nama3の気ままに雑記

<   2016年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

行く夏を惜しんで

f0224100_2124837.jpg

職場近くの公園では、セミの大合唱が聞こえてきます。自分が住んでいる東京近郊の新興住宅地より
23区内のちょっと歴史があって、広めの公園の方がはるかにその数が多い。セミの話です。昼休み、
雨も上がったのでそんなセミを撮ってみました。地上から1メートル以内でもたくさん撮ることができます。
マクロレンズを付けて手を伸ばしてかなり寄っていますが、鳴きやみません。行く夏を惜しんでいるのか
もう時間がないのか。鳴き声は、3種類です。ツクツクボウシだけ、声はすれど姿は見えませんが、ミン
ミンとアブラは掃いて捨てるほどいます。
f0224100_2131315.jpg

この木には、ちょっと見えるものだけ数えても20匹以上が固まっています。台風が行って、急に秋めい
て来ている感じです。
by nama3_kitano | 2016-08-31 00:22 | 自然 | Comments(0)

台風10号

f0224100_22483482.jpg

 今日にも東北地方に上陸の予報が出ています。この10号が接近中のためか、東京の天気は晴れてた
かと思うと急に雨が降ったりの変な天気でした。これは台風の前兆現象なのでしょうね。それにしても変な
動きの台風です。東北に海から台風が上陸することはあまりないでしょう。自然の摂理がやはり壊れ始め
ているのでしょうか。東北の太平洋沿岸部は、まだ震災の復興途上です。被害が出ないことを祈るばかり
です。
f0224100_22491243.jpg

久しぶりにE-PM2を持ち出しています。最近、写真の撮り方がすっかり雑になっているようです。手ぶれピ
ンボケ写真のオンパレード、もっと丁寧に撮影するようにしましょう。肝に銘じます。
by nama3_kitano | 2016-08-30 00:12 | 自然 | Comments(0)

花のリレー シュウメイギクが咲いた

f0224100_6251575.jpg

リオオリンピックで男子400メートルリレー銀メダルは、今回のオリンピックで一番の快挙であったかも
しれない。何よりもあのスムースなバトンの受け渡しは、芸術的であった。バトンの受け渡しと言えば、
季節季節に冬から次の冬まで花のリレーがある。猫の額ような狭い雑草園ではありますが、この自分
にとって、一番身近な場所でも、静かに行われている。盛夏に咲き始め、季語的には晩夏の花=朝顔
が今はピークですが、主役をシュウメイギクに移し、この後、曼珠沙華へとバトンがつなげられる。
f0224100_7435184.jpg

個人的に思い入れの強い花、曼珠沙華の季節が着々と近づいている。
by nama3_kitano | 2016-08-29 08:00 | | Comments(0)

久しぶりに光跡を

f0224100_9212882.jpg

光跡を撮影するために久しぶりに隅田川大橋にやってきました。夏の金曜の夜、たくさんの屋形船が
往来することを期待していました。でも予想以上に少ない。アベノミクスが空振りにちかいことが原因
か、それとも佃島側の永代橋が工事中で、12月までライトアップが中止されていることが原因か。ま
あ、そんなこともあって、20時までの撮影で3カットほど、上流のスカイツリーをバックに撮影しました。
これから、日脚がどんどん短くなりますので、隅田川エリアにできるだけ出没しようと思っています。↓は
リニューアル工事中の永代橋です。この橋の青いライトアップが大好きなので、工事の完了が待ち遠
しい。
f0224100_929311.jpg

by nama3_kitano | 2016-08-28 00:05 | その他 | Comments(2)

備忘録 いろいろな写真論

f0224100_23352533.jpg

「写真家も画家と同様に記憶つまり体験のイメージと現実を結び関連させることができるのである。
それにはまず見たままを伝達するのではなく、見たものについて何を感じそれを如何に感じたかを
伝えることよってつくられる」(金丸重嶺「写真芸術」)
「写真は抽象の煙幕を借りずに地面に足を付けたまま、具体を通して誰でもが手触りのある普遍性
を表現することができる」(鬼海弘雄「誰をも少し好きになる日」)
「表現とは、見る者の情念を突き刺し、あるいは揺さぶるものでなけらばならないというのが持論で
ある」(宮嶋康彦「脱風景写真宣言」)
「僕たちの憧れが描き出す理想の自然像にはひとつの特徴がある。緑や水や大気に囲まれてすべ
ての生物が輪廻を繰り返すその完全な世界の中には、いつも一つの種が欠けている。人間が見当
たらないのだ」(畠山直哉「話す写真」)
f0224100_015069.jpg

最近読んだ本の中で印象に残った言葉です。

さて、そろそろ、Holgaまつりは終わりにして、通常営業に戻そうか。
by nama3_kitano | 2016-08-27 00:25 | 写真 | Comments(0)

備忘録 写真のコンセプト 太陽の肖像より

f0224100_2323305.jpg

 「写真を撮るときは、いつも頭の中の半分はコンセプトをそして残りの半分は空白にして置かな
ければならない。瞬間にフレキシブルに対応できる心の余白をいつも持っていなければならない。
なぜなら、写真は、unexpectedなものだからだ」(奈良原一高 太陽の肖像より)
f0224100_23235893.jpg

 そもそも自分の場合、コンセプトがあっても撮影時にはどこかに飛んでしまうことが多い。撮影
時は、きれいに撮ろうとか、うまく撮ろうという意識に支配されている。また撮影に臨むときも撮影
地や対象はきめても、コンセプトからそれを選んでいるかも怪しい。つまりコンセプトについて深く
考え抜いていないことのそれは証左であろう。太陽の肖像を読んで、奈良原さんの場合は、写真
以前に表現したいコンセプトが確立されていて、それを一番明確に表現する手段として写真を選
んだのだということがよく分かった。
f0224100_23241651.jpg

 故に「上手に撮ることも、よい写真も、作家にとっては、無意味なことむしろ避けたいことであっ
て、作家には作家の人間的関心事しか念頭にないのである」(太陽の肖像より)ということになる。
奈良原さんの場合は、コンセプトを実現するために写真を撮りその写真を公開することで、まさに
その写真が写真家奈良原一高を誕生させた。その展開も本当に凄い。カメラが好きとか、撮るの
が好きとか、きれいな写真を撮りたいとかはどうでもよくて、まずはコンセプトを深め、それを言葉
にすることから始めようか。

 ※写真と文章は無関係、本日もHolga遊び写真
by nama3_kitano | 2016-08-26 00:01 | 写真 | Comments(0)

Holgaが出てきた

f0224100_1059598.jpg

購入後、数回テスト撮影した後、行方不明となっていたHolgaです。各種アダプターなどを入れていた
ガラクタ箱を整理していたら、ひょんと出てきました。こんなところに隠れていたか、ちょっと嬉しくなりま
した(単に自分がだらしないだけなのだけどね)。たぶん、その安っぽい作りから、レンズとは思わずア
ダプターやリングに紛れてガラクタ箱放り込んでしまったのですね。折角出てきたので使わない手はな
い。そんな訳で今週は、個人的にHolga祭りにすることにしました。相棒のボディは、当初GM5がいい
かなと思ったのですが、Holgaは、焦点距離が25ミリで絞りがF8固定です。それを考えると手振れ補
正が強力なボディの方がいいかなということになり、E-M5MK2にすることにしました。
f0224100_115481.jpg

この安物おもちゃレンズ、何が大変って、ピント合わせです。一応ピントリングはついているのですが、
非常に重くて回すにはそれなりに力を入れなければなりません。それと映像が緩いのでピントの山が
よくわかりません。幸いOM-Dはファインダーを覗きながらピント面を拡大できますので、合わせたい
部分を拡大してピント合わせを行います。MFでのピント合わせには慣れていますが、この儀式のよう
なピント合わせ、最初はちょっと戸惑いましたが、慣れてくるとなかなか楽しい。
f0224100_1162829.jpg

何よりもこのゆるい画像が良い。なんか散歩しながら自分の気持ちまで緩くなってくる。そんな効果が
副産物としてあります。眉を吊り上げ肩に力を入れての撮影ではありません。どんなに頑張っても緩
い写真しか撮れません。ならば、心も軽く、適当にあちこちレンズを向けて、それこそあれこれ考えず
にパシャパシャする。そうしてみるとこのきちっと映らないことで映るものがあるような気がしてきます。
アートフィルターにトイフォトというのがありますが、今度、このトイレンズと出てくる画像とどう違うかち
ょっと試してみたくなりました。
by nama3_kitano | 2016-08-25 00:03 | 写真 | Comments(0)

夏の終わり

f0224100_15263948.jpg

今朝(8/23)、目覚めたとき、今までと何かが違うなあという違和感を感じました。それが何なのか
を追及することなく過ぎてしまったのですが、出勤のため、玄関のドアを開けた瞬間、理由がわかり
ました。それは、コオロギの鳴き声だったのです。もっと早い時期から鳴いていた可能性もあります
が、はっきりと意識したのは今朝でした。些細なことですが、そんな些細なことに夏の終わりを感じ
ました。
 写真は、8月20日(土)に撮影したものです。台風の前兆でしょうか、黒い雲が出ていて(実際こ
の後、この雲に覆われて雨になりました)、それを背景にスカイツリーだけに陽が当たっている、と
ても印象的な光景でした。
by nama3_kitano | 2016-08-24 00:10 | その他 | Comments(0)

雨、雨、台風

f0224100_20544195.jpg

台風直撃ということで仕事はお休みとさせてもらいました。久しぶりに雨戸を打つ大きな雨音に、じっと
していられません。カメラを持って、軒下からちょっとだけ土砂降りの雨を撮影しました。午前中、風は、
そんなに強くありませんが、雨は本当にすごかった。写真は、駐車場の車の屋根を撮りました。こんなに
強い雨はあまり記憶にありません。数年前、新潟を襲った大雨の時、たまたま通りかかって恐怖を感じ
ましたが、それ以来ではないかと思います。
f0224100_2112487.jpg

考えてみれば、本格的な台風シーズンはこれからです。被害が出ないよう祈るばかりです。
by nama3_kitano | 2016-08-23 00:10 | その他 | Comments(0)

台風接近

f0224100_2129499.jpg

関東地方には台風9号が接近中です。月曜日は大荒れの天気になると予報が出ています。日曜日の
夕方、車の点検にディーラーへもって行ったのですが、その帰りに遭遇した夕焼けです。あまりの美し
さに路肩に車を止めて、しばし撮影タイムとなりました。夕焼けは好天の兆しと言われていますが、その
逆もあるのですね。空気が澄んで、富士山もくっきり見えました。まるで冬のような澄んだ空気感です。
これも珍しいことだと思います。
f0224100_21325636.jpg

今年は、台風1号の発生が非常に遅かった。でも、いま日本の周りには3っつの台風が来ています。そし
て例年とコースが違います。関東に向かってくる台風が多いように感じます。何かの前兆でないことを祈
るばかりです。
by nama3_kitano | 2016-08-22 00:01 | その他 | Comments(0)