nama3の気ままに雑記

2017年 07月 21日 ( 1 )

今年の蓮撮り終了

f0224100_12013120.jpg
 別に改まって終了宣言する必要はありませんが、先日の荒川花ハス園での撮影をもって
2017年の蓮の追っかけを終了しようと思います。花撮りは年間を通じて行っていますが、
特別な思いを抱いて追いかける花は限られます。このブログで何回も書いてきたように、
春の桜、夏の蓮、秋の曼珠沙華の三つがそれです。単に美しいだけではなく精神的な深み
のようなものをこれらの花に感じるのです。でも残念ながら自分には写真のスキルが足り
ない。感じたことをしっかり分析する能力が足りない、など足りないづくしでうまく画像
で表現することができていません。これは、納得できるまでやり続けるしかないと思って
います。
f0224100_12023686.jpg

 今年の蓮は、6月中旬から始まってちょうど一ヶ月でした。ここ数年、蓮の追っかけは
古代蓮の里一か所でやってきましたが、今年は、面を広げて追いかけてみました。と言っ
ても新たに行った場所は、古河総合公園と荒川花ハス園の2か所です。ハスの追っかけで
は、自分にとって絶対必要条件が一つだけあります。それは、まだ薄暗い早朝からカメラ
を構えられる場所であることです。ハスの花は、暗い時間からゆっくり開き始め、種類に
もよりますが、7時ぐらいから10時くらいが撮影のベストタイムです。空気の青い時間から
撮影したい花なのです。
f0224100_12021728.jpg

 春の桜は、開花に合わせ北上、場所を変えての追っかけ、夏の蓮は、特定の場所で時間
的な変化を追っかけをしてきました。来年もこのスタイルでやるかどうかは別にして、蓮
の花の追いかけは続けたいと思っています。
f0224100_12045514.jpg

 それとこれらの花の撮影でいつも感じることは、撮れば撮るほど飢餓感に似た強い「撮
り足りない」感を持ってしまうことです。撮影結果に満足できないということでしょう。
これらの花から感じることを自分が撮った写真からはあまり感じられない。それが原因で
す。これは、大変重要なポイントと思われますので、深く深く考えてみたいと思ています。
そんな訳で、撮り足りない感いっぱいですが、今年の蓮(花)は、終了とします。

by nama3_kitano | 2017-07-21 00:01 | | Comments(0)