nama3の気ままに雑記

<   2016年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

春は曙

f0224100_2113152.jpg

清少納言の「枕草子」を読む。何年ぶりのことだろう。教科書に載っていたので、この随筆の出だしは、
おなじみだ。「春は、曙。やうやう白くなりゆく・・・」何で、今更?本当に古典文学を読み返すことになろう
とは、ビックリポンの事態です。まあ、ひょんなことから読んでみようと思ったのです。それは、日本人の
持つ美意識について考えるうちに、古の人たちはどうだったのだろうと考えるうち、「そうだ!古典を読も
う」となったのです。最初は、比較的容易なものからというわけで、「枕草子」となったのです。次は、西行
法師の和歌集でもと考えています。
f0224100_21143674.jpg

 あまり、難しいことではなく、日本画とか日本の和歌には、日本人が美を感じるものやことが何なのか
を考える上で、大きなヒントがたくさんあるように感じています。文章に独特のリズム感も感じることがあ
って、読んでいてなかなか楽しい。意味がわからん言葉が多いことを除いてですが。
by nama3_kitano | 2016-02-29 00:01 | その他 | Comments(0)

CP+2016

f0224100_23521714.jpg

CP+2016へ行ってきました。ものすごい人出で、人酔いをしてしまうほどの混雑でした。今年は、
ニコン、キヤノンがフラッグシップ機を発表したし、リコーペンタックスも35ミリフルザイズ機を発表
、オリンパスもPEN Fを発売と新製品が豊作だからかなと思います。ただ個人的には、各ブースで
のイベントは、いまいちかなと感じました。カメラの宣伝的な内容の話が多く、写真文化を作っていく
イベントとしては、内容が今一つのプレゼンが多かったと感じます。そんな中で、ちょっと良かった
と感じたのは、パナソニックブースでのハービー・山口さんの話かな。
 写真は、大桟橋です。今年は、御苗場の会場が、こちらでした。ちょっと不便で、これも今年のCP
+のマイナスポイントかなと思いました。
by nama3_kitano | 2016-02-28 00:01 | カメラ | Comments(2)

昼休み写真の時間 久しぶりの指風琴

f0224100_0284026.jpg

毎日撮影したい。でも平日は、なかなか時間が作れない。頑張って、昼休み、カメラをもって外へ出ました。
カメラには、EL Nikkor50㎜F2.8指風琴レンズを付けました。久しぶりなので、ピント合わせ大丈夫かなと
も思いましたが、ノープロブレムでした。レンズを指に挟んで前後させてピントを合わせます。慣れるとAFにも引
けを撮らない速さで合わせることができます。引き伸ばしレンズのNikkorは癖もなく、ピントもシャープです。

f0224100_0334453.jpg

やはり楽しい。防湿庫の肥やしはもったいない。時々使ってあげようと思いました。考案したbuuboroさん
には感謝です。さて、今日は、横浜方面へ出かけます。
by nama3_kitano | 2016-02-27 00:35 | カメラ | Comments(2)

めずらしい

f0224100_20152227.jpg

黄色いバラの花が、通勤で毎日通り抜ける公園できれいに咲いていました。花の状態は、まさに
見頃と言って良いと思います。バラの花を最近見かけることが多い。というか、これまでも同じよう
にあちこち咲いていたのを、意識しなかっただけなのかもしれません。ちょっと注意すると一年中
見ることができる感じです。花というと、自分にとっては季節感を一番感じるものの一つです。桜
=春、ひまわりやあやめ=夏、曼珠沙華やコスモス=秋、山茶花=冬という具合です。バラを季
語で調べると初夏とあります。本来は初夏の時期に咲く花なのでしょう。でも自分の中では、全く
といいほど季節を感じません。こんな花もめずらしい。

 Lumix GM5 BCL-1580 トイフォト
by nama3_kitano | 2016-02-26 00:01 | 自然 | Comments(0)

出直しか

f0224100_2151030.jpg

自分の写真について、ちょっと迷路にはまり込んでいる。何と言っても撮ることが楽しくて、手当たり次第にバシバシ
撮ってきましたが、そのことにちょっと疑問を感じることが多くなってきました。俺、何してんだろうと。写真を表現手段
として考えるなら、しっかりとテーマを決めて、テーマを表現できるように撮るべきじゃないだろうか。撮る前に、もっと考
えて、何を撮って何を表現したいのかを明確にすべきではないだろうか。そして、最終的には、しっかりプリントまで追
い込んで意図するところを表現する。
f0224100_21584065.jpg

インプットである撮影から最終、アウトプットのプリントまで、作品を作るつもりなら、これまでのワークフローをすべて
リストラクチャリングする必要を感じます。出直したまえ!ということですね。まあでも、ゆっくりマイペースで楽しく考えて行く
ことにします。
by nama3_kitano | 2016-02-25 00:01 | 写真 | Comments(2)

雨の日の渡良瀬遊水地

f0224100_1514225.jpg

セツブンソウを撮っていて、雨が降り出しました。雨が降ったら行こうと思っていた場所へのいざない
のような雨です。時間的にもお昼ちょっと前の時間でちょうどいい感じです。普通、雨はテンションを下
げる天候ですが、もう気分はルンルンウキウキです。早速車を運転して移動しました。移動時間は、約
30分です。その場所とは、渡良瀬遊水地です。

f0224100_15182636.jpg

1月に来て、お気に入りの場所の一つとなりました。この枯野を雨の日に見てみたいと思っていました
ので、願いがこんなに早く叶いました。想像以上です。この雨に煙る景色は、寒さも忘れさせるほど、
素晴らしい。霧が出て、風景が抽象化されるのとは、また微妙に違った抽象化で、これもたまらなく
良い。

f0224100_152192.jpg

来月下旬には、野焼きが行われて、この枯野は消える運命です。その前にもう一度、今度は違った
シチュエーションで撮りたい。ここへは、これからもう少し頻繁に通うことになるかもしれません。
by nama3_kitano | 2016-02-24 00:10 | 自然 | Comments(0)

初めての深度合成

f0224100_23132467.jpg

OM-D E-M1のファームウェアのバージョンアップで、新たに搭載された深度合成を試してみました。これは、手持ちで
撮ったのですが、しっかり合成してくれました。↓が普通に撮った写真ですが、違いは歴然です。奥行きのある花、例え
ば、百合の花のような花は、これまでなかなか花全体にピントを合わせるが難しかったのですが、この機能を使えば、
手前から奥まで、しっかりピントを持ってくることができます。いやはや、まったくもって、素晴らしい。E-M1は、2013年
10月発売です。後継機が今年の秋には出るだろうともっぱらの噂ですが、そんな今この時に、ファームウェアのバージ
ョンアップで新機能を追加するって、OLYMPUSさん、やってくれますね。発売当初と比べるとまったく違う機種と言って
良いくらい進化を遂げています。ありがたいことです。
f0224100_23133397.jpg

いまさらのテスト撮影ですが、これから、使えるシーンに多々遭遇すると思います。
by nama3_kitano | 2016-02-23 00:01 | カメラ | Comments(0)

セツブンソウいろいろ

f0224100_22301987.jpg

セツブンソウの続きです。ここ、栃木県の自生地に一番最初に来たのは、2007年くらいだと思います。
ですから、ちょうど10年くらい前でしょうか。ここでは、珍しい八重のセツブンソウや雪が降って、雪の
中からニョッキと花を咲かせるセツブンソウなど、いろいろ撮らせてもらいました。

f0224100_22331999.jpg

両神の自生地と違って、咲いている場所は、本当に民家の庭のような場所とその周辺です。庭先を
開放してい下さる地主さんには、ほんとうに感謝です。この花を見るために、この時期はたくさんの人
が訪れます。心ない人の盗掘の後を、出流の自生地で見かけたことがありますが、いつまでも大切に
残して欲しいと思います。

f0224100_22372536.jpg

これは、2009年にこの場所でとったセツブンソウです。この時は、撮影に行った数日前に降った雪
が沢山残っていました。この時は、E-3にFL36Rを使って撮りました。白い花弁(本当は花弁ではな
い)は、5枚のことが多いのですが、ここでは、時々たくさんの花弁を持った花に出会います。
by nama3_kitano | 2016-02-22 00:01 | | Comments(0)

節分草 花追い事始め2016

f0224100_21392366.jpg

花追い事始めは、ここ数年、毎年のことですが、セツブンソウからです。2年ほど続けて両神へ行った
のですが、今年は、久しぶりに栃木市へ行ってきました。両神は、まだ、咲き始めのようなので、両神
より早い栃木にしたのです。予想通り、ピークにはちょっと早い感じでしたが、見頃になっていました。

f0224100_21471890.jpg

回った箇所は2箇所です。まずは、星野地区の自生地です。7時半頃着きましたので、一番乗りに近
い感じでしたので、ゆっくり撮影することが出来ました。昼過ぎからは雨の予報が出ていましたので、
セツブンソウ撮影はできるだけ雨来る前にやりたいと考えていました。雨が降ったら、行きたいところ
があったからです。

f0224100_2151980.jpg

2時間ほどで、星野地区で撮影を終了して、次は、出流山へ行くか、大柿地区の花之江の郷へ行く
かでちょっと迷いましたが、花之江の郷へ行くことにしました。花之江の郷は、5年ぶりくらいだと思
います。まだ花の種類が少なく、ちょっと寂しい感じでしたが、ご覧のようにセツブンソウは、ピーク
でした。ここでは、深度合成を初めてやってみました。↓

f0224100_2155213.jpg

手持ちでやってしまいましたが、深度合成、面白いです。どんな被写体が合うのか、どんなシチュエ
ーションがあうのか。いろいろ試してみたい。11時半頃から、予報通り、雨が降ってきました。自分に
とっては、恵みの雨かもしれません。雨なら行こうと思っていた場所へワクワクしながら向かいました。
by nama3_kitano | 2016-02-21 00:01 | | Comments(0)

朝の光

f0224100_20262538.jpg
 
朝の光は、ことのほか清新な感じがする。たぶん、ほとんどは、気分がそう思わせる
のかもしれない。写真は、金曜日の朝、通勤途上で見つけた光(=影 )です。真っ白い
壁に樹木の幹を描いていました。こういった情景が大好きで、見かけると素通りができ
ません。カメラを出さずにはいれれないのです。さて、今日は、天気が下り坂、午後は
本降りの雨になるとの予報が出ています。でも土日は、自分にとって大切な撮影の時
間です。雨に負けてはいられません。2016年の花追いでも始めますか。雨の日にし
か撮れない出会いがあるかもしれません。
by nama3_kitano | 2016-02-20 00:03 | その他 | Comments(0)