nama3の気ままに雑記

カテゴリ:自然( 206 )

異常気象?

f0224100_22193126.jpg

異常気象が言われ始めて、何年経つだろう。化石燃料をエネルギー源として発展してきた今の文明の
負の部分。いつしか異常が、日常となるのかな。遥か南の海には、またまた2つの台風が日本列島を
窺っている。そのうちひとつは、上陸するかもしれない。昨日は、竜巻が発生したし、何かが狂っている
としか考えられない。

f0224100_22324592.jpg

そう言っても、季節の動きは、ある意味正常なのかな。8月末から急に秋めいてきて、今日は、二十四
節気の白露だ。俳句歳時記を開いてみるとそんな今日にふさわしい句があった。「鯖うまくなりて9月や
雨ばかり」 (草間時彦)

f0224100_22371764.jpg

白露から、本格的な秋=仲秋になる。早起きしてすすきの花についた水滴でも撮ろうか。あっ、でも雑
草園のすすき、まだ穂が出ていないかな。でも、夜が明けたらカメラ持って雑草園で「白露」を撮ろう。

 ※写真は、日曜日、上野公園で撮影。文章と写真は無関係です。
by nama3_kitano | 2015-09-08 00:01 | 自然 | Comments(0)

霧雨の中で

f0224100_22192354.jpg

昼休み、外を見ると霧雨が降っている。ウフフフ、ちょっとウキウキです。雨は雨でも霧雨は良い。
早速カメラを持って、外へ飛び出しました。カメラは、E-M1、レンズはMZD60ミリマクロ、霧雨は、怖
くありません。そして、公園の草むらにしゃがみ込んでみるとウフフフ、ウフフフ状態です。

f0224100_22232542.jpg

撮影時間は、30分ほどしかありません。でもウフフフ状態なので気にしない。いざとなったら、非喫
煙者の煙草休憩を足せばいい。ウフフフ。

f0224100_22251651.jpg

そんなこんなで気がつけば40分も経っている。まあいいか。ウフフフ。霧雨の恵みです。
by nama3_kitano | 2015-08-27 00:01 | 自然 | Comments(4)

嬉しい出会い、仰天の出会い

f0224100_21341544.jpg

 さいたま市の秋ヶ瀬公園へ行ってきました。いつもの湿地帯をカメラ散歩しました。ヤブの中に付
けられた踏跡をたどって、ずっと奥の方へ進んでみると、目の前にこれが咲いていました。コバノカ
モメヅルです。以前は、毎年、自然教育園へ撮りに行っていました。自然に咲いているものは、メカ
ロク
さんに連れて行ったいただいた箱根の湖尻で見たのが最初です。そして今回、こんな身近なと
ころに咲いていて、ちょっとびっくりです。他にも蔓がないか探してみましたが、これ1本だけでした。
これは嬉しい出会いでした。そして、

f0224100_21343822.jpg

踏跡を更に奥へ進むとバタバタバタジージー、バタバタバタジージー。な、何だ?よく見るとアブラゼ
ミでした。更に良く見るとカマキリが狩りをやっていたのですね。ここは、カマキリ天国のようで、来る
と必ず何頭かと出会います。それだけ自然が豊かということでしょうか。昆虫の狩りのシーンは、以
前、スズメバチが蝶を襲ったシーンを目撃しましたが、それ以来の出会いです。
by nama3_kitano | 2015-08-25 00:01 | 自然 | Comments(0)

すぎゆく夏

f0224100_2253585.jpg

季節の動きは、いろいろな現象で感じることができる。夏について言えば、蝉の鳴き声なども、その
ひとつだ。7月は、ニイニイゼミ。8月になるとアブラゼミとミンミンゼミが、加わる。そして、ニイニイゼ
ミがいなくなるとツクツクボウシが鳴き始める。昼休み写真の時間、そんなゼミを撮ってみた。ツクツ
クボウシは、ちょっと高いところにいて無理だったが、ミンミンゼミとアブラゼミは、バッチリ撮れた。

f0224100_228541.jpg

レンズが、パナライカ25mmF1.4だけだったので、写せるかどうかちょっと心配だったが、地上から
2メートルくらいの範囲でも、探すといるいる。そーっと近づいてカシャカシャやりました。

 夜になって、気が付くとコオロギの声も聞こえる。一歩一歩、夏は終焉に向かっていることが分かる。
暑いのもあと少しだね。
by nama3_kitano | 2015-08-19 00:01 | 自然 | Comments(0)

初めての八島湿原 光と遊ぶ

f0224100_23185135.jpg

八島湿原で、日の出の時間から何を撮っていたかというとこういう写真です。完全に朝の光の虜に
なりました。カメラは、OM-D EM5MKⅡ、レンズは、NOKTON42.5mmF0.95にKenkoの中間
リング10mmを使っています。

f0224100_22425691.jpg

絞りは開放です。ピントが合いません。でもピントが合わなくてもかまいません。だって、ピントが合
わなくても美しいからです。カメラをE-M5MKⅡにしたのには、わけがあります。それはNOKTON
を絞り開放で使いたいからです。

f0224100_22464585.jpg

例え反射光でも、画面に光が入れは、絞りF0.95ですから、ISO感度を最低の100にしていても
簡単に露出オーバーです。でも、でも、でもですよ。おっとどっこいすっとこどっこいなのです。E-M
5MKⅡは、電子シャッターを選ぶことが出来ます。最高速が1/16000秒です。

f0224100_2257767.jpg

この電子シャッターのお陰で、NDフィルターを使わなくても、こういう写真が簡単に撮れるように
なったのです。いやはや全くすごいことです。

f0224100_2317534.jpg

ただ、この電子シャッター、万能ではありません。欠点もあるのです。それは、動きモノを撮ると画
像が歪むようです。それから、あのカシャッというシャター音も消えてしまいます。まあ、それは、あ
ながち欠点と言い切ることは出来ません。無音で撮影したいシチュエーションってありますからね。

f0224100_23174366.jpg

そんな訳で、日の出からしばらくの間は、この水滴たちの虜になっていました。たぶん9時過ぎに
は、儚く消えてしまう水滴たちです。
by nama3_kitano | 2015-08-06 00:01 | 自然 | Comments(2)

初めての八島湿原 夜と朝

f0224100_7241981.jpg

f0224100_7223130.jpg

初めての八島湿原です。ずっと以前、ビーナスラインが有料道路だった時代に近くを通ったこと
があるかもしれません。でもこの湿原をみたのは、紛れも無く初めてです。寝床を求めて、11時
近い時間にやって来ました。個人的には、生来の怠け者が顔を出し、ビールを飲んでまったりと
したかったのですが、同行してくださった青空さんとオーエムさんは、完全装備でやる気満々、
「どのくらい歩くの」と聞くと「すぐそこ」ということなので付いて行きました。なるほど、月明かりの
湿原は美しい。でも「撮影よりビールがいいなあ」ともう一人の自分の声が聞こえます。なので、
月と反対側にカメラをむけて、ライブコンポジット撮影をすることにしました。ふふふ、これで、カ
メラを働かせつつビールが飲める。我ながらいいアイデアです。夜の撮影は、この2枚だけで終
了としました。そして朝・・・Moreへ

More
by nama3_kitano | 2015-08-05 00:01 | 自然 | Comments(0)

多留姫の滝

f0224100_0391016.jpg

8月1日、午前中で写真展の設営作業が終了して、お昼を食べたあと、予定がない。さて、どうしよう
と思っていたら、地元のY本さんが助け舟を出してくれました。穴場的な滝へ連れて行っていただくこ
とになりました。その名は、多留姫の滝。名前もいいぞ。という訳で、オーエムさんとY本さんの車に
乗せていただきました。

f0224100_044294.jpg

村里の中の鎮守の森に名瀑ありという感じで、なかなか立派な滝そうです。水量も豊かです。さて、
三脚を立てて撮影と思ったのですが、何とNDフィルターを自分の車においてきてしまいました。もう
普通に撮るしかありません。

f0224100_0473655.jpg

撮影は、短時間で終了です。オーエムさんはいつもの様に粘っていますので、時間を潰さなきゃと
手持ち無沙汰でいるとまたまたY本さんが助け舟。こっちにウバユリが咲いているよって教えて下
さいました。ううう~、ウバユリは撮影が難しいとキョロキョロしていると目に止まった生き物がいま
した・・・Moreへ

More
by nama3_kitano | 2015-08-04 13:36 | 自然 | Comments(0)

夏は暑い!!

f0224100_728538.jpg

「梅雨明け10日」という言葉がある。梅雨が明けて、10日間位は、太平洋高気圧が発達して
安定した晴天が続くことだ。最近は、明けても不安定で「〇〇日ごろ梅雨明けしたらしい」みた
いな発表がされることが多くなった。その点、今年は違う。由緒正しく晴れが続く感じだ。でも、
今年の晴天は、南の海にある台風が、その北側の高気圧を発達させているからだそうだ。つ
まり不安定要素をたくさん持った晴れらしい。まあ、そんなことはどうでも、暑い。暑い。暑い。
夏は暑いのだ!!
by nama3_kitano | 2015-07-22 07:34 | 自然 | Comments(0)

小田代ヶ原撤収

f0224100_14113718.jpg

2時半頃から撮影していて、帰宅しなければならないこともあって、2日目は、早めに
撤収しました。霧の置き土産を撮影し、小田代原をぐるっと一周、そして、車を止め
ていた赤沼駐車場へ向かいました。空腹もあって急いでいたのですが、やはりなんと
いうか、気になるものが気になりだすと立ち止まる時間が長くなります。

f0224100_1412319.jpg
f0224100_14124313.jpg

理由は、ひとつです。気になるものは、やはり撮らなきゃと思ってしまうのです。白
樺林、通りすがりに目つく草花、樹の幹、影、樹の葉・・もう早く前へ進めるわけ
ありません。

f0224100_14132949.jpg
f0224100_1413405.jpg

そんなこんなで、直行すれば、ゆっくり歩いても40~50分の距離を2時間以上もか
かってしまった。な~にやってんだか。
by nama3_kitano | 2015-07-17 00:01 | 自然 | Comments(0)

小糠雨の朝

f0224100_8363198.jpg

土曜日は出勤日でしたが、朝起きると小糠雨の空模様。ん?小糠雨?小糠雨は、マクロの達人
メカロクさんが好む天候条件だ。それじゃ、写真を撮らないわけには行かないじゃないか。という
訳で、マクロレンズをつけて、雑草園へ。出かける前の30分だけ、マクロ撮影を楽しみました。

f0224100_840360.jpg

小粒の雨がいろいろなものにくっついて、面白い。雑草園には、こんなお客さんも来ていて、楽し
さ倍増です。30分は、あっという間でした。今日が休みなら・・・いやいやそんなことを考えては、
いけません。
by nama3_kitano | 2015-06-28 00:01 | 自然 | Comments(0)