nama3の気ままに雑記

<   2016年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

昼休み写真の時間 久しぶりの指風琴

f0224100_7481157.jpg

ちょっとだけ雨が降っているけど、濡れるほどでもない。ならばやはり昼休みはカメラを持って出かけ
なければならない。という訳で、傘も持たずに職場周辺を散歩することしました。カメラは、GM5そし
て今回は久しぶりに指風琴レンズを付けてきました。
f0224100_7493350.jpg

このレンズこのブログには何回も登場していますのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、中
古で買った引き伸ばし用のEL NIKKOR50㎜に革の蛇腹もどきとM4/3マウントを付けたもので
ある。ちなみにEL NIKKOR50㎜については、NIKONのHPにこんなことが書かれている。

 1.フィルムに記録された細かいディテールを正確に印画紙に投影するために、
  当時の撮影レンズを上回る解像力を持っている。
 2.諸収差も厳格に補正が施され、特に歪曲収差は画面周辺までほぼ完全に補
  正されている。
 3.当時の主流はモノクロ(白黒)写真であり、モノクロ印画紙の主な感光域
  は波長380ナノメートルの近紫外線である。そのため、可視光だけでなく近
  紫外線まで収差補正を行っている。
 4.焦点距離50ミリ、開放F値2.8の仕様は、発売当時の引き伸ばし用レンズと
  しては最も明るかった。投影像が明るくなり、ピント合わせを正確、迅速
  に行うことを可能とした。

 と。大変優秀な由緒正しいレンズなのである。

f0224100_7505817.jpg

慣れてくるとピント合わせが非常にやりやすい。通常のMFは、ヘリコイドを左右に回して行う訳です
が、指風琴は、蛇腹を前後させてピント合わせを行う。伸ばし切るとマクロ撮影になる。閉じると無限
遠もだせる。さらに左右にねじるような動かし方をすると簡易的なアオリ効果も得られるのである。つ
まり、この蛇腹の部分が指風琴のミソだ。

f0224100_7565068.jpg

 この指風琴を考案されたのは、写友のbuuboroさん。buuboroさんは今、レンズを重ねて拡大
写真が撮れる「覗き眼鏡」なるもので、苔とミクロの宇宙を撮られている。身近にある宇宙である。
もうすぐわが埼玉から東の方へ引っ越されてしまうので今までのように気軽に会って、いろいろ教えて
もらえなくなるのが、ちょっと残念。指風琴、これからも愛用します。指風琴という素敵な名前もbuuboro
さんの命名です。
by nama3_kitano | 2016-06-30 00:01 | カメラ | Comments(0)

アジサイに背を向けて 美の山

f0224100_23273789.jpg

アジサイアジサイとしばらくはアジサイ撮りに励んだのですが、途中からアジサイに背を向けている
自分に気づきました。いつものことですが相変わらず気移りが激しい。
 アジサイの斜面は、頂上付近から下に向かって、アジサイに覆われているのですが、アジサイが
切れた先にちょっと開けた場所があります。そこにはいろいろな野草が生えていてそれが気になった
のです。近づいてみるとあるある。雨露の付いた花々。いるいる、雨の中を元気に飛び回っている蝶
々。一角にあった東屋でレンズをマクロレンズに交換して、撮影を楽しみました。美の山は、桜のイメ
ージが強くて、桜の季節に立ち寄ることが多かったのですが、季節に応じていろいろ楽しめそうな場
所です。クロムさんの情報では、山ツツジも良いらしい。それと今回もう一つある撮影対象に気づき
ました。うまく撮れるかどうかはわかりませんが、年内にチャレンジしてみたいと思います。

 Moreにあと数枚

More
by nama3_kitano | 2016-06-29 00:00 | 自然 | Comments(0)

雨の似合う花 アジサイの美の山

f0224100_23134645.jpg

 俗に雨降り花という言葉があります。雨が似合う花だったり摘むと雨が降るなんて言い伝えのある
花だったりのことです。つまり、雨と非常に縁のある雨の時期によく見かける花たちのことです。その
代表的な花がアジサイであることはだれも疑わないでしょう。6月24日、古代蓮の里で蓮の花を撮影
した後、そのアジサイの咲く美の山へ向かいました。アジサイの名所なら、古代蓮の里からそんなに
離れていない場所に能護寺がありますが、今回は、美の山にしました。理由は天気です。
f0224100_23142165.jpg

行田から美の山へは、まず熊谷へ出て、R140号線を寄居方面へ、1時間ちょっとで着けるはずと出
発しました。寄居近くまで来て、とうとう、雨が降り出しました。フフフ、期待した通りの天気です。それ
も、小粒の雨で申し分ありません。美の山の登山ルート(車道)に入ると霧がだんだん濃くなりました。
頂上付近では視界が悪い。完全に雲の中に入った感じです。
f0224100_23144741.jpg

駐車場について、雨合羽に長靴の完全装備、カメラだけは防塵防滴を信じて、タオルに包んだだけで
、アジサイの咲く斜面に向かいました。カメラにも雨具を付けたカメラマンが数人、斜面のアジサイと格
闘していました。そんな中にそっと割り込みました。と言ってもかなり広いので全く問題なく撮影に入り
ました。
f0224100_23151980.jpg

全く持って素晴らしい。幻想的なアジサイの斜面、まばらに植えらえている樹木が、素晴らしいアクセ
ントにもなります。ここでアジサイを撮影するのは2回目で、前回は、途中から大雨となって、ほとんど
のカメラマンが撤収、撤収しなかったのは私のほかにもう一人、その方も私もE-1を使っていたのでし
た。そんなことが思い出されます。
f0224100_23195866.jpg

アジサイを撮るための遠征は、今年これが最初で最後になると思います。こんな素晴らしい光景に出
会えて本当に良かった。
by nama3_kitano | 2016-06-28 00:00 | | Comments(0)

1年ぶりの古代蓮の里3

f0224100_9375731.jpg

蓮の花が美しいのはもちろんのことです。今回、地元の方にもう一つの見どころを教えていただきました。
それは葉っぱです。言われてから、改めてまじまじと見てみると蓮の葉は、本当に美しい。そればかりでな
くこの日は、天気がいい方でしたが、雨が降ったりするとこの葉は、水滴状に雨粒を丸めます。それが、面
白い光景を作ったりします。
f0224100_9425377.jpg
f0224100_943819.jpg

くるっと簀巻き状態の葉っぱも面白いです。これがどんどん広げられていくと同時に上向きになるのでしょ
う。そんな動きを想像するだけでも楽しくなってきます。
f0224100_9503383.jpg

古代蓮の里、今年、あと何回行けるかわかりませんが、行くたびに蓮の見方が豊かになっていくように感
じます。次回は、美の山の写真をあっぷします。
by nama3_kitano | 2016-06-27 00:01 | | Comments(0)

1年ぶりの古代蓮の里2

f0224100_1432910.jpg

続きです。1年ぶりともなると撮り方を忘れてしまう。いや正確に言うと自分の撮り方なんてなかったか。
いつも出たとこ勝負で、撮り始めてから、あのレンズを持ってくればよかったとか、ストロボをもって来れば
よかったなど、いつもそんなことを思いながら撮っているのであった。今回は、昨日も書きましたが、レフレ
ックスレンズと8㎜魚眼をメインにしようあらかじめ準備したのはそれだけだった。

f0224100_14363950.jpg

花の撮影ではどうしても望遠レンズやマクロレンズ中心になってしまうので、意識的広角レンズを使うよう
にしているのです。今回広角は、8㎜魚眼と12-40ズームレンズの2本だけです。望遠マクロ系は、Zd50
マクロ、40-150ズーム、300㎜レフレックスの3本です。今回も9割は望遠マクロ系で撮っています。まあ、
こういう場所では、被写体に近づくことが出来ませんので仕方ない面もあります。でも欠点は、どこで撮った
ものものでも同じような写真になってしまうことです。

f0224100_1445549.jpg

さて、古代蓮の里ですが、25日(土)から開花期の営業のようです。5時から16時までだったかな、駐車
場が有料(500円)となります。ただ駐車券を見せると古代蓮会館の入館料が半額(200円)になります。
自分の楽しみは、うどん屋さんの営業が9時からになることです。ここのうどん屋さんは、その日の販売
分をその日に手打ちします。とてもおいしくて、いつも大盛肉うどんを食べてます。この日は、営業が始ま
る前に撤収したので食べられませんでした。ちょっと心残り、次回は、朝食がわりにいただきたいと思って
います。
by nama3_kitano | 2016-06-26 00:01 | | Comments(0)

約1年ぶり 古代蓮の里

f0224100_38368.jpg

昨年8月以来、約1年ぶりに行田市の古代蓮の里へ行ってきました。天気は曇り空、蓮の花の
撮影には、申し分のないコンディション、問題はどのくらい咲いているかでした。北側の駐車場
に車を止めて、いそいそと向かいました。こちらの駐車場の方が、甲斐姫エリアのある水生植
物園が近いのです。池にはすごい数の古代蓮が咲いています。まさに見ごろと言っていい状
態です。まっすぐ甲斐姫エリアへいってみました。
f0224100_317465.jpg

時間は4時半ですが、コンパクトカメラで写真を撮られている方が約1名おられました。いつも
この甲斐姫のエリアで会う地元の方です。昨年8月に来た時もいろいろ教えていただいたので
顔を見た瞬間、「おはようございます。お久しぶりです」の言葉が出てきました。今回も今年の
状況などを教えていただきましたし、共通の知り合いろまんさんのことなどをお話ししました。
 今年は、昨年と違って、甲斐姫は、見ごろと言っていいほど咲いていました。
f0224100_322927.jpg

行田蓮と行田蓮の改良品種=甲斐姫に一番関心があるので、このあともここをメインに、水鳥
の池と古代蓮池を回りました。今年は黄蓮とオニバスの池が不作のようで、「たぶん咲かない」
だろうとことなのでそちらへはいきませんでした。今日は、久しぶりに持ち出した魚眼レンズと
今回初めて持ってきたレフレックス300㎜で撮った写真を使っています。
f0224100_3271116.jpg

古代蓮の池のあと、秩父の美の山へアジサイを撮りに行きましたので、この日の撮影枚数が
約1700枚になっていました。これから整理に入ります。少しづつアップしていきたいと思いま
す。今年は、何回行けるかわかりませんが、古代蓮の里には可能な限り行こうと思っていま
す。
by nama3_kitano | 2016-06-25 03:29 | | Comments(2)

秋ヶ瀬の生き物たち

f0224100_22215746.jpg

2週間ほどたってしまいましたが、さいたま市秋ヶ瀬で撮った写真です。ゼルフィスに会いたくて行った
のですが、ここは、自然がいっぱいのエリアです。野鳥や昆虫などの生き物にとってはオアシスのよう
な場所です。最近あまり見かけることが少なくなっている生き物とたくさん出会えます。今日は、その一
部を紹介したいと思います。まずは、カタツムリから。逆光気味に撮ると意外と美しい。自分に観察力
が足りないのか、あまり見かけません。本当に久しぶりに見ました。
f0224100_2227198.jpg

葉っぱの陰でじっと動かないでいました。丸々と太ったバッタです。バッタはよく見るようですが、ここま
で立派な体のバッタは久しぶりです。ここは食べ物が多いのでしょうね。
f0224100_22284026.jpg

カマキリ君は、比較的よく見る方でしょうか。肉食も肉食の昆虫です。秋ヶ瀬にはたくさん生息していて
5月ごろから10月ごろまでは、行けば必ず会えます。秋になると丸々と太ったカマキリを見ることができ
ます。それと注意して見ていれば狩りのシーンに出会うこともあります。
f0224100_22313341.jpg

秋ヶ瀬には蜘蛛類もたくさん生息しています。毒は持っていないとおもいますが、はっきり言ってあまり
気持ちのいい感じはしませんが、これはそのなかでも大型の部類の種類です。名前はわかりません。
朝日を浴びてちょっと迫力を感じます。今日はここまで、機会がありましたらまたアップしたいと思いま
す。
 本日は休暇を取って、あの花を撮りに出かけます、結果はあした。
by nama3_kitano | 2016-06-24 00:00 | 昆虫 | Comments(0)

「気」を写す

f0224100_2050445.jpg

 2年ほど前から漠然とですが、気を写したいと思っています。気とはあの気のことです。と言っても
何のことかわからないですよね。私の写したい気とは、雰囲「気」とか「気」分とか、「気」配とか、「気」
色とか空「気」とかいろいろある気のことです。何を馬鹿なと思われても仕方ない。でも真剣なのです。
f0224100_2050295.jpg

 空気の色が藍くなる時間帯、風がちょっと強めですがちょうどいい。風も一緒に狙えますからね。な
んて考えながら、カメラを持って雑草園へ。藍に染まる空気とそれが創り出す気色を写そうと試みまし
た。単にボケブレ写真と言われてしうとそれまでという気がしないでもない。写真は奥が深い。単に写
すだけなら、今のデジタルカメラは優秀で、シャッターを切りさえすればいい。でも、表現として写そう
と思うことがあるとなかなか写らない。試行錯誤を続けるしかありません。
f0224100_2051287.jpg

 ここで名前を出すのは、ちょっとおこがましくもありますが、アンリ・カルチエ・ブレッソンの本を読む。
「心の眼」という本です。座右の書というわけではありませんが、実は、今回で3回目です。読むたびに
グサッと来たり、う~ムと考えてしまったり。今回もです。
by nama3_kitano | 2016-06-23 00:00 | 写真 | Comments(0)

昼休み写真の時間 ハゼランとネジバナ

f0224100_20455436.jpg

 レフレックスの写真が続きましたので昼休み写真の時間に撮った雑草写真、本日は、ネ
ジバナとハゼランです。両方ともこのブログではおなじみの花で過去に何回もアップして
います。ネジバナはラン科ネジバナ族の多年草です。自分とのかかわりは果実のブログに
書きましたのでここでは、なにもありません。今がちょうど見ごろのようであちこちで見
かけます。今回はMZDマクロで撮ってみました。
f0224100_20461820.jpg

 そしてもう一つ、この公園の入り口で咲く、これも雑草でしょう、毎年いつの間にか刈
り取られてしまいます。サンジソウという別名が示す通り、午後に名咲く花、ハゼランで
す。花の名前にランが入っていますがラン科の植物ではありません。明治時代に日本へ入
ってきた帰化植物です。観賞用として入ってきたようですが、今では野生化しています。
空き地やコンクリートの隙間ような場所でも見かけますので繁殖力が強いのだと思います
。直径5ミリほどの小さな花ですが、アップで撮るとなかなかきれいです。
f0224100_20465083.jpg

by nama3_kitano | 2016-06-22 00:00 | | Comments(0)

そして今日もトキナーReflex 300mm F6.3 MF MACRO

f0224100_22363150.jpg

最近、何とかの一つ覚えで、朝な夕なにこのレンズの出番を作っています。持ち出す
先は、何のことはない雑草園です。雨が降ればこれ幸い、晴れて太陽が昇ればこれ幸い
、強い風が吹いて草木がなびけばこれ幸いといった具合です。要するに何でも理由にし
て嬉々として撮影に臨みます。
f0224100_22364484.jpg

 あるときは花や昆虫を主役にしたマクロ写真、ある時はどこにピントがあるかわから
ないエセ印象派。そんな感じでなんだか凄いことになっていたりします。あまりの楽し
さにちょっと虜になっているかもしれません。ここら辺で、このレンズを生かした作品
づくりに入るべきと思っている今日この頃です。でもなかなか、計算できない。
f0224100_22365824.jpg

by nama3_kitano | 2016-06-21 00:00 | カメラ | Comments(2)