nama3の気ままに雑記

カテゴリ:自然( 172 )

渡良瀬で日の出を

f0224100_21132296.jpg

渡良瀬遊水地へ行ってきました。もともと、晴れるなら行こうと考えていたのですが、
3時に目が覚めて、2度寝するわけにもいかないので、そのまま起きて準備しました。晴
れてはいますが、冷え込みがイマイチの感じなので、今日は、霧は出ないなと思いまし
た。でも、日の出の時間はいつだってドラマチックです。どんなドラマが待っているか、
予想は出来ませんが、なにかあるに違いない、そんな思いをいだきつつ出発しました。
f0224100_21135054.jpg

今日は、霧が出ないことを考えると、真正面から日の出を迎えられる場所、尚且つ、水
面がある場所という訳で、北エントランスから入って、原っぱの真ん真ん中で、水面も
あって日の出を真正面から迎えられる場所というとあの辺かなという場所に陣取りまし
た。ビンゴでした。まあ、広い原っぱですから、真ん中にいれば大抵はビンゴになりま
す。寒さはイマイチでしたが、やはりドラマチックな朝を迎えることが出来ました。ふ
ふふふ。
by nama3_kitano | 2016-12-04 00:01 | 自然 | Comments(4)

落ち葉の美学 雨の精

f0224100_20592981.jpg

雨上がりは、今の時期、何と言っても落ち葉です。カラカラに乾いて、朽ち果てるのを待つばかりの落ち葉
たちが雨によって生気を取り戻します。雨の力はすごい。人にとっては、この時期の悪天候は、鬱陶しいだけ
ではなく、寒さも伴いますので、背中を丸めてあることになります。落ち葉たちは、それとは裏腹に、思いっ
きり手足を伸ばして背伸びする。嬉しい一服になるのだと思います。
f0224100_20595272.jpg

落ち葉が生き生きするというのも、考えてみればちょっと変なことではありますが、雨の日の落ち葉たちか
らは鼻歌が聞こえてくるように感じます。暗く沈んだ気分も明るくしてもらえる。そんな落ち葉たちを撮ら
ない訳にはいかないですね。
f0224100_2102544.jpg

通勤時の10分間と昼休みの20分間だけ、そんな落ち葉を撮ってみました。落ち葉の季節は、まだまだ続き
ます。
by nama3_kitano | 2016-12-02 08:01 | 自然 | Comments(2)

初霜、初氷の雑草園

f0224100_21504589.jpg

ここへ引っ越しして約20年たちますが、この20年で、初氷は、一番早いのではないかと思います。季節外れの
雪の翌日、予想通り、雑草園では、氷が張り、霜柱が立ちました。そんな雑草園で、出勤前の20分ほど、写真の
時間として、撮影してみました。
f0224100_2151193.jpg

雑草園の植物たちは、まだ晩秋の装いですが、そこに雪が降った訳ですから、凍えているのも頷けます。こうい
う姿は、可愛そうではありますが、フォトジェニックでもあります。滅多に見ることができない情景です。それをこん
なに身近に撮影できたことは、ラッキーかもしれません。
f0224100_21513190.jpg

さて、週末です。いつもの年なら12月最初の土日を紅葉撮影の最後にするのですが、今年は、様相がいささか
違います。最後にするなら今度の土日でしょうか。土曜日は晴れ、日曜日は雨の予報が出ています。どうしたも
のかな。
by nama3_kitano | 2016-11-26 00:00 | 自然 | Comments(0)

まさかまさかの雪

f0224100_22155834.jpg

 数日前から、天気予報に雪マークが付いていましたが、11月であることを考えると「まさか~」と
思っていました。今朝、6時に目を覚まし、外を見てびっくりです。まさかが、現実となりました。こん
な日は、仕事を休んで撮影に行きたいところですが、この日は、月一度の検診日です。逆に普段よ
り1時間以上も早く家を出なければなりません。そんな訳で、出掛けに5分だけ、雑草園を撮影しま
した。たぶん、こんなことは、これから一生ないことだと思われます。
f0224100_22221990.jpg

あまり積もりませんでしたが、この時期に雪、地球の自然は、明らかに歯車が狂っている。なんか
そう思わせる雪でした。
昼休みの時間も少しだけ、職場近くで撮影しました。何と言っても、長靴で出勤しましたので、自由
に動けることと、この珍しい現象は、記録しておく価値あると思ったからです。
by nama3_kitano | 2016-11-25 00:01 | 自然 | Comments(0)

地元の紅葉 平林寺北風ヒューヒュー

f0224100_20485215.jpg

写真仲間のKiyoさんの呼びかけで、平林寺紅葉撮影会がありました。10年以上、毎年、11月下旬に
ここを訪れています。今年は、その中で一番がありました。それは、紅葉の進み具合です。23日勤労感
謝の日に来ることが多いのですが、例年なら、紅葉の見頃の始まりと言った感じです。でも今年は、様相
がちょっと違っていました。明け方から、強風が吹いた事もあって、例年の11月末から12月初めのころ
に近い感じでした。
f0224100_20584810.jpg

天気が曇り空、時折、ちょっと強めの風が吹くという紅葉撮影には厳しいかなという条件でした。そんな
こともあって、撮影枚数も普段よりはだいぶ少なめです。普通にきれいな葉っぱもなかなか見つからなく
て、普通とは違った写真になりました。この条件だから撮れた写真とも言えるかな。こういう写真と落ち葉
の写真のオンパレードになってしまいました。
f0224100_21241677.jpg

今週末、小石川後楽園へ行こうと考えていましたが、この感じだと今年の紅葉は、それで終わってしまう
かもしれません。
by nama3_kitano | 2016-11-24 00:01 | 自然 | Comments(0)

光芒の日

f0224100_211489.jpg

日曜日は、まさに、そう呼ぶに相応しい日でした。円覚寺では、お坊さんを追いかけて行って光芒に出会った
話を、昨日のエントリーでお話ししましたが、それだけでは、終わらなかったのです。9時を過ぎたのでそろそ
ろ次の明月院へ向かおうと山を下り始めると次々に光芒が目に飛び込んできました。
f0224100_2122225.jpg

f0224100_212508.jpg

もう、驚くばかりです。この日は、さらに続きがありました。時間的に10時を過ぎているのに、次の明月院でも
この↓通りです。冬の日差しは、夏と違って、高く登らないとしても・・こんなこともあるのですね。
f0224100_214202.jpg

by nama3_kitano | 2016-11-22 00:00 | 自然 | Comments(2)

都内の紅葉

f0224100_21281319.jpg

「きれいに撮れるのですね」って、いきなり後ろから声をかけられてびっくりしました。振り向くとちょっと高齢なご
婦人がにっこり笑っていました。いつも通勤で通り抜ける職場近くの公園でのことです。勿論、満面に笑みを浮か
べてあいさつさせてもらいました。久しぶりに持ち出したE-PM2にはファインダーがないため、両手をいっぱい伸
ばして撮影していましたので、後ろから液晶画面がよく見えたのでしょう。
f0224100_21292844.jpg

ここに限らず、都内の紅葉、この一週間でずいぶん進みました。勿論、まだ青々とした椛もありますが、被写体
として十分色づいているものも多くなってきました。今年の紅葉の進み具合は、例年並みでしょうか。これなら今
週末くらいから撮影を楽しめると思います。
f0224100_21295749.jpg

この週末は、ちょっと予定があって、撮影に出られませんが、23日からは、紅葉撮りを楽しみたい。
by nama3_kitano | 2016-11-18 00:01 | 自然 | Comments(0)

桜と紅葉

f0224100_22434251.jpg

今年初めての紅葉撮りに行ってきました。紅葉だけでは面白くない。桜も撮りたい。という訳で、桜と
紅葉が撮れる場所=城峯公園へ行ってきました。春の桜に比べるとちょっと物足りないのが冬桜で
す。でも、桜の花に紅葉とくれば、春は、絶対に見ることが出来ません。
f0224100_22473522.jpg

それともう一つ、冬桜は、背景の色彩が春に比べて豊かです。半日ほどでしたが、早起きして行った
甲斐がありました。とても楽しめました。つづく。
by nama3_kitano | 2016-11-14 00:25 | 自然 | Comments(0)

光のシャワー

f0224100_128333.jpg

夜まで雨模様、翌日の天気予報は晴れ。もう完全に条件がそろった。早起きして霧の風景を撮ろうと
早めに就寝しました。夜中に目覚めた時、起きてしまおうかとも思ったのですが、目覚ましをセットした
時間まで1時間以上ある。鳴ってから起きようと思ったのが間違いだった。目覚めると明るくなっている
。時計を見ると何と6時に近い。目覚ましが鳴らなかったようだ。なんのことはない、時間時セットしたけ
ど、目覚ましそのものはセットし忘れている。完全な2度寝である。
f0224100_11454113.jpg

予定を変更して、近くの河川敷へ急行した。やはり、霧に覆われて幻想的な朝になっていた。河川敷
全体を見渡せる堤防の上へ行こうと思ったのですが、その前に日が昇り始めてしまった。完全な出遅
れなので致し方ない。堤防へ行くのを諦めて、その周辺で撮影することにしました。霧の風景をやめて、
朝の光を狙うことにしたのです。
f0224100_1281597.jpg

狙いは完全に外れてしまったけれど、まあ、そこはそれ、なんとか撮影を楽しむことが出来ました。同じ
失敗はしないようにしよう。
by nama3_kitano | 2016-11-13 00:01 | 自然 | Comments(0)

ひいらぎの花

f0224100_21475499.jpg

ひいらぎは、漢字で書くと木へんに冬。その字のとおり、冬を告げる花です。モクセイ科の植物のた
めかどうかは分かりませんが、キンモクセイと同じように芳香性の香りがします。ただ、キンモクセイ
ほどその香りは強くありませんので、近づかなければわかりません。今、職場近くの公園ではその柊
の花が見ごろとなりました。と言っても、花の数も大きさも全く目立たたないので、この花が咲いてい
ることを殆どの人は気づかずに通り過ぎてしまいます。そもそも、この木の葉っぱはとげとげで触ると
痛い。つまり人を寄せ付けないようにできているのかもしれません。節分にイワシの頭ととも飾られる
のも鬼除けの意味でしょう。でも、面白いのは、老木になるとその葉っぱのとげが丸くなるらしい。それ
って人と同じですね。今年もこの花を見ると年の瀬が近づいて来たと感じます。また一つ年をとるのだ
なあ。
by nama3_kitano | 2016-11-12 00:01 | 自然 | Comments(0)