nama3の気ままに雑記

カテゴリ:その他( 624 )

三寒四温

f0224100_21372842.jpg
 中国や朝鮮では、冬、使う言葉のようですが、日本では春先に使う言葉になっていると
思います。低気圧と高気圧が交互に現れるようになり、晴れると日差しが明るく、春めい
た雰囲気になります。今日(3月3日)も、まさしくそんな気分になる天気でした。昼休み
写真の時間も、コートを着ないで外を歩けます。いつも良く行く寺院まで歩きましたが、
ハクレンの花が開き始めたり、寒緋桜も開花していました。足元の雑草類に至っては日当
たりのいい場所限定ですが、花盛りの始まりの様相を呈し始めています。これからの季節
、晴れたら外へ出たい気持ちが高まります。そんな気分、三寒四温という言葉からハッキ
リと感じます。
f0224100_21373568.jpg
今週と来週は、土日に写真撮影がなかなか難しい。故に、写真展巡回を強めようかなと
思っています。今日は、六本木のフジフィルムスクエアで開催中の写真展「佐藤尚 47 ぼ
くのより道~ガイドブックにないニッポン探訪」へ行こうと思ています。面識はありませ
んが、好きな風景写真家の一人です。来週の土曜日は、新宿エプサイトで根本先生、シリ
ウスでは、トンボの田中さんの写真展があります。銀座キヤノンギャラリーでは、人気風
景写真家、米美知子さんの個展も開催されます。案内はがきをいただいているので行かな
きゃと思っています。当分、週末は写真展三昧になりそうです。

by nama3_kitano | 2017-03-04 06:36 | その他 | Comments(0)

桃の節句

f0224100_20474420.jpg
今日は、桃の節句です。季節は本格的な春にまっしぐらに進んでいる感じです。ただ、桃の節句と
は言っても桃の花の時期ではありません。そのためかどうか、ちょっと違和感を感じます。五節句の
ような行事は、もともと宮廷で行われたのものが、だんだん庶民の間に広まったケースが多いのかな
と思います。ということは、こうした季節感は、京都を中心としたエリアの季節感であるし、そもそ
も旧暦で行われていたので、今の暦とは一ヶ月くらいのずれがありますね。暦が旧から新に代わって
もその日付を基準に行事が行われることから、ちょとした違和感が出るわけですね。これが東北や北海
道、あるいは標高の高い地域に住んでいたらもっと大きな違和感になるでしょう。でもまあ、暦が先
行したとしても、確実に季節は動いています。自分にとっては、春は桜、もうすぐ饗宴が始まります。
そろそろ準備に入りますか。
by nama3_kitano | 2017-03-03 00:01 | その他 | Comments(0)

さあ、週末

f0224100_1454120.jpg

待望の週末がやってきました。今、横浜では、カメラと写真の祭典=CP+も開催中で、ちょっと
惹かれます。この週末は、日曜日に別件の用事も入っているので、自分で自由に使えるのは、今
日=25日だけです。CP+と天秤にかけるとやはり撮影の方が良いかな。CP+やカメラの情報は、
行かなくとも自分にとって必要なことは知ることができます。会場周辺で行われている写真展は、
惹かれますが、人込みを考えると尻込みします。では、さて、どこ行こう。
 ※写真は、19日の日没です。どこかで日の出を撮ってバランスを保つのも良いなあ。
by nama3_kitano | 2017-02-25 00:01 | その他 | Comments(0)

facebookアカウントが乗っ取られました

今日、午後2時半ごろ、facebookアカウントが乗っ取られました。
2時50分ごろにリセットしたのですが、乗っ取られた約30分の間に
友人登録している皆さんへlineのアカウントを狙ったフィッシングの
メッセージが送られてしまいました。大変申し訳なく、お詫びのし
ようもありません。

 手口はこれです。

SNSはとても便利ですが、反面、恐ろしくもあることを実感させられ
ました。まさか自分のアカウントが乗っ取られるとは青天の霹靂です。
また今回、たくさんの皆様からメッセージをいただき、感謝感謝です。
今後は、こういうことのないよう、パスワードの管理を徹底したいと思
います。
by nama3_kitano | 2017-02-20 22:49 | その他 | Comments(5)

春一番

f0224100_20520205.jpg
予報では、強い南風が吹くらしい。ということは、春一番?「風の名前風の四季」(半藤一利、
荒川博著)という本がある。この中で春一番についても書いてある。ちょっと長くなるが引用し
て見よう。
「この言葉の出所は、どうも壱岐島であったようだ。安政六年二月十三日に、長崎県壱岐・郷の
浦町のタイ網漁船七隻が、五島列島沖で猛烈な南風をうけて沈没、五十三人が水死するという海
難がおきた。この痛切な体験から壱岐ではこのとき以後、春のはじめの強い南風を「春一」ある
いは「春一番」というようになった、という」
 つまり、そんな昔からあった言葉ではなく、「昭和三十七年二月十一日の朝日新聞夕刊“天気
欄”で解説されたのが初め」なのだそうです。その後五輪真弓やキャンディーズのうたにもなり
今では、今頃になると毎年登場する言葉になったというわけのようです。さて、本当に吹くかな?

 写真は、通い始めてちょうど一年になる病院です。ここにはかつて陸軍病院があったそうです
が、今は、そんな雰囲気は微塵もありません。

by nama3_kitano | 2017-02-17 00:01 | その他 | Comments(0)

観天望気と天気図

f0224100_20314794.jpg
「南大東島では、北西の風、風力3、天気晴れ・・・」とラジオから流れるこえを聞きながら
天気図を書いて、翌日の予報をしていました。山登りを第一の趣味として四季を通じて山に入っ
ていた今から40年ほど前のことです。気象通報を聞きながら天気図を書くことは、2年間、ほ
ぼ毎日行いました。山ではもう一つ、観天望気が大事でした。「レンズ雲がでたら荒れる」とか
「笠雲がかかると雨」などたくさんの言い伝えを覚えたものでした。懐かしい・・今日が「天気
図記念日であることをひょんなことから知って、そんなことを思い出したのでした。
 ※写真は、昼休みの散歩で近くの寺院で撮りました。何ともハイテクな手水舎でした。近づく
と自動的に水が流れ始めました。

by nama3_kitano | 2017-02-16 00:01 | その他 | Comments(0)

節分でした

f0224100_21133269.jpg

最近の行事は、ちょっと商業ベースで行われることが多すぎるように感じています。例えば、節分ですが、
自分的には、茨城の片田舎で育った事もあって、恵方巻きは、節分とは関係ありませんでした。ここ数年で
すよね、全国的に節分イコール恵方巻きの構図は。恵方巻きに限らず、今月は、バレンタインデーだし、来
月はホワイトデー。なんというか、個人的には、豆まきの節分であり、来月は桃の節句の方が、イメージが
強い。でも、商業的には、???なのかな。
f0224100_2124554.jpg

まあ、それはともかく、春はもうすぐという感じをそこここで、見ることができるようになってきました。ちょっと
ワクワクしつつ、冬好きとしては、もう少し冬を味わいたいなんて考えています。
by nama3_kitano | 2017-02-04 00:01 | その他 | Comments(2)

遙かなる街歩き

f0224100_2233217.jpg

単に最近、やっていないなあということです。以前は、江戸四宿を歩いたり、都電沿線をテクテクしな
がら写真を撮ったりしました。錆好きとしては、錆びたトタンの建物があったりすると夢中で撮影したり
しました。今年は、少し力を入れたいと思っています。腰が重くなりつつあるので、いつ、スタートする
か。月が変わるので、2月中には始めるとするか。
by nama3_kitano | 2017-02-01 00:01 | その他 | Comments(0)

そわそわ曜日=金曜日

f0224100_14493249.jpg

毎週金曜日はそわそわです。何故?って、自分は、休日しか撮影に出られません。『さて、今週末はどう
しよう?』でそわそわです。天気予報を確認しては、そわそわです。どこへ行くかを思うたびにそわそわで
す。何を撮ろうか考えるだけでそわそわです。そんな金曜日は、そわそわわくわくのうわの空で時間が過
ぎて行きます。行く場所や何を狙うかが決まってしまうと今度は、レンズはどうしよう、カメラは何を持って
行こうでそわそわが始まります。案外そわそわしている時間が一番楽しいかもしれない。そわそわ曜日=
金曜日、さて、今週はどこ行こう。そわそわ・・・
by nama3_kitano | 2017-01-27 00:01 | その他 | Comments(0)

氷紋

f0224100_2255469.jpg

鬼の霍乱か、風を引いてしまったので、この土日は、引きこもりと決めたのですが、何だかなあ、土曜日に
寝すぎたせいか、日曜の朝、早く目覚めてしまった。じっとしてもいても良かったのですが、咳も止まったし、
ちょっとだけ、秋ヶ瀬へ行ってみるか、となりました。別に撮影したいものやコトがあるわけではない。田島ヶ
原の方は、野焼きで「焼け野原」になっているので、今回は、反対側の湿地の方へ行ってみた。こちらは、野
鳥エリアなので、鳥撮りのカメラマンがいつもいるエリアだ。
f0224100_2341891.jpg

日の出は、雑木林の樹間から見ることが出来ました。カメラは持ってきましたが、湿地を一周して、早めに
撤収しました。
by nama3_kitano | 2017-01-23 00:01 | その他 | Comments(0)