵」にならないとの判断からでしょう。
f0224100_22443399.jpg
霧は風景を抽象化する。つまり、風景に「ま」をつくる。風景に「あいまい」空間を生み出す
のだと考えます。それが、長い時間をかけて作り上げてきた日本画に代表される様式美ではな
いかと思います。
f0224100_22450269.jpg
自分も含めて、その様式美が、感性の中に入り込んでいる。そのことが、霧の風景を好む背景
にあると思います。この朝は、霧が盛大に出ました。ある意味、最高の条件の中にいたと思われ
ます。そして、今まで自分が見てきた霧との明らかな違いもありました。小田代ヶ原や渡良瀬
遊水地では、霧の中で霧を見る感じなのですが、今回の霧は、霧の状況を俯瞰できる霧なので
す。これは、初めての経験でした。
f0224100_22473906.jpg

こういう日は、日本人が連綿として作り上げてきた様式美に思いっきり浸りましょう。この日
ここに集まったほとんどのカメラマンが感じている筈の様式美にです。そして、夢中でシャッタ
ーを切る幸せに浸りましょう。この日は、そんな星峠の棚田の朝でした。
 もう一回あるかな。

by nama3_kitano | 2017-05-05 00:01 | 自然 | Comments(0)