nama3の気ままに雑記

カテゴリ:その他( 660 )

古代蓮の里でろまんさんとばったり

f0224100_20470946.jpg
日曜日、渡良瀬遊水地で夜明けを迎えた後、行田市の古代蓮の里へ向かいました。蓮の花
は、夏咲きますので、今頃行っても咲いているわけではありません。今の時期は、寒さでど
んどん冬枯れし、蜂の巣のようになった花托もどんどん水面に落ちます。この姿が良いので
す。花の時期のような華やかさは全然ありませんが、立ち枯れる茎も面白い。寒波で池が凍
るようならもっと良いのですが、さすがにそこまでは望めません。そんな訳で、そんな蓮の
姿を水鳥の池で撮影していたわけですが、ファインダーから目線を外すとあっ。
f0224100_20474969.jpg
にこやかな笑顔がありました。本当に久しぶりのろまんさんです。花の時期なら、この古
代蓮の里で説明員をされているので、ばったり会っても不思議でもなんでもないのですが、
花のないこの時期にばったり会うとは、驚き以外の何物でもありません。一ヶ月の内、2/3
は、新潟で過ごされていて、半分以上新潟県人になっておられるようです。山形や宮城にも
お弟子さんが増えてお忙しいとのことでした。古代蓮の里には、年間を通じて時々見に来ら
れているそうです。「これも蓮の導きかも」とろまんさんはにこやかに話されました。本当
にそうかもしれませんね。何だかとても嬉しい出来事でした。



by nama3_kitano | 2017-11-16 00:01 | その他 | Comments(0)

気がつけば

f0224100_14081905.jpg
気がつけば立冬を過ぎていた。7日が立冬だったのですね。東京の紅葉は立冬を過ぎてか
ら本格化します。ここ数年、近場の紅葉撮影としては、地元新座市の平林寺、東京ドーム
側の小石川後楽園それに新宿御苑の3か所をメインに訪れて来ました。今年は未定ですが、
何時ものようになるのかなとも思います。新しい場所を開発したい気もしますが、この3か
所は間違いがありません。時期を外しても再訪が楽な点も同じです。通勤経路からそんな
に外れませんからね。それと忘れていけない、いや絶対忘れない職場近くの公園、蚕糸の
森公園といいますが、ここの紅葉もなかなかです。来年初めに完全リタイア予定ですので、
ここの紅葉は、今年が最後です。しっかり記憶(記録)に残しておきたい。
f0224100_14083826.jpg
写真は、通勤途上で撮った茶の花です。調べてみると山茶花や椿の仲間なのですね。どう
りで晩秋から初冬にかけて花をつけるわけだ。

by nama3_kitano | 2017-11-09 00:01 | その他 | Comments(2)

半休取ってインプットの時間

f0224100_22032279.jpg
天気があまりにも爽やかでしたので、午後から半休取ってインプットの時間としました。
向かった先は上野です。チケット購入済みで見ていない美術展があって、そのひとつを消化
しようと考えたのです。その美術展とは国立西洋美術館で開催中の「北斎とジャポニスム」
展です。江戸時代後期の絵師=葛飾北斎がヨーロッパの画家たちにいかに影響を与えたかを
紹介していました。見終わったあと常設展も覗こうと考えていましたが、予定よりだいぶ時
間を掛けてしまいました。常設展は、40分ほどしか見ることが出来ませんでしたので、なん
だか満足感より物足りなさが残ってしまいました。
f0224100_22033720.jpg
平日なのでもう少しすいているかと期待しましたが、やはり印象派の人気作家の作品が多く
展示されているためでしょうか、少し混んでいました。絵画展をインプットの時間にするの
は、やはり平日が良いですね。ここ2年ほど、写真展中心にインプットの時間を作ってきまし
たが、今年の夏見に行ったジャコメッティ展から美術展にまた目覚めた感じです。写真は、
帰り際にサクッと撮りました。

by nama3_kitano | 2017-11-08 00:01 | その他 | Comments(0)

通勤途中でお立ち寄り

f0224100_22214110.jpg
もうこんな季節になってしまいました。新宿花園神社の一の酉に立ち寄りました。花園神
社の最寄駅は東京メトロの新宿三丁目駅です。毎日この駅で乗り換えています。2008年に開
通していますので、かれこれ10年ほど使っていることになります。新宿三丁目駅と言えば、
自分にとっては、新宿御苑、末広亭そしてこの花園神社をすぐに思い浮かべます。そして11
月と言えば花園神社の酉の市です。東京では、浅草鷲神社の酉の市が一番大規模ですが、花
園神社の酉の市も繁華街新宿の中ということもあって賑やかです。2008年以降、毎年顔を出
して来ました。
f0224100_22224766.jpg
f0224100_22233327.jpg
威勢の良い手拍子は、本当に気持ち良い。実感は全くないけどアベノミクスで景気は良い
らしい。見栄かまことかわかりませんが、心なしか大ぶりの熊手を担いでいる人が多い感じ
もします。空元気でも笑顔でご相伴です。江戸っ子は昔から見栄っ張り、そしてやせ我慢が
信条です。あっ、自分は江戸っ子じゃなかった(笑) 今年は、三の酉まであります。三の酉
がある年は火事が多いと言われています。せいぜい火の用心をして、いい年を迎えたいもの
です。
f0224100_22234858.jpg
 なんだか取り留めのないことになってしまいました。二の酉は土曜日なので、40年ぶりに
鷲神社の酉の市に行ってみようかな。

by nama3_kitano | 2017-11-07 00:01 | その他 | Comments(3)

通勤途上で気になるカラスウリ

f0224100_23354921.jpg
ここ数日、通勤途上で気になるものを見かけます。急いでいることもあって、見て見ぬふ
りをしてきました。要するに我慢してきたのです。何を我慢したかというとレンズを向ける
ことをです。通期途中なので歩くコースは人目も多い。カメラを出すことはちょっと憚れる
ということもありますしね。でも、我慢は体に良くない。何も悪いことをするわけじゃない。
レンズを向ける先が人であれば肖像権の問題も出てきますが、ものなのでそれも問題ない。
何だ、問題ないじゃないか。問題は自分の中にある羞恥心でしょう。でもそんな柄でもない
。という訳で、清水の舞台から飛び降りるつもりで、木になるものがあったらレンズを向け
ることしました。今日の気になるもの、それは壊れかけた納屋とカラスウリです。
f0224100_23360742.jpg
この建物の横を毎日通るのですが、狭い道ですが、駅へ向かっての最短路、人通りが非常
に多い場所にあります。低い塀があるのですが手を伸ばさなくても写真が撮れてしまう。な
ので手を伸ばしてパチリと1枚。なんのことはない、今日はネタ切れ間つなぎ投稿です。今
週はこんな投稿が増えますが悪しからず。

by nama3_kitano | 2017-11-06 00:01 | その他 | Comments(0)

静の連休

f0224100_08475705.jpg
この連休、ここの所の週末と違って天気に恵まれています。風景写真撮影には絶好のチャ
ンスが久々に来たように感じます。でもなんだか自分の流れが悪い。チャンス到来なのに気
分がまったく乗らないのです。ならばチケット購入済みの展覧会でも回ればいいのですが、
予想される人出でしり込みしています。やはり人気の展覧会は、休暇を取って平日に回ろう
などという考えが過ってしまうのです。
f0224100_08482030.jpg
そんな訳で結局家に閉じこもり、5日に予定されている湘南支部例会に向けたプリントをす
ることにしました。今回の例会では、1月4日からの支部写真展への出展作品を決めます。一
か月ほど前から決めていた写真を15枚ほどプリントしました。課題2枚は、4枚プリント、自
由作品は3枚の組み写真ですが、11枚ほどプリントしました。この中から3枚を選ぼうと思っ
ています。そのほかに花の写真を11枚ほどプリントしましたが、改めて、花は、あまり撮ら
なくなってしまったことを実感しました。
f0224100_08484020.jpg
そして、余った時間は本を読むことにしました。最近新刊本は、あまり読みません。本棚
に眠っていた本の中からピックアップして読む事が多い。読んだはずなのに読んだ記憶が残
っていない本が結構出てきます。という訳で、今、「日本の景観」樋口忠彦著を読み始めま
した。しばらくは読書の秋にしようとほかに2冊ほど準備しました。
f0224100_08490064.jpg
写真は、3日の朝、雑草園で撮影、雑草園も秋が深まってきました。

by nama3_kitano | 2017-11-05 00:01 | その他 | Comments(0)

備忘録2

f0224100_23192302.jpg
国立近代美術館のMOMATコレクション展で、東山魁夷の代表作を見る前に、本棚の奥の
方で眠っていた本を引っ張り出して読みました。本は全部で4冊読みました。その中から印
象に残った言葉がいくつかありました。その一つです。
「古来、日本人の独特な美的表現というものは、生命感と装飾性という二元的な要素を、
画面の上で渾然と一致させる点にある。色彩やフォルムの装飾性が行われながらも、しか
も生命感が失われないためには、深い自然観照と対象の生命感の直観的な強い把握がなけ
ればならない」「泉に聴く」(講談社文芸文庫)
f0224100_23195155.jpg
自分の場合、主語が大きい文章は、疑ってかかることが多い。しかし、これは疑う以前に
作品を見ると確かにと頷いてしまう。東山魁夷の風景画は、実在のスケッチを組み合わせた
架空の風景であることが多い。しかし、そこに描かれている自然は、架空ではないと思える
のです。深い理解、咀嚼がなければ見えない風景だと思えるのです。

by nama3_kitano | 2017-10-27 00:01 | その他 | Comments(0)

備忘録

f0224100_00051542.jpg
ネタ切れなので、今月読んだ(見た)本の中から。
「わたしの写真は、自然をしたうと申しますか、自然のこころを、わたしの心として写す
ことに専念してきたとおもうのです。四季おりおりの風物に詩情を動かされ山も川も海も
田園の風景も、人も、自然の感情を自分なりに発見し、感動しながら一生懸命に写してき
たといえます」「塩谷定好写真集 海鳴りの風景」ニコンサロンブックス 

by nama3_kitano | 2017-10-26 00:05 | その他 | Comments(0)

台風21号接近

f0224100_10241544.jpg
大型の台風が接近しています。選挙も期日前投票を済ませているので、外出は控え、写
真の整理でもしたいと思います。2月1日からのゴミゼロ倶楽部写真展の準備もしなければ
ならないし、その前にズイコー倶楽部の写真展もあった。じっくり写真の選定とプリント
をするには、絶好の機会かもしれません。
f0224100_10242182.jpg
写真は先ほど、雑草園で撮影しました。本降りの雨です。風が出てくるのは夜半からで
しょうか。

by nama3_kitano | 2017-10-22 10:30 | その他 | Comments(0)

コスモス畑で右往左往

f0224100_11353499.jpg
自分は、一体、何を撮り来たのか。霧?コスモスの花?日の出?朝焼け?霧?・・狙いが
全く持ってピンボケになっています。その為でしょう、気持ちの迷いが行動に良く出ていま
した。コスモス畑に到着したの十分に早い時刻でしたが、どこで何を狙うかが定まらず、三
脚を担いで、右往左往するばかりでした。そうこうしているうちにどんどん時間がたって、
日の出の時間を迎えてしまった。
f0224100_11363526.jpg
明るくなると今度は気になるものが多すぎて、またまた右往左往です。朝霧に包まれたコ
スモス畑、朝露に濡れたコスモスの花、朝露の水滴、水滴をたくさん付けたスギナやネコジ
ャラシ、ネコジャラシの群生と上を見たり下を見たり、近づいたり遠目になったりと全く持
って落ち着きがありません。そうこうしているうちにどんどん時間がたって、撤収を決めて
いた時間になってしまった。
f0224100_11360838.jpg
引き上げるために車に向かって歩き始めてすぐ、NIKONを下げた方とすれ違いました。「良
いねえ。俺も長靴で来るんだった。(ハイキングシューズにスパッツ姿でした)こんなにぬ
かるんでいるとは思わなかった。あなたの様に自由に動きたい」と声を掛けてくれました。
そんなに目立つほどあっちへ行ったりこっちへ行ったりしてたんだ。それにしても長靴姿を
羨ましがられるって・・・何だかなあ

by nama3_kitano | 2017-10-20 00:01 | その他 | Comments(0)