nama3の気ままに雑記

歩け歩けで、20,000歩越え

f0224100_23363728.jpg
 今、毎日10,000歩以上歩くことを目標にしていますが、日々の生活で達成する日は、半
分くらい、平均すると8,000歩くらいでしょうか。24日の日曜日は、湘南の曼珠沙華を撮る
ために、普段よりたくさん歩くことができました。歩いたコースは、JR相模線宮山駅をス
タートして、寒川神社ー寒川駅ー小出川沿いー寒川駅と歩きました。歩数にして約20,000
歩歩きました。普段なら足が棒になるところですが、写真を撮るために歩くなら不思議と
疲れません。今回も寒川駅に戻って万歩計を見てびっくりしたのでした。
f0224100_23393496.jpg
f0224100_23384662.jpg
 曼珠沙華も良いのですが、今回は、それ以上にそこここで見られる野草がとてもいい。
途中出会った地元に住む方と立ち話をしたのですが、ここの自然を大変誇りに思っている
ということでした。その方は、野鳥観察が趣味だそうで、いろいろな種類の野鳥がみられ
ることを詳しく話してくださいました。この川沿いの雑草が生い茂った道を歩くと自慢し
たくなる気持ちもよく分かります。
f0224100_23400860.jpg
f0224100_23404271.jpg
 自分が生まれ育たのは、茨城の片田舎ですが、この川沿いの道は、そんな田舎を彷彿さ
せて、懐かしさでいっぱいになりました。そうそう、子供のころは、こういう田んぼの中
を流れる川で釣りをしたり、用水をせき止めて水を抜いて、小魚を捕まえたりして遊んだ
のでした。その川や草の匂いが、懐かしさの基だったのでしょうね。そう頻繁には来れま
せんがまたいつか機会を作って来てみようと思います。

# by nama3_kitano | 2017-09-26 00:01 | その他 | Comments(0)

湘南の曼珠沙華

f0224100_22213411.jpg

 これは、自分だけのことかもしれません。言葉の響きとして、ショウナンとマンジュシ
ャゲは、ちょっと不釣り合いな違和感を感じます。理由はたぶん、湘南=明、曼珠沙華=
暗なイメージを抱いているからだろうと思います。そんな、湘南の曼珠沙華を撮りに行き
ました。場所は、藤沢、茅ケ崎そして寒川の間を流れる小出川という場所です。
f0224100_22354671.jpg
 24日の昨日は、所属している写真クラブ=ズイコー倶楽部湘南支部の例会がありました
。例会は13時からです。そのためだけに平塚へ行くのは、ちょっともったいないなあと考
えました。周辺に曼珠沙華がたくさん咲いている場所はないかと調べてみると、この場所
に行き当りました。規模とか周辺の環境とかいろいろ気になるところもありましたが、と
にかくダメもとで行って見ることしました。それに有名な寒川神社にも立ち寄れそうなこ
とが背中を押してくれました。
f0224100_22360022.jpg
 曼珠沙華のボリューム的には、イマイチかなというところが正直な感想でした。でも、
それを補って余りあることもありました。」それは雑草と昆虫です。田んぼの中を流れる
川なので、あまり期待はしていなかったのですが、豊かなのです。久しぶりに雑草に萌え
ました。写真はまだ全然整理できていないので、徐々にアップするようにしたいと思いま
す。

# by nama3_kitano | 2017-09-25 00:01 | | Comments(2)

インプットの日

f0224100_22163151.jpg
お彼岸の中日=23日は、恒例の墓参りのあと、インプットの日にすることにしました。という訳で、
まずは、六本木へ向かいました。向かった先は、サントリー美術館です。始まったばかりの展覧会
ですが、狩野元信展が開催中です。狩野派といえば、日本画を確立した絵師たちの集団です。そし
て元信は狩野派の2代目ですが、狩野派を狩野派ならしめた人でもあります。500年の時空を超え
て拝見しました。自分が一番関心を持ったのは、余白の部分です。微妙なグラデーションのある余白
です。元信展は、開催期間中、展示されている絵が、入れ代わります。なので、今回一回だけでは、
もったいない。最低あと2回くらいは訪れることになりそうです。
f0224100_22164707.jpg
サントリ美術館のあとは、富士フィルムスクエアへ。こちらでは、歴史博物館で東松照明展「INTER
FACE」が開催されています。この写真展は、7月から行われていて、8月14日から写真が入れ替わ
「インターフェイス」シリーズよりえらばれた写真で構成されています。写真展とは別に、辰野塾に
通っている友人に、ばったり会いました。偶然ですが、こういう出会いはうれしい。辰野先生の講演
が予定されているのだそうです。この熱心さには頭が下がります。
f0224100_22170114.jpg
六本木のあとは、赤坂へ向かいました。ジャローナで「ミニ額コレクティブアート展」が開催中で
最終日に滑り込みました。予想以上に展示されている作品が素晴らしく、ちょっと自分もできないか
ミニ額を調達して、考えてみたいと思います。勿論、自分の場合は、写真なので、今日拝見した作品
群を見ると、自分の撮ったものはミニ額に合うかどうかが微妙な感じもしました。そのあとは、新宿
のオリンパスギャラリーへ。こちらでは畠山公妥写真展「ally」が開催中です。北海道で開かれてい
るオフロードバイクのレースと北海道の大自然の写真です。何よりも畠山さんの人柄が素晴らしく、
トークも大盛り上がりになっていました。そして最後は、リコーギャラリー新宿の北アルプスの高山
植物の写真展にお邪魔しました。岩橋さんは、ベテランの山岳写真家ですが、プリントを拝見するの
は初めてでした。流石に最後はちょっとバテてしまって、帰りの電車では、爆睡してしまいました。
インプットの日、時々設けようと思います。秋ですからね。
※写真は雑草園にて9/23写しました。微妙に秋色が始まっています。

# by nama3_kitano | 2017-09-24 00:01 | その他 | Comments(0)

平敷兼七写真展の衝撃


f0224100_16063235.jpg
 だいぶ前に写大ギャラリーさんから案内をいただいていて、正直、平敷さんって誰?と
不勉強にも知らない写真家さんでした。慌てて調べてみて、今度は逆に写真を見るのがと
ても楽しみになりました。そして、先日の夜、帰宅途中、写大ギャラリーへ立ち寄りまし
た。写真の力の凄さをまざまざと感じました。とにかく、こういう現実を突きつけられる
ような写真は、自分が撮れないこともあって、本当にすごいと思います。平敷さんは、す
でにお亡くなりになっていますが、世代が自分と近いこともあって、寮の写真などは、そ
の場に自分が連れていかれたような現実感を感じます。沖縄の写真は、被写体になってい
る人たちとカメラを向けている写真家との距離感がよく分かります。そして、沖縄の現実
、写真が撮られた時代からずいぶん経っているようにおもいますが、心情的な部分では、
今も変わっていないような感じを受けました。返還前、日本でありながらパスポートが必
要だった場所であったし、今でも、沖縄本島の18%が米軍基地で日本人が自由に立ち入る
ことはできません。そして、日本にある米軍基地の74%が沖縄県にある現実を、否応なし
に考えさせられました。写真の力は、やはりすごい。今度は、時間を作って、もっとじっ
くり拝見します。写真展は、10月29日(日)までの毎日。10:00~20:00、会期中無休
です。

# by nama3_kitano | 2017-09-23 00:01 | 写真 | Comments(0)

曼珠沙華彼岸花

f0224100_10351847.jpg
曼珠沙華も彼岸花も同じものですが、もう一つ言葉としての共通点があります。それは、
どちらも仏教とかかわる言葉ということです。ただ彼岸は、春と秋の2回あります。正確
には、秋の彼岸のころに咲く花で彼岸花です。一方曼珠沙華はどうなのでしょう。調べて
見ると古代インドのサンスクリット語に起源があるようです。「マンジュシャカ」という
言葉があって、意味は、「赤い」だそうです。自分は、言葉の響きが曼珠沙華の方がいろ
いろなことを想像させることもあって、こちらを好んで使うようにしています。
f0224100_10354420.jpg
色でいうと白いものも自然に生えてはいますが、やはり赤が好きです。このどちらかと
いうと妖艶のイメージもある赤が、いろいろな言い伝えに使われてきたようです。曰く、
庭に植えると火事になる。赤が焼き尽くす炎のイメージとして捉えられたわけです。確か
にこの赤からは、単にきれいという以上に、いろいろな感情を起こさせる力があるように
思います。
f0224100_10361382.jpg
また、いきなり地下から芽を出して、それが茎や葉ではなく花であること。咲き終わって
花が枯れた後から葉が生えて、他の植物が冬枯れしてしまうのに、冬の間中、青々として
他の植物が春になって新芽を出し始めると枯れていく、この不思議な動きもちょっとこの
植物を際立たせていると思います。そんなこともこの花が仏教と深く結び付けられた要因
かもしれません。そんなこともあってか、寺院の境内で見る曼珠沙華は格別です。
f0224100_10363527.jpg
この花が似合う場所としては、もう一つ、田んぼの畦があります。黄金色に実った稲と畦
道に咲く真っ赤な曼珠沙華は、日本の原風景の様に感じます。でも、そこには、風景とし
て美しいという理由以上に合理的な先人の考えが詰まっているようです。それは、この曼
珠沙華が有毒の球根を持っているからです。田んぼの畦をモグラなどの動物から守ること、
さらにはこの球根には、たくさんのデンプンが含まれていて、飢饉の際、解毒(水にさらす
と毒が消えるらしい)しての最後の非常食にもなったようです。何とも深い曼珠沙華です。

# by nama3_kitano | 2017-09-22 00:01 | | Comments(0)