nama3の気ままに雑記

2017年 10月 31日 ( 1 )

樹を撮る

f0224100_13423536.jpg
今回、信州へやってきた目的は樹を撮ることです。主にカラマツ、白樺、ダケカンバが狙
いです。カラマツは、その黄葉を白樺とダケカンバは、葉が落ちた後の冬枯れ姿です。紅葉
も良いのですが、自分はこの冬枯れ姿が大好きなのです。その姿は、ここ数年、日光へ撮り
に行っていましたので、日光へ行くことも考えましたが、ズイコー倶楽部長野支部写真展も
あるし、天候が思わしくないことなどを考えて信州へ行くことにしました。
f0224100_13424968.jpg

ルートは、佐久経由でR299の麦草峠を越えて、蓼科、車山、霧ヶ峰、八島湿原、高ボッチ
などを回るルートです。昨年夏にビーナスラインを走った時に見たカラマツの林がどうなっ
ているか。八島湿原の枯れ野原はどんな感じか、とても楽しみでした。問題もありました。
麦草峠が積雪のため通行止めになっているという情報です。まあ、駄目なら引き返して、ち
ょっと遠回りすれば良いかという感じで出発しました。
f0224100_13432252.jpg
f0224100_13433472.jpg
佐久インターを降りてしばらく走ると「白駒池までは通行可」の案内が出ていました。や
はり、麦草峠は越えられないかと思いつつ車を走らせました。「日本一の白樺林」には日の
出の時間に到着。曇り空で日の出は見られませんが、予想通り、素晴らしい白樺林が展開し
ていました。この冬枯れ状態は何とも美しい。しばらく撮影した後白駒池へ向かいました。
f0224100_13434822.jpg
駐車場に車を入れて、とにかく池まで行ってみることに。やはり、雪が残っていました。
雪の付いた木道は滑りやすいのでゆっくり写真を撮りながら一周しました。ここの樹相の主役
は常緑樹のコメツガやシラビソですが、冬枯れ姿のダケカンバが混じって、静かな湖面にシ
ンメトリーを見ることができました。紅葉シーズンの喧騒がうそのように静かな白駒池でし
た。駐車場に戻ると森林組合の方が出勤していました。麦草峠の状況を尋ねると8時に通行可
になるとのこと、ラッキーです。つづく。

by nama3_kitano | 2017-10-31 00:01 | | Comments(0)