nama3の気ままに雑記

カテゴリ:カメラ( 295 )

防塵防滴

f0224100_10340900.jpg
 自分の撮影フィールドではこの性能がとてもありがたい。今回持って行ったボディはす
べて防塵防滴でした。レンズは防塵防滴仕様でないものも車に積んでいきましたが、実際
に撮影に使ったのはすべて防塵防滴レンズです。自分は、上下の雨具に長靴、さらに傘ま
でさして行動しましたので、体は濡れません。カメラは、2台を首から下げて、1台はザッ
クのすぐ取り出せるところに収納して撮影に臨みました。
f0224100_10342811.jpg
 本降りの雨でしたので、カメラレンズを時折乾いたタオルで拭きながらの撮影でした。
本降りの雨程度なら何ら問題なく晴れているとき同じように撮影できます。ただ注意が必
要なのは、レンズ先端に雨がかかることがあることです。フードが比較的深い望遠やマク
ロは問題ありませんが、標準や広角ズームは特に注意が必要でした。山では防塵防滴は重
要な性能です。雨の日にしか撮れないものがあるからです。
f0224100_10344458.jpg
 今日は、昆虫ですが、バッタやコガネムシは完全防滴仕様のようで、雨でもゆっくりで
すが活動していました。蝶は、本降りの雨の中ではほとんど見かけませんが、ちょっとで
も雨が小降りなると飛び始めていました。蝶は、基本、防滴なのでしょう。トンボは今回
は見かけませんでした。餌になる虫が飛ばないのでお休みなのかな。

by nama3_kitano | 2017-08-01 00:01 | カメラ | Comments(0)

楽しい悩みの始まり

f0224100_21562628.jpg
 来月初め、北アルプスへ行くことにしました。昨年の穂高で体力に自信を失い、どうす
るか悩んでいたのですが、やはりというか我慢できません。コースの難易度を下げ、行程
はゆったりと余裕のあるものにする。荷物もできるだけ減らす。そこで、撮影機材をどう
するか。最近、フォーサーズのレンズを引っ張り出すことが増え、一度手放したものも含
めて揃えなおそうかなとさえ思っています。テント泊なので、撮影機材は、絞り込まなけ
ればなりません。ボディ2台にレンズは4本が限界かな。今日の写真を撮ったレンズは、大
きく重い。真っ先に対象から外すべきかもしれませんが、持って行かないと後悔するよう
な気もする。さて、どうしたものか。

by nama3_kitano | 2017-07-24 00:01 | カメラ | Comments(0)

裏と表 ジキルとハイド NOKTON42.5㎜F0.95

f0224100_19315676.jpg
f0224100_19324856.jpg
 「裏と表があんの!」など、暴言暴力で時の人になってしまった豊田議員、実はわが選
挙区選出です。豊田議員のやったことは、選挙区民として、全く許せないことですが、こ
の言葉、「物事には裏と表がある」だけには、「あるある」と思ってしまいます。何だか
いきなり話が脱線していますが、今日は、そんな政治家の話ではなく、あるレンズの話で
す。
f0224100_19331530.jpg
f0224100_19334604.jpg
 そのレンズとは、マイクロフォーサーズ向けにコシナが出しているNOKTON42.5㎜F0.9
5のことです。2013年の発売とほぼ同時に手に入れました。ですが、最近出番がものすごく
減ってしまっています。荒川花ハス園での撮影には、マクロレンズ代わりに、久しぶりにこ
のレンズを持って行ってきました。そして、E-M5MkⅡにはこのレンズを付けっ放しにして
撮影しました。
f0224100_19340495.jpg
f0224100_19342044.jpg
 絞りを変えると性格ががらりと変わる。一本のレンズでレンズ交換したかのように表現
が大きく変わる。面白いです。人間でいえば二重人格、多重人格と言った方が良いかもし
れません。最近出番が少なくなったのは、このレンズの欠点=その重さが原因です。ガラ
スの塊でずっしりとした重さです。持ち出すレンズをもう1本追加となった時には有力候
補にはなるものの、別のレンズを選んでしまう。特に荷物が多い時にはそうなることがほ
とんどでした。今回は、絞り解放での独特のボケを生かしたいと考えていましたので、最
優先でバックにいれました。これからは、特に花撮りでは、もっともっとたくさん使うよ
うにしたいと感じました。改めてその良さを見直した感じです。

by nama3_kitano | 2017-07-19 00:01 | カメラ | Comments(2)

おかえりZD50マクロ

f0224100_20504315.jpg
 ドック入りさせていたZD50マクロが帰ってきました。外観は見違えるほどきれいになり
ました。ラバー交換だけでもよかったのですが、内部もきちっとクリーニングしてくださ
ったようです。こうなるとすぐにでも使ってみたくなるの人情です。まあ、テストも必要
ですので、早速、出勤前に雑草園へ持ち出してみました。
f0224100_20511924.jpg
 やはり、このレンズでのピント合わせは楽しい。MZD60マクロも持っていますが、50マク
ロの方が楽しく感じます。確かに、深度合成などの最新の機能を使おうとすれば60マクロ
です。ボディもスリムでコンパクトそして軽量です。荷物が多くなる登山のお供などは、
60マクロの方が有利かなと思います。でも、荷造りするときにいつも一番迷うのが、50マ
クロにするか60マクロにするかです。
f0224100_23051716.jpg

 50マクロの優位な点は、MFがしやすい(個人的な使用感です)。F値が2.0とひと絞りだ
け明るい。そして何より、長年使いこんできたからかもしれませんが、安心感がある。今
年の夏、何回山へ行けるかわかりませんが、できるだけたくさんの種類の高山植物を記録
しようと考えています。出かけるたびに、どっちにするか悩むことになりそうです。

 ※本日の写真はすべて50マクロの方を使っています。

by nama3_kitano | 2017-07-14 00:01 | カメラ | Comments(2)

散歩写真 ある実験

f0224100_15055724.jpg

 台風が南の熱風を運んできたのか、急に蒸し暑くなりました。そうなると辛いのが昼散
歩です。歩く速度や距離によっては、楽しみというより難行苦行の部類になってしまいま
す。そればかりか熱中症の危険もある。じゃあ、止めれば、とも思えるのですが、なかな
か止めることも出来ない優柔不断です。そこで始めたのが、カメラを持たない散歩です。
写真は、すべてスマホで撮ります。スマホは胸ポケットに入りますので、手ぶらで散歩が
可能なのです。
f0224100_15065735.jpg
 実験というのは、そういうことです。???何のこと?ですよね。スマホ写真の可能性
を実験し始めました。自分のスマホは、今年3月に購入した一番安い部類のHUAWEI nova l
iteです。エントリーモデルですからカメラの性能は、エントリーレベルです。でもこれ
でなかなか面白い写真が撮れるのです。これから数ヶ月ほど実験を繰り返して、結果次第
ではグレードアップも考えたい。日常のスナップ写真は、スマホで十分となって、街撮り
スナップはスマホメインになるかもしれません。

※九州が大変なことになっています。皆さん、大丈夫でしょうか。心配です。

by nama3_kitano | 2017-07-06 00:01 | カメラ | Comments(0)

レンズの味?

f0224100_21174362.jpg

レンズに味があるかどうかは、食べたことがないのでわかりません(笑)。が、先日、久しぶりに使
ったG.ZUIKO28㎜F3.5を渡良瀬にも持って行きました。撮った写真が本日の写真です。どうでし
ょう。最新のレンズに比べるとコントラストは低い。彩度も低い。でも、なんか好ましく感じるのです。
古いものへの郷愁が混じっていますので、そういうバイアスを差し引いてもなんか良いのです。古い
レンズでも表現する内容如何では、ハッキリクッキリの最新レンズ以上に写るものがある。解像力な
どの数値では測ることのできない何かです。風景を見て美しいと感じたとき、その時点で何らかの感
情移入がある。それなしでは、美醜は判断できないのが人かもしれません。ちょっと大げさですが、
今回撮ってきた画像をディスプレイに映し出して、そんなことを感じました。プリントしてみるとまた違
うかもしれません。今度時間があるときにやってみたいと思います。
f0224100_21181190.jpg

何と言っても写真は、プリントして初めて写真というものになるのです。
by nama3_kitano | 2017-02-07 00:01 | カメラ | Comments(0)

久しぶり

f0224100_2293120.jpg

本当に久しぶりに使いました。たぶん、1年ぶりくらいだと思います。カメラの話です。カメラは
pentax q10です。レンズは、このカメラを買うきっかけとなったシネレンズを使いました。お遊
びですが、カメラでの気分転換にはもってこいです。荷物になるわけでもないので、しばらく、バ
ックに忍ばせてみようかな。朝、出勤途中、ちょっとだけ立ち止まって撮影しました。偶然ですが、
紅白の花を撮っていました。
f0224100_2210992.jpg

さて、土曜日です。ウキウキ。
by nama3_kitano | 2017-01-28 00:01 | カメラ | Comments(0)

エレクトロフラッシュ FL-600R故障?

f0224100_20493113.jpg

電源スィッチをONにするとカタカタカタという異音の同時にフリーズしてしまう。電池が切れたかと新品に
入れ替えても結果は同じです。すわ、故障か、普段あまり使わないとしても必要なときにこれじゃなあ。昨
年は、カメラやレンズの故障が多かった。今回も半分怒り、半分落胆しながら新宿のオリンパスサービス
センターへ持って行ってみてもらいました。曰く「故障ではありません」「ええー!使えないのに?」「アルカ
リ乾電池の場合、急激に容量が減るらしく、減り始めたら早めに交換しないと漏電を防ぐため、このフラッ
シュはフリーズするのだそうです。フリーズしてしまったらサービスの方で無料で解除するらしい。説明書
には全くこの件についての記載がありません。きっとあとから分かったことなのでしょう。この現象が出る
のは、この600RとFL-300Rだけだそうです。工場、仕様が全く同じのパナソニックDMW-FL300Lでも
同じ現象が出るかも知れませんね。対応策を訪ねると「アルカリ電池を使う場合は、早めに電池交換す
ること、できればニッケル水素電池の使用を推奨する」そうです。どうりで、FL-36Rは問題なく使えたは
ずだ。今手元には、FLー600R、FL-36Rの2台とずっと以前にローライ35用に購入した、パナソニックの
小型汎用フラッシュPE-20Sの3台のフラッシュがある。でも実は、もう少し大容量のフラッシュが欲しいと
思っています。次は、ニッシンのi60Aを使って見ようかな。

 写真と文章は無関係です。本日の写真は、昼休みに撮った紅梅です。花の数がだいぶ増えて来ました
が、今週末はこの冬一番の寒波が来るようです。風邪などひきませんように。
by nama3_kitano | 2017-01-12 00:01 | カメラ | Comments(2)

カメラ、新製品との距離感

f0224100_13422697.jpg

E-M1MK2がもうすぐ発売になります。購入される皆さま、おめでとうございます。プラザでいただいたプリ
ント資料や製品カタログを自分も穴があくほど眺めました。「良いなあ、欲しいなあ」が正直な気持ちです。で
も今回は、購入を見送ることにしています。理由は、いろいろあるのですが、車の買い替えを予定しているこ
と、あと1年で年金生活が始まりますので、出費はできるだけしたくないこと、1ヵ月ほど前にGX8を購入した
ばかりなことなどです。1~2年後には購入するかもしれませんが、それまでは、皆さんの作品を楽しませて
もらおうかなと思っています。それともう一つ、新製品に対するスタンスを考えました。
f0224100_13425466.jpg

最近購入したGX8ですが、発売は、ご存知の方も多いと思いますが昨年夏です。発売以来、大変気にな
る機種のひとつで、ヨドバシ店頭では、随分触らせてもらいました。CP+でも、パナソニックブースでのハー
ビー・山口さんのプレゼンに聞き入りました。そんな検討を重ねるうちに値段もこなれてきました。自分的に
は、程よいと感じた大きさが人気のでない理由とは、意外でした。防塵防滴ボディ、バリアングル液晶とバリ
アングルの欠点を補うチルト型ビューファインダー、画質も十分満足いくものです。そして、もうそろそろ決断
すべき時期ということで、購入に至りました。発売から時間をかけてじっくり検討する新製品との距離感、発
売後にわかる長所や欠点もしっかり見極められる。それに即買いしても、たぶん自分の撮る写真がそれで
変わるとも思えない。そんな訳で、これからの自分にはこの距離感が合っているような気がします。

 ※写真は、GM5で撮っったものです。自分の発想や考え方が変わらなければ、何を使っても変わり映え
  しません。道具を進化させることも楽しみのためには重要ですが・・・ あくまでも私事です。
by nama3_kitano | 2016-12-11 00:01 | カメラ | Comments(2)

カメラ、ファームウェアのこと

f0224100_12352442.jpg

写真は、深度合成で撮った雑草園の菊の花です。自分は、新しいファームウェアが公開されると大抵は
その日のうちにファームアップしてしまいます。今回の、E-M1の新ファームウェアのバグについてはちょ
っと肝を冷やしました。最近、よく深度合成を使うからです。8日にOLYMPUSから正式なアナウンスがあ
って、自分のカメラの設定では、このバグがでないことが分かってちょっとひと安心しているところです。
f0224100_12365042.jpg

 オートファーカスカメラは確かジャスピンコニカから始まったのでしたっけ。その時からカメラは、光学機
器に電子機器要素が入って、どんどん進化を遂げました。デジタル時代に入ってからは、光学機器という
より完全に光学機器要素が入った電子機器になってしまったと感じています。そうなると搭載されているソ
フトウェアによって性能が大きく影響されます。E-M1は、手厚いファームウェアのバージョンアップによって
、発売時とは全く別機種というほど進化を遂げました。自分はその恩恵に預かってきましたので、今回の件
も、対応がしっかりしていると思っています。たぶん、近日中に修正されたファームウェアが公開されるでし
ょう。OLYMPUSのフラッグシップ機は、後継がでるまで古くならない。そんな安心感があります。まあ、ボデ
ィの剛性だけはちょとなあと感じますが・・・
by nama3_kitano | 2016-12-10 00:01 | カメラ | Comments(0)