nama3の気ままに雑記

<   2016年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ズミに会いたくて奥日光へ

f0224100_219625.jpg

土日の二日間、奥日光へ行ってきました。今回の一番の目的は、ズミの花です。6月初旬に満開になる
ズミの花、奥日光戦場ヶ原は、このズミの一大群生地です。毎年この時期は、戦場ヶ原全体がズミの甘
い香りに包まれるのです。戦場ヶ原へ通ううようになるきっかけを作ってくれた花でもあります。写真は、
土曜日の小田代ヶ原の夜明けです。この日は、曇り空で、名物の朝霧は出ませんでしたが、とても素敵
な朝でした。
f0224100_21132161.jpg

ズミの花は、咲き始めですが、木によっては見ごろの木もあり、なんとなく個体差が大きい。これが今年
の特徴なのかもしれません。この日の天気は明るい曇り空がつづきました。午後になって、ようやく青空
が見え始めるような天気でした。花の撮影にはもってこいの天気だったと思います。
f0224100_21162856.jpg

ズミのほかにもツツジが咲き始めていました。これはミツバツツジかな。ちょうど見ごろでした。レンゲツ
ツジは中禅寺湖畔では見ごろでしたが、戦場ヶ原では、咲き始めの状態で見ごろは次の土日くらいか
なと思います。花情報と言えば、中禅寺湖畔のクリンソウ、たぶん咲いている思います。というのは、湯
元温泉寺へ初めて行ったのですが、クリンソウが咲いていましたので。
f0224100_21205547.jpg

翌日曜日は、快晴の天気でした。朝は放射冷却で、小田代ヶ原は霧が発生しました。気温も冷え込んで
小田代一帯は、霜で真っ白になりました。写真は、整理次第、徐々にアップしたいと思います。今週は、
奥日光の写真が中心となります。
by nama3_kitano | 2016-05-31 00:01 | | Comments(0)

八重さんまつり 終盤戦

f0224100_2128369.jpg

今日のエントリーは、予約投稿です。本日(5/27)、雨が降りましたので、朝、雑草園で八重さんを撮影
しました。予定になかったのですが、雨が降りましたからね。植物は、雨にぬれると本当に生き生きして
見えます。ですから、撮らないわけにはいかないのです。
f0224100_21321539.jpg

こういう写真を見ると植物に限らず、生き物は水が命なのだということを強く感じます。雑草園の八重さ
んは、今がピークだと思います。花にも勢いがあるし、つぼみがどんどん開いています。最初に咲いた
花が痛み始めていますので、来週は、ピークから終盤に入っていくと思います。
f0224100_2137355.jpg

そんな最盛期をこの雨は、更に盛り上げる役目をはたしています。これは、綺麗に咲いた八重さんたち
への天からのご褒美ですね。今日は、こんなお客様も来ていました↓
f0224100_21403090.jpg

久しぶりに見たヤマトシジミです。
by nama3_kitano | 2016-05-29 00:01 | | Comments(2)

ひさしぶりの憾満ヶ淵

f0224100_20565114.jpg

写真は、5月15日、奥日光の帰り、久しぶりに訪れた憾満が淵です。この並び地蔵、久しぶりに会い
ました。ここは日光市内と言っていい場所ですが、いつ来ても独特の静かな空気に包まれています。
時折、人は通りますが、東照宮のような喧噪的な雰囲気はありません。今回、初めて気づきましたが
お地蔵さんには名前のようなものがほられています。この並び地蔵の近くに輪王寺のお坊さんたちの
お墓がありますので、輪王寺と関係あるのかな。まあ、そんなことは二の次、ここの空気に触れている
と体中にその空気が回り込んで、きれいになってくような気分になります。
f0224100_211453.jpg
f0224100_212060.jpg

そして、今の時期は、緑が素晴らしい。ここで見る緑は、すがすがしい緑なのです。大谷川の渓谷を
挟んで、向かい側にも緑の森があります。向かい側は、東京小石川植物園の分園、日光植物園なの
です。ですから、日光植物園からもここの並び地蔵をちょっとだけ見ることができます。
f0224100_2152954.jpg

日光植物園には、様々な草花が栽培されていますが、もともとあった森もそのままに近い形で保存
されています。この山藤も非常に見事ですが、たぶん、自然に生えた山藤ではないかと思います。
高い杉の木に絡まった山藤、憾満ヶ淵から見ても聳え立つような山藤でした。
f0224100_2110139.jpg

藤棚の藤も良いですが、個人的には山藤の方が好きです。今年は出来ませんでしたが、何時か、山
藤を撮るためにあちこち回ってみたいと思っています。

 そして今日から今年2回目の奥日光へ。今回は、大好きなズミの花に会うための奥日光詣で
です。天気は、どんな天気でも構いません。キャンプ場にテントを張って、じっくりいきたいと思っ
ています。そんな訳でブログの更新、ちょっとだけ滞ります。ご容赦ください。
by nama3_kitano | 2016-05-28 00:01 | 自然 | Comments(0)

昼休み写真の時間 八重さんまつり

f0224100_21182231.jpg

 今週は、八重さんまつりに終始しました。昼休みも八重さんまつりです。今日の八重さんは、
4年ほど前、職場近くで見つけました。事務所からは、歩いて10分ほどのところに咲いていま
す。この時期になると最低1度は、撮りに行っています。
f0224100_2118417.jpg

自分の昼休憩時間は、60分です。往復で20分、昼飯を大急ぎで食べても撮影時間に割ける
のは、10分程度でしょうか。つまり、時間があまりありません。大急ぎで撮影しなければならな
いのです。この日は、天気のいたずらか、風があります。マクロだと撮影に時間がかかる天気
です。「それでも来るか」と挑発されているかのような天気です。フフフ、おいらを甘く見るなよ。
風が少し吹いていることを除けば、明るい曇り空で絶好の撮影日和じゃないか。
f0224100_21185330.jpg

撮影方法をちょっとだけ考えて臨みました。考えついた方法が、引きの写真から入ることでした。
今回のレンズは、12㎜広角と60㎜マクロの2本しかありません。12㎜をつけてさくっとな。60
㎜マクロに付け替えてさくっとな。そして、どんどん、寄り始めたところでタイムアップの笛です。
あ~あ、これからなのに!
f0224100_2119838.jpg

やはり10分という撮影時間は、非常に短い。でもまあ、平日は仕方ないですね。事務所へ戻る
途中、アジサイ発見!時間はないけど数枚だけパシャパシャと。この花が咲きだしたということ
は、梅雨も間近ですね。季節の移ろいが本当に早く感じられます。
by nama3_kitano | 2016-05-27 00:01 | | Comments(2)

新宿末廣亭界隈

f0224100_21535641.jpg

歌丸さんが「笑点」の司会を引退されたからと言う訳ではありませんが、末廣亭です。新宿で今でも
好きな飲み屋街と言えば、過日火災のあった歌舞伎町ゴールデン街、新宿駅西口の通称しょんべ
ん横丁、そして三丁目の末廣亭界隈、この3か所です。この界隈の一角に「どん底」という今では老
舗と言われる店があります。大学に入学して上京した田舎者の純情青年を面白がって先輩が連れ
て来てくれたのです。その時の強烈な印象は今でもはっきり憶えています。
f0224100_2231475.jpg

以来、新宿で飲みましょうというとこの周辺へ来てしまうことが多かった。今でもどん底以外にも数店
ほど、たまに行った店が営業しています。そういえば、ゴミゼロ倶楽部の忘年会もこの一角にある中
華屋さんで毎年開催されるのでした。新宿で自分にとって一番なじみのあるエリアかもしれません。
f0224100_2263513.jpg

新宿で受けている診療が、予定よりだいぶ早く済みましたので、この界隈をカメラ片手にちょっとだけ
歩きました。夜輝く飲み屋街、この朝の時間帯は、眠りついたばかりの時間かもしれません。路地に
入っても酔客がいる訳でも店員さんたちがいる訳でもありません。
f0224100_229740.jpg

新宿は、西口の再開発から始まって、大きく変貌を遂げました。そしてそれは今でも続いています。で
も最初にあげたこの三か所は、そのエリアだけ、ちょっと大げさですが、時計の針が止まっているので
はないかと思えるほど、新宿の場末の雰囲気が残っているように思います。その雰囲気を楽しむため
に今度は夜来ようかな。
by nama3_kitano | 2016-05-26 00:01 | 散歩 | Comments(0)

ゾーンプレートで八重さん祭り

f0224100_557228.jpg

竹田先生からいただいた先生手作りのゾーンプレート、なかなか使う機会がないのですが、この八重
さんまつりには登場させないわけにはいきません。と言う訳で、今日は、ゾーンプレートを使った八重
さんまつりです。
f0224100_601692.jpg

カメラ用レンズと違って、難しいがいくつかあります。その第一がピント合わせです。プレートを前後に動か
すとズーム効果が出ます。プレートを前後反対に付け替えるとマクロ効果が出ます。1枚目は反対に付け
替えて撮った写真です。
f0224100_624399.jpg

それとセンサーに届く光が少ない。isoを2000くらいにしてやっと手持ち撮影が可能なシャッタースピード(
1/20秒前後)になります。絞りはF60以上相当になるらしい。故にいかなOLYMPUS機といえどもセンサー
についたわずかなゴミがはっきりとしかもたくさん映り込みます。(PSで可能な限り消しています)
f0224100_691650.jpg

そういう難しさはありますが、出てくる「絵」は独特の風合いがあって、これは、ゾーンプレートでなければ出
ないのだろうと思います。もっといろいろなシーンを撮ってみたいと思っています。最後の1枚は、ゾーンプレ
ートではありません(笑)SONYα7にSuper Takumar50㎜F1.8をつかっています。
by nama3_kitano | 2016-05-25 00:01 | | Comments(0)

日本の誇り?

f0224100_21535236.jpg

土曜日は、こちらでお仕事でした。そう、この明治丸がど~んと鎮座まします大学です。知る人ぞ知る
東京海洋大学です。「13年前、東京水産大学と東京商船大学が統合されて」できた大学です(学長先
生のお話の中に出てきました)そして、ここは、もともと東京商船大学のあった越中島キャンパスです。
私の大好きな隅田川エリアにあります。そう、あの屋形船の光跡を撮った相生橋のすぐ近くです。
f0224100_21591452.jpg
f0224100_21592981.jpg
f0224100_21595319.jpg

ちょっとだけ抜け出して・・・いや、正確に誤解のないように書きます。仕事の合間のちょっとした時間を
利用して、明治丸の中を見学させてもらいました。船内は、大変きれいに整備されていますが、この大
きさで、大海原を航海、かなり大変だったのではないでしょうか。日本は周囲を海に囲まれた海運国で
す。そんな海運国の中心にあった人たちが、この小さな船で訓練されたのかと思うと感慨もひとしおで
す。そういえば、海洋大は、世界のスモール大学ランク20位なのだそうです。これも竹内学長先生の
お話に出てきました。ある意味、日本の誇りですね。
by nama3_kitano | 2016-05-24 00:01 | その他 | Comments(0)

雑草園の八重さん祭り

f0224100_2147518.jpg

日曜日、どこへも出かけずに雑草園でひとり八重さんまつりで盛り上がりました。9時ごろから約2時間
八重さんにうんと近づくためにカメラにマクロレンズを付けました。ファインダーをのぞくっとなんともとろ
けるような姿が浮かびます。う、うつくし過ぎる。とろけたのは、自分の方でした。
f0224100_21401447.jpg

そしてもっと寄りたい。そんな気分に支配されて、結局、中間リングをはめて寄ることにしました。レンズ
先端が花にくっつきそうなくらい寄りました。もう、トロトロです。気分も合わせてトロトロです。自分の気
持ちとは裏腹に、周囲の視線は冷たく光る。いったい何をやっているのだろうって思うのは当然か。地
面に座り込んで、ピント合わせのために体を前後に揺らす。はたから見れば、常識的に見れば、キモイ
姿の何物でもありません。
f0224100_2149045.jpg

分かっていますとも。そんなことは、こちとら百も承知の助なのです。でも、やめられないのです。わかり
ますか?フフフ。
by nama3_kitano | 2016-05-23 00:01 | | Comments(0)

八重ドクダミまつり

f0224100_17515516.jpg

雑草園の八重ドクダミが咲き始めたことは、先日のブログでお伝えしました。この花
最初は数株ほど、鉢植えで分けていただきました。ちょうど5年ほど前のことです。翌
年は花をつけませんでした。環境が合わないのか、それともアジサイの木の下で陽があ
たらない場所に移植したのがいけないのか、いろいろ考えてしまったのですが、もう一
か所別の場所に一部を移植したりして様子を見ることにしました。3年目、花をつけてく
れました。そして、数も増え始めました。
f0224100_17523498.jpg

4年目、2か所とも花の勢い、数ともに完全にもともとそこにあったかのようになってき
ました。そして、今年は5年目、株数を数えると100株近くになってなってきました。こ
のままいけば群落ができそうです。(って、そんなに雑草園は広くない)もうこれは、
まつりを開催するしかないでしょう。というわけで、本日から一週間、雑草園は、八重
さんまつりに突入です。と、一人盛り上がっています。
by nama3_kitano | 2016-05-22 00:01 | | Comments(2)

下を向いて歩こう 路地裏へ

f0224100_17205992.jpg

昼休みの定番、下を向いて歩こうをやろうとウキウキしながら事務所を出ていつもの公園へ
向かいました。ショック、ショック、ショック。何がショックって、あのニワゼキショウを撮った場
所だけでなく、公園全体に手が入ったらしく、「きれい」に草刈りされているのです。何ってこっ
ちゃ!仕方なく、公園はあきらめました。ショックでがっがり肩を落として住宅街の路地裏へふ
らふらと行ってみました。フフフ、落ち込んでいた気持ちが吹っ飛びました。コンクリートの壁
に孵化したばかりと思われるモンキチョウがしがみついていました。レンズをマクロに変えて、
思いっきり近づきました。きれい!
f0224100_17212023.jpg

f0224100_17214040.jpg

f0224100_17215724.jpg

ドクダミやカタバミなど、定番の雑草を撮りながら奥へ奥へと進んでみると、ありゃー、これヘ
ビでないイチゴじゃないか。コンクリートの隙間から生えています。何とも面白い。とにかく、ち
ょっと進んではしゃがみ込みを繰り返しながら進みました。なので、なかなか前へ進まないの
ですが、時間はどんどん進みます。気がつけば、昼休み時間はとうに過ぎています。何食わ
ぬ顔に整えて何食わぬ顔で自席に戻ったことは言うまでもありません。フフフ、誰にも気づか
れずに済んだようです。ふーっ(^_^;)
by nama3_kitano | 2016-05-21 00:01 | 散歩 | Comments(4)