nama3の気ままに雑記

2017年 11月 01日 ( 1 )

そうだ!御射鹿池へ行こう

f0224100_12273815.jpg
麦草峠を越えて茅野側に少し下ったところに小さな展望台があります。駐車場に車を止め
てその展望台に登ってみました。南アルプス甲斐駒ケ岳が良く見えます。この日は白く霞ん
でいました。そしてどんどん薄くなってそのうちほとんど見えなくなりました。雨がどんど
ん迫ってきているのです。
f0224100_12275534.jpg
遠くに甲斐駒ケ岳、近くの斜面は、北八ヶ岳の天狗岳の斜面です。北八ヶ岳は、シラビソ
やコメツガといった常緑針葉樹林に覆われているのですが、こちら側から天狗岳方向を見る
と一面の落葉松です。この落葉松を見ていて、ある風景が頭を過ぎりました。最近読んだ日
本画家の本に出ていた有名な風景画です。あの場所は、ここから遠くない。いつも、近くま
で来ていながらパスしてきた場所です。折しも、出発を促すように雨が降り出しました。甲
斐駒ケ岳は霞に溶け込んで全く見えなくなりました。
f0224100_12280946.jpg
向かった先は、そうあの御射鹿池です。農業用溜池ですが、たぶん溜池の中で一番有名な
部類の池でしょう。鏡のような静かな池に写り込んだ深い緑のカラマツ林に一頭の白い馬、
静寂が聞こえるような場面です。でも、この日はそのイメージとは全くかけ離れた風景でし
た。本降りになった雨が水面にさざ波を作り写り込みはほとんどありません。背景の落葉松
も色づいています。さらに入れ代り立ち代り観光客がやってきます。マイカー、観光バスと
雨もなんのその状態でした。画伯の力や写真家の力が人を集めているのかもしれません。次
来ることがあったら、季節や時間を変えてですね。つづく

by nama3_kitano | 2017-11-01 00:01 | | Comments(0)