nama3の気ままに雑記

<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

千日紅とおまけのハゼラン

f0224100_22445976.jpg

千日紅を撮って置きたくて、この花が沢山咲いている職場近くの寺院に出没しました。千日紅は、
夏から秋にかけて、花期が長くて、それでこういう名前がついたという説があります。このお寺の門
前にある商店街が、千日紅祭りを10月に開催していることを思い出したこともあります。まつりは、
とっくに終わってしまいましたが、千日紅は、まだまだ元気でした。来年、まだ今の職場に残っている
ようなことがあったら、今度は、祭りの時に訪れたいと思います。

f0224100_22495475.jpg

写真を撮っていたら、あっという間に昼休み時間がなくなりました。大慌てて職場に戻ったのですが
そんな時に限って、こういうことがおこるのですね。ふと道端を見るとハゼランがきれいに咲いてい
ました。えい、いいや、非喫煙者の煙草休憩もこの際だからまとめて取ろう。という訳で道端にしゃが
み込みました・・
by nama3_kitano | 2015-10-31 00:01 | その他 | Comments(0)

いよいよ、落ち葉の季節

f0224100_13394873.jpg

木枯らし一号が吹いて、着々と季節が進んでいます。風が吹くと目立つようになるのが落ち葉です。毎日
通り抜ける蚕糸の森公園でも、風が吹いた翌朝は、作業員が大忙しで、掃除しています。落ち葉は、5年
ほど前から「落ち葉の美学」と称して、撮影対象にしてきました。最初は、落ち葉の表面に柔らかい光があ
たってとても美しく感じたことから、撮り始めたのでした。撮り進むうちに、だんだん意味合いも深まってき
て、その表面的な美しばかりでなく、ある意味、仏教的な輪廻の思想のようなものも、落ち葉から感じるよ
うになっていきました。落ち葉の美しさは、表面的な美しさだけではない。これを落ち葉の美学で表現した
いということが、今の課題になっています。今年もそろそろ、エンジンをかけて行きたいと思うようになって
きました。

f0224100_13402593.jpg

モノクロの落ち葉をアップしたのは、そういう意味をモノクロのほうが込めやすいかなと、ちょっとだけ思っ
たからです。今年は、どんな落ち葉の美学を表現できるか、ちょっと楽しみでもあります。と言うのは、こ
れも、前提条件として、一期一会の出会いがなければ始まれませんからね。
by nama3_kitano | 2015-10-30 00:01 | 写真 | Comments(2)

QにOM

f0224100_213845100.jpg

格安のアダプターがあったので購入してみました。QにOMレンズを付けるアダプターです。で、早速
試してみました。先日、このブログに書いたとおり、Qは、極小フォーマットのため、表示の5.5倍で、
35mm換算の画角になります。手持ちのOMレンズは、24,28,35,90マクロ,200の5本です。最初
に24mmです。広角レンズですがQにつけると132ミリの望遠レンズになってしまいます。面白いと
言えば面白いですが、果たして使えるかなというのが正直な感想です。一番難しいのは、手振れして
しまうことです。ファインダーが無いため、非常にブレやすい。手ぶれ補正は付いてはいますが、オリ
ンパスの強力な手ぶれ補正に比べると効きは雲泥の差です。

f0224100_2139055.jpg

OMレンズを付けて使うときは三脚が必要になってしまう感じです。例えばこの写真は、90マクロで
撮っていますが、35ミリに換算すると502mmです。絞り開放、1/1000秒で何とかこんな感じ撮れ
ました。200mmが、換算1,100mmになりますので、今度、野鳥を狙ってみたいと思いますが、う
まく行かないだろうなあ。でもやってみよう。
by nama3_kitano | 2015-10-29 00:01 | カメラ | Comments(4)

住宅街の小さな商店街

f0224100_22305962.jpg

昼休み写真時間、最寄り駅がちょっと遠い (徒歩20分くらい)住宅街にある小さな商店街へ行って
見ました。この近辺、昼休みにはよく訪れる寺院だったり空き地だったりがあるのですが、この商店
街に来ることはあまりありません。今回、たまたま余り行かないところへ行ってみようということで、
足を伸ばしてみました。これまでなんでもっと来なかったのだろう。昭和に建てられたと思われる商
店が残っている。持ち主の洒落っ気なのか、お金はかかっていないけど面白いデュスプレイはある
。小さな小さな帝釈天もある。もう、一歩足を踏み入れた瞬間から、私は、キョロキョロ怪しい人にな
ってしまいました。通報されても困るので、道の真中に立って、堂々とカメラを構え、これが趣味なの
ですよ、とできるだけ目立つようにしてシャッターを切りました。

f0224100_22391020.jpg

f0224100_2240080.jpg

f0224100_22404473.jpg

魅惑的なものに溢れている感じです。楽しい、楽しい。楽しい時間は、あっという間に過ぎてゆきて
いきました。
by nama3_kitano | 2015-10-28 00:01 | 散歩 | Comments(0)

相生橋に出没

f0224100_15573139.jpg

土曜日になると夜は、隅田川エリアへ出没することが恒例になっています。この土曜日も中央大橋へ
行きました。到着したのが17時頃、珍しく4,5名のカメラマンが三脚を立てていました。しかもどう見て
も望遠系のレンズをつけているように見えます。まあ、ニコンやキヤノンだと標準ズームも普段オリンパ
スを使っている身からすると長いレンズに見えてしまいますけどね。彼らから、ちょっと離れた場所に
三脚を立てました。自分が立てた場所が、光跡を撮るのに最適な場所と思えたからです。では、あの人
達は何を狙っているのだろう。レンズの方向を目で追うとなんとなくわかりました。東京スカイツリーのよ
うです。まあ、自分とは狙うものが違う。気にしても仕方ないことと自分の撮影に集中することにしました。

f0224100_15574476.jpg

永代橋の方角から、こちらに向かってくる屋形船、そのまままっすぐ来てくれれば、自分のカメラの真下
を通るはずなのですが、半分近くの船が向かって右方向へ行ってしまいます。確かあちらの方向には
相生橋がある。スマホで地図を出して見ると中の島公園を通って行けば5分ほどで着きそうだ。なので、
移動することにしました。相生橋からの光跡撮影は始めてです。でも、写真の方は、う~む、いまいち。
なかなか、これは良い、これは決定版とは行かないものですね。

日曜日の新聞で、東京スカイツリーが、国連70週年を記念して、青=国連の旗の色にライトアップし
ていることを知りました。それが狙いだったのですね。ナットク、疑問氷解。
by nama3_kitano | 2015-10-27 00:01 | 散歩 | Comments(4)

木枯らし1号

f0224100_22104736.jpg

早くもでいいかな、木枯らし1号が吹き荒れました。冬は、四季の中で一番好きな季節なので、木枯らし
が吹き始めるとウキウキします。早朝、5時前に起き出して、秋ヶ瀬へ行こうと決めて布団に入ったので
すが、最近、とみに若返っているようで、朝が起きられません。気がつけば7時近くです。あああ、起きら
れなかった。という訳で、ジタバタするのはやめて、ゆっくり起きて、ゆっくり赤塚植物園へ行くことにしま
した。いい季節になった。花こそ少ないですが、この時期の済んだ空気と透明な光が気持ちいい。

f0224100_22161117.jpg

園内は、散歩の人がパラパラいるだけです。いつもカメラを持った人とすれ違うのですが、今回は、SON
Yの一眼を持った人とすれ違ったくらいで、殆ど貸し切りの状態でした。何だかとっても贅沢な時間をすご
す事ができたようです。
by nama3_kitano | 2015-10-26 00:01 | 自然 | Comments(0)

必見!根本タケシ写真展「能登 空と海と」

f0224100_2250472.jpg

昨日、仕事帰りにオリンパスギャラリーに立ち寄りました。目的は、言わずもがな根本先生の写真展
を拝見するためです。前回、イルフォードマスターとしての写真展をエプサイトギャラリーで拝見しまし
たが、その時以上に度肝を抜かれました。言葉が出ないほどの凄さです。半分モノクローム、残りは
カラーの作品ですが、どちらも素晴らしいのですが、特にモノクロの作品が凄い。一通り見終わって、
先生が在廊されていらっしゃいましたので、率直な感想を話させていただきました。先生は、いつもの
江戸っ子弁で、いろいろご教示くださいました。誰にでも気さくに話される先生です。とにかく、凄いと
しか言いようがありません。時間を取って、今日の午後、もう一度お邪魔して、もっと時間を掛けて拝
見しようと思っています。超おすすめ、必見の写真展です。写真展は、10月28日 (水)まで (27日は
休館、最終日は15:00まで)です。改めてモノクロ表現の奥深さ、凄みを認識させられる写真展です。

f0224100_230827.jpg

特に、大伸ばしされた作品は、どこかの美術館が買い上げて、常設などで展示して欲しいと思った
くらいです。久々にしびれた写真展でした。

 ※今日の写真は、Q10祭りで撮った試写写真です。在庫があまりないのでQ10シリーズ、もう少し
 続くかもしれません
by nama3_kitano | 2015-10-25 00:01 | 写真 | Comments(2)

ペンを使う

f0224100_1082669.jpg

OLYMPUS PENのことではありません。ボールペンの話です。今年の春、一本のボールペンを
購入しました。文房具店の店頭で、おいてあったすべてのボールペンで試し書きして選びました。
非常になめらかな書き味で気に入りました。以降、どんどん使いたい気持ちが強くなって、これで
文章を書く機会が増えました。例えばこのブログの文章も、今では、まず、ノートにこのペンを使
って書きます。それを推敲しながら、キーボードで打つようになりました。キーボードで文章を打つ
のとは、スピードが違います。手で書いたほうが、頭の回転とうまく同期するのでしょうか、文章が
スラスラ浮かびます。忘れていた漢字も随分書けるようになってきました。このボールペン、三菱
のジェットストリームという製品で、人気商品のようです。4色ボールペンにシャープペンが付いて
いますので、これ一本で何でもこなせる感じです。ただ、ボールペンは、青ばかり使うので、これ
ばかりが減ってしまいます。今、替芯3本めで、青だけ購入して在庫しています。いつでもどこでも
電気がなくても使えます。やはり文章は、ペンで書くのが一番です。

 ※ さて、本日は出勤です。Q10祭りは終了として、本日は、OM-Dを持って行こう。
   あっ、あくまでも仕事です。
by nama3_kitano | 2015-10-24 00:01 | その他 | Comments(8)

稔りの秋

f0224100_7161661.jpg

ご近所の庭にザクロの木があって、毎年、今頃になるといい色に色づきます。この色が大好きで
いつか撮らせてもらおうとそこを通るたびに、じっと見てしまうのでした。そんな物欲しげな視線を
察知したか、何とドーンとおすそ分けしてしてくださいました。ただ撮りたかっただけなのに、全く持
って恐縮です。このザクロを眺めていて、思い立ったことがありました。それは、「雑草園にだって、
稔りの季節が来ている、記録しなきゃ」ということです。ということで、Moreに雑草園の稔りの秋

More
by nama3_kitano | 2015-10-23 00:01 | 自然 | Comments(2)

カメラ迷走、PENTAX Q10

f0224100_10264722.jpg

PENTAX Q10の中古品を購入しました。センサーサイズが1/2.3型とコンデジと同じです。レンズ交換式
ミラーレス一眼ではありますが、わかりやすく言うとレンズ交換式コンデジということになります。発売が、20
12年10月ですから、まる3年経っています。何で????と思われるでしょう。私もこうなるとは、予想だに
しませんでした。理由は、

f0224100_1027354.jpg

これです!先日、写真仲間のbuuboroさんとお会いした時、気前よくこのレンズをくださいました。レンズは
YASHINON 13ミリF1.4というシネレンズです。シネレンズは、まえからちょっと興味津々でしたが、これに
ハマると危険と感じ、雑誌等でシネレンズで撮った写真を横目で見る程度にしていました。故に、マウントの
違いなども知りませんでした。いただいた時は、マイクロフォーサーズで使えると思ったのですが、調べてみ
ると、使えるのはCマウント、このレンズはDマウントでダメなことがわかりがっかりしました。Dマウントが使
えるのは、PENTAXのQシリーズ一択です。どうしようかもんもんとしました。やはり、使ってみたい!という
気持ちが強く、そんな訳で、Qを買うことにしたのです。Qには、センサーサイズが2種類あることも初めて知
りました。8ミリシネレンズとより親和性が高いのは、センサーサイズが小さいほうらしいということで、新しい
現行のQではなく、Q10に決めました。なんだか迷走していると思いますが・・・まあ、良いか。Moreに試写
作例。

More
by nama3_kitano | 2015-10-22 00:01 | カメラ | Comments(8)