nama3の気ままに雑記

カテゴリ:その他( 622 )

夏の終わり

f0224100_15263948.jpg

今朝(8/23)、目覚めたとき、今までと何かが違うなあという違和感を感じました。それが何なのか
を追及することなく過ぎてしまったのですが、出勤のため、玄関のドアを開けた瞬間、理由がわかり
ました。それは、コオロギの鳴き声だったのです。もっと早い時期から鳴いていた可能性もあります
が、はっきりと意識したのは今朝でした。些細なことですが、そんな些細なことに夏の終わりを感じ
ました。
 写真は、8月20日(土)に撮影したものです。台風の前兆でしょうか、黒い雲が出ていて(実際こ
の後、この雲に覆われて雨になりました)、それを背景にスカイツリーだけに陽が当たっている、と
ても印象的な光景でした。
by nama3_kitano | 2016-08-24 00:10 | その他 | Comments(0)

雨、雨、台風

f0224100_20544195.jpg

台風直撃ということで仕事はお休みとさせてもらいました。久しぶりに雨戸を打つ大きな雨音に、じっと
していられません。カメラを持って、軒下からちょっとだけ土砂降りの雨を撮影しました。午前中、風は、
そんなに強くありませんが、雨は本当にすごかった。写真は、駐車場の車の屋根を撮りました。こんなに
強い雨はあまり記憶にありません。数年前、新潟を襲った大雨の時、たまたま通りかかって恐怖を感じ
ましたが、それ以来ではないかと思います。
f0224100_2112487.jpg

考えてみれば、本格的な台風シーズンはこれからです。被害が出ないよう祈るばかりです。
by nama3_kitano | 2016-08-23 00:10 | その他 | Comments(0)

台風接近

f0224100_2129499.jpg

関東地方には台風9号が接近中です。月曜日は大荒れの天気になると予報が出ています。日曜日の
夕方、車の点検にディーラーへもって行ったのですが、その帰りに遭遇した夕焼けです。あまりの美し
さに路肩に車を止めて、しばし撮影タイムとなりました。夕焼けは好天の兆しと言われていますが、その
逆もあるのですね。空気が澄んで、富士山もくっきり見えました。まるで冬のような澄んだ空気感です。
これも珍しいことだと思います。
f0224100_21325636.jpg

今年は、台風1号の発生が非常に遅かった。でも、いま日本の周りには3っつの台風が来ています。そし
て例年とコースが違います。関東に向かってくる台風が多いように感じます。何かの前兆でないことを祈
るばかりです。
by nama3_kitano | 2016-08-22 00:01 | その他 | Comments(0)

残暑お見舞い申し上げます

f0224100_6563277.jpg

天空のデッキより、残暑お見舞い申し上げます。

 関東では、猛暑日が少ない夏になっていますが、まだまだ、暑い日が続きます。皆さま
ご自愛ください。
by nama3_kitano | 2016-08-15 06:57 | その他 | Comments(4)

夏山が呼んでいる

f0224100_13541397.jpg

夏山が呼んでいる。今年は、5年ぶりに穂高へ登ろうと計画している。穂高は若かりし頃、よく登った
山だ。最初に訪れたのは、大学生の時。所属していた山の会の夏山合宿が滝谷を中心に行われ、当
時は会の新人で岩登り初心者、おまけに初めての穂高ということで大変緊張して参加したのを覚えて
いる。初日はアプローチで、重い荷物を背負って上高地から北穂高頂上近くにある南稜テラスのテント
場へ荷揚げだった。2日目からは先輩の先導で新人向けメニューを熟した。内容は、1日目、北穂高~
槍ヶ岳の往復、2日目は北穂高東稜(ゴジラの背)、3日目に初めて滝谷へ入る。滝谷2尾根の登攀、
4日目は、奥穂高まで行ってジャンダルムの側壁を登った。その合宿以後、何回通っただろうか。10回
近くは来たかもしれない。
 この最初に参加した合宿から、北穂のテント場は、自分にとって大好きな場所となった。何より眺めが
素晴らしい。常念岳の向こうから上る日の出は、特に圧巻である。今年も天候に恵まれれば、見ることが
できるはずだ。年々、体力の衰えを感じているので、ひょっとしたら、テントを担いでの穂高は、これが最
後になるかもしれない。なので、天気と体力次第だが、今回は、奥穂にも登りたいと思っている。

 そんな訳で、ブログ更新、しばらくお休みします。
by nama3_kitano | 2016-08-03 00:01 | その他 | Comments(2)

再開 落ち葉の美学

f0224100_21552835.jpg

しばらく休止しているテーマですが、そろそろ復活しなければと思っています。これを始めた切っ掛
けは、その美しさに気づいたことでした。撮影を繰り返すうちに物理的なものとしての美しさだけでな
く、落ち葉の有り様というか、落ち葉というコトに心を動かされていることに気づいたのです。そうな
ると秋から冬にかけての季節限定のテーマではなくなりました。そればかりか撮影場所も、山から
コンクリートに固められた都会まで、落ち葉のあるところならどこでもとなった訳です。落ち葉という
コトを落ち葉というモノで表現する。撮影テーマとしては非常にハードルの高さを感じました。まあ、
撮っているうちに行き詰ったということです。そんなこともあって、客観的に状況を把握して、方向性
を定めようとしていたのです。休止している間も細々とですが、撮影は続けてきましたが、最近にな
って、いろいろ考えるよりどんどん撮ったほうが方向性は見えてくるのではないかと思えるようになっ
てきました。立ち止まって考えるのも一つの手段ではありますが、暗中模索は、実践しながらという
訳です。ここに、忘れたころに写真がアップされるようなペースで進むことなると思います。アップさ
れたら忌憚のないコメントをいただけるとありがたいです。
by nama3_kitano | 2016-07-24 00:01 | その他 | Comments(4)

鬼子母神で道草

f0224100_2118140.jpg

金曜日は、早稲田大学でお仕事でした。早稲田へ行くときは、副都心線雑司ヶ谷で都電に乗り換えて
行くのがいつものルートです。という訳で雑司ヶ谷で降りて、都電の鬼子母神駅へ歩いたのですが、時
計を見ると1時間くらい時間がある。時間があるならつぶさなければなりません。という訳で、雨は降っ
ていましたが、「仕方なく」鬼子母神へお参りして時間をつぶすことにしました。有名なケヤキ並木の参
道を通って行って見ると、やや、たくさんの出店が見えました。まだ営業準備中でしたが、夜、盆踊り大
会があるようです。写真が目的ではありません。ここへ来た目的は、エッヘン、お参りです。でもまあ、ち
ょっとだけ、遠慮しながらカメラを出して撮影はしました。そして気が付けば、あっという間の1時間です
。気が小さいので遠慮しながら時間を気にしながらでしたが時間の経つのは早いです。でも、エッヘン、
えらい、えらい。しっかり撮影をやめて、あっいや、お参りを切り上げて、遅刻しないよう早稲田へ向かい
ました。
f0224100_21262437.jpg

早稲田では、ちょうど昼休みの時間でしょうか。スマホ見ながら歩いている学生がものすごく多い。なん
だ?と思ったのですが、あとで教育学部の先生のお話で理由がわかりました。ははは、話を聞くまで気
づかない方が変だった。あれの配信が始まったのですね。納得です。ブームはそんなに長くは続かな
いだろうとは思いますが、事故が起きなければいいですね。

 ※写真は雨の鬼子母神と早稲田大学井深ホールです。
by nama3_kitano | 2016-07-23 21:17 | その他 | Comments(0)

雑草園の生き物たち

f0224100_17155875.jpg

普段はあまり意識してみていないので、そんなに種類はいないだろうと思っていた
雑草園の生き物たち。意識して覗いてみると意外なほど多い。たとえばこういう蝶は
あまり見かけないと思っていたのですが、1日観察しているとかなりの回数飛んでき
ます。アゲハチョウも2,3種類見かけました。よく考えてみれば、早朝と夜以外、自
分のほうが、ここにいないのでした(笑)
f0224100_17162773.jpg

f0224100_1717177.jpg

 昆虫類のほかにも、トカゲや蜘蛛類が結構います。そういえば最近あまり見かけな
いけど、ヤモリも生息しているはずです。そして、カマキリ君も雑草園では久しぶり
に見ました。アップにするとかなりの「かぶきもの」ですね。
f0224100_17172085.jpg

 時には、遠出をせずにじっくり観察も必要ということですね。
by nama3_kitano | 2016-07-20 00:01 | その他 | Comments(2)

海の日は東京海洋大へ

f0224100_2137452.jpg

海の日のイベントで、普段、娘が乗っている青鷹丸(セイヨウマル)の中を見せてもらえるということなので
東京海洋大学へ行ってきました。わが娘は、月のうち10日くらいこの船に乗って相模湾で水質の調査や
サメを捕獲して解剖し、胃の内容物の調査などを行っています。170トンなので、そんなに大きな船では
ありません。当然のことながら船内は、とても狭くて、ここでの寝泊まりや調査活動、講義もあるらしく、慣
れないとかなり大変という印象でした。ただ、いつも楽しそうにあれこれを話してくれるので、きっとたのし
くて仕方がないのでしょう。まあ、好きな研究をしているのだから当然か。
f0224100_21481734.jpg

f0224100_21483466.jpg

寝泊まりしている部屋と操舵室は、こんな感じです。この後、研究室も見せてもらいました。たまたま登校
されていた先生にも挨拶することができました。「逆家庭訪問ですね」とは先生のお言葉です。少しだけで
すが、普段の生活についてもお話を聞くことができました。思った以上にしっかりやっているようでした。
f0224100_21513214.jpg

生協食堂も特別営業で営業していましたので、お昼はここで済ませました。なんと北大生まれのナイスウ
ラミアンがありましたので、これをいただきました。豚骨醤油ベースのスープにチーズが乗っていて、味は
まろやかでした。
f0224100_21544980.jpg

図書館などの施設も見学出来て、なかなか面白い休日でした。でも暑くて、最後はちょっと顎が出てしま
った。年ですね。
by nama3_kitano | 2016-07-19 00:01 | その他 | Comments(6)

久しぶりの自然教育園

f0224100_2203321.jpg

出勤日の土曜日、仕事先は東工大大岡山キャンパス、集合が12時でした。ということは、午前中が
移動時間、ならば目黒の自然教育園は大岡山へ電車10分くらいで行ける。早く出れば教育園で
ちょっとだけ撮影できる、という訳で自然教育園へ立ち寄りました。フフフ、これぞ時間の有効活用な
のだ。
f0224100_225660.jpg

今の時期の自然教育園というとまず頭に浮かんだのは、コバノカモメヅル、チダケサシ、トラノオな
どだ。特にコバノカモメヅルは、箱根に自生しているのをメカロクさんに教えていただくまで、ここで
しか見たことがなく、この時期になるとここへ見に来たものだ。一緒に咲いていたのがチダケサシ
であり、クサフジであり、トラノオなのだ。それらの名前もコバノカモメヅルを見に来たついでに覚えた
のであった。
f0224100_22104933.jpg

あの頃は、赤塚植物園、小石川植物園、そして自然教育園をわがフィールドとして、順繰りに回った
のだった。昨年は2回だけ。そして今年は、これが最初だ。巡回を復活させるのも悪くないなあ。
by nama3_kitano | 2016-07-04 00:00 | その他 | Comments(0)