nama3の気ままに雑記

2017年 05月 11日 ( 1 )

浮野(うきや)の里へ

f0224100_21202634.jpg
以前、花菖蒲の時期に一度行こうと考えた場所です。6月に「あやめ祭り」があることを何かで
知って、そう考えたのでした。その後、菖蒲の花は撮影対象から外れてしまい、ついでのとき以
外は撮らなくなってしまいました。故にこの場所も完全に頭の中から消えていたのです。場所が
渡瀬遊水地から、そんなに遠くない。菖蒲にはちょっと早いけど行って見ようとなったのです。
f0224100_21210190.jpg
「浮野の里」という施設があるのかなと思いながら行きましたが、全然違っていました。湿地
帯、水田、農家=屋敷林など、武蔵野の面影を残すエリア全体をそう呼んでいるようです。特徴
は、湿地です。水面をやたらと高く感じる水量豊かな湿地があって、野草や昆虫などの宝庫です。
湿地の一角に菖蒲田が作られていて、あやめが少しだけ咲いていました。
f0224100_21212016.jpg
この場所、実はかなり広いようです。今回は、駐車場の近くに土手状に植えられたクヌギの並木
(これは洪水対策で作られたようです)を往復しただけです。エリア全体を歩くと相当時間がか
かりそう。農村風景は以前から撮ってみたいと思っていますので、ここにはこれから何回か来る
ことになりそうです。ちょっと気に入りました。

by nama3_kitano | 2017-05-11 00:01 | | Comments(0)