nama3の気ままに雑記

<   2016年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

平日に撮る写真3

f0224100_1234872.jpg

被写体が変わり映えしないのでカメラで味付けしました。平日のお供は、最近殆どLumix GM5です
。マイクロフォーサーズ規格で最小最軽量の機種です。あまり売れなかったか、ディスコンになってし
まいましたが、自分は、非常に気に入っています。パナソニックはもともと家電メーカーであることから
、パナのカメラを家電屋さんのカメラと揶揄的におっしゃる方もいらっしゃいますが、機材としての写真
と動画の境界があいまいになりつつある現在、もっと写真屋も注目すべきメーカーであると思っていま
す。たとえばそのUIなどは、“家電メーカー”ならではの使いやすさがあります。
f0224100_12343186.jpg
f0224100_12345293.jpg

 今回は、オリンパスでいうところのアートフィルターに相当するクリエイティブスタイルを使って撮っ
ています。GM5には22種類のフィルターが搭載されていますが、その中から、「ブリーチバイパス」
を使ってみました。懐かしい昭和の香りがする画像が出てきます。1枚目のアパートはモダンな建物
ですが、この数年以内に取り壊しになるようです。場所は環七に面していて賑やかな場所ですが、現
在、住人は一人もいません。1階で営業しているお店が数店舗あるだけです。2枚目、3枚目は路地
裏で見かけた植え込みの植物です。朝鮮朝顔はわかりますがもう一枚の鉢に植えられた植物は何
でしょうか。
by nama3_kitano | 2016-10-31 00:01 | 写真 | Comments(0)

すすきを撮りたい

f0224100_2152106.jpg

 数年前からの願望です。名所と言えば箱根の仙石原などがすぐに思い浮かびます。そういう有名な
場所ではなくてもかまいませんが、できれば広~いすすきの原っぱがいい。もう今年は、ちょっと無理か
もしれないが、そろそろ本格的に計画しよう。この先5,6年は被写体としてじっくり追いかけたい。季節
的には、8月末ごろから12月まくらいの長さになるかな。場所によっても変わると思うが・・
f0224100_2156569.jpg

これもいろいろある構想の一つです。たくさんある構想、一度、しっかり書き出して見たいと思います。
いくつ実現できるかわかりませんが、テーマは自然に増えてしまう。そして、そのいくつかは忘却の彼
方へ行ってしまう。やはり、文章にしておこう。考えも整理できますからね。
by nama3_kitano | 2016-10-30 00:06 | 写真 | Comments(0)

ねこじゃらし・エノコログサ

f0224100_14242265.jpg

 昼休み、職場近くで見つけたエノコログサです。えっ、どこに?なんていわないでください。ここ
にはバスの操車場のような施設があったのですが、しばらくぶりに来てみると鉄板のようなもので
囲われて、工事が始まっていました。このエノコログサは、もともとこの場所で、“自由に”生えてい
ました。まあ、大体、この種の植物は、環境さえあれば“自由”に生えます。自由を奪っているのは、
人間です。この場所の所有権を主張し、こういう植物の自由を奪ってしまうのです。このエノコログ
サ、檻りに入れれられしまったように見えます。閉塞感いっぱいの雰囲気です。でもそれって、本当
は植物の方ではなく、これを囲った人間の方にこそあるのかもしれません。
f0224100_1426879.jpg

 そしてこちらは、郊外の埼玉県吉見町で撮った猫じゃらしです。田んぼの畦道のような場所です
が、場所全体を覆って、なんだか伸び伸び、楽しげな雰囲気です。この違い、何かの象徴のように
も感じます。あっ、突込みが入る前に一言、猫じゃらしがエノコログサであることは百も承知してい
ます(笑)でも、なんとなく、自由を謳歌しているということが猫のイメージに近い。故にそういう意味
でこちらをあえて猫じゃらし、あちらをあえてエノコログサと呼ばせていただきました。
by nama3_kitano | 2016-10-29 00:01 | 自然 | Comments(2)

平日に撮る写真2

f0224100_13421432.jpg

 昼休み、雨が降らない限り、歩け歩けを実行していることは、以前、このブログに書きました。
カメラをもって、写真を撮りながらということも書きました。どうも老人力のなせる業、同じことを繰
り返して話してしまう。ボケの始まりなのかもしれませんが、ここは、よりポジティブに赤瀬川源平
さんがおっしゃったように老人力がついたと言っておきましょう。そんな訳ですのでご容赦ください
。という訳で本題ですが、昼休み撮る写真の多くは、花や植物が多い。(普段もですけどね)そん
な訳で、今回は花をアップします。まずボケです。ボケの花は春のイメージが強いですが、実は、
晩秋から咲始め、冬も咲いているのです。春と比べると花の数は圧倒的に少ないですが、職場近
くの植え込みでも咲いていました。春のボケと区別するため、寒木瓜(かんぼけ)というそうです。
最初は、狂い咲きかとも思ったのですが、そうではなかったのです。
f0224100_13423565.jpg

 そしてこちらも、冬のイメージが強い花、椿です。咲き始めました。ちょっと早すぎじゃないかと
も思えますが、何とも優しい色のピンクで、花の数が少ないこともあって、とても目立っていました
。この花、冬から春にかけて咲く花と思っていましたが、調べてみると種類がいろいろあって、山
茶花や夏椿も入れると見ることができない月の方が少ないくらい花期が長いのです。ちょっと驚き
でした。
f0224100_13402898.jpg

 おまけの写真。夏はいやだった日差しが、だんだん恋しくなってくる。紅葉し始めたハナミズキ
の葉に日差しが当たって、その透過光が葉脈を浮き上がらさせていた。ちょっといいなあ、これ。
by nama3_kitano | 2016-10-28 00:01 | 写真 | Comments(0)

平日に撮る写真

f0224100_11414284.jpg

 再雇用の身分ではあっても、フルタイム勤務なので、平日は、なかなか時間の捻出が難しい。
出勤前の15分くらいと昼休みの30分くらいが、自分にとっての平日の写真撮影の時間です。で
きるだけ、毎日シャッターは切りたい。なので、カメラをもって狭い雑草園をうろうろしたり、職場近
くの公園や住宅街の路地をうろうろしたりすることになります。でも、同じ場所、同じような時間帯で
すので、撮りつくしてしまった感があります。毎日シャッターを切るためには、それでも出撃するこ
とになります。
f0224100_1142890.jpg

 あと1年半もすれば、時間を持て余す身になるのかな。でも、たぶん、時間はあっても写真を
撮り歩くことにはならないような気がします。そんな悠々自適は夢ではあるが、さて、そんなこと
も真剣に考えなければならない時期かもしれません。まあもう手遅れかもしれませんがね。どう
も、こういうことを考え始めると気分が重く、暗くなる。気分転換に・・・カメラをもって外へでる(笑)
 写真は、2枚とも雑草園で撮ったものです。1枚目は、種がこぼれて咲いたと思われるトレニ
アです。北側のものすごく日当たりの悪い場所で地面は、苔に覆われているのですが、けなげに
も花を咲かせました。深度合成で撮ってみました。2枚目は、アキアカネ。7月ごろからときどき見
かけますが、寒くなってきたからでしょう。この日の朝は、カメラを近づけてもじっとしていて動こう
としませんでした。
by nama3_kitano | 2016-10-27 00:01 | 写真 | Comments(2)

コスモス撮りハッキリクッキリ、ホワホワ

f0224100_11151832.jpg

 この表題、何のことやらですね。コスモスに限らず、花の撮影って、ハッキリクッキリと
ほわほわボケの組み合わせが多い。あっ、一般的にではなく自分のことですよ。備忘録的に
コスモスの自分の撮影法をまとめてみました。まず、花畑に着いたら、すぐにカメラを出さ
ない。一通り、花畑を巡ります。花にも形のいいものや色がきれいなもの、枯れかけたもの
など様々です。それとぐるっと回ることで光の通り道や風の方向なども大体頭に入ります。
勿論、途中で「これは」と思った花が見つかった場合はカメラを出しますけどね。通常は、
まず見ることから始めます。
f0224100_1118177.jpg

 一通り回ったら、目を付けていた花のところから撮影を始めますが、難点は、目を付けて
いた花を見失うことがあることです。自分の場合、目を付ける花は、形や色がいいのとその
花の背景がどうなっているかをポイントにしています。それと光の方向です。逆光気味に撮
ることが多いので、真逆光や斜逆光になるエリアは特によく見ます。
f0224100_11184597.jpg

 あとは流れで撮っていきますが、事前にその日はどんな写真をとるかイメージしています
ので、レンズは、そのイメージの写真が撮れる(と思われる)レンズを付けて撮影します。
コスモスに限らず、花の撮影では望遠レンズやマクロレンズが中心になるでしょうか。今日
アップした写真は、クッキリ写っているものは1枚目が望遠、4枚目が広角を使っています。
ホワホワ写っている2枚目と3枚目は、レフレックス300㎜(35㎜換算600㎜)望遠で撮って
います。
f0224100_1118599.jpg

 要するに花を見る、光に方向を見る、背景を見るの3点以外は、結構、行き当たりばった
り、かなり適当、いい加減に撮っています。今年のコスモス、これが最後になります。また来
年ですが、コスモスを追いかけるかどうかはわかりません。お粗末様でした。
by nama3_kitano | 2016-10-26 00:01 | 写真 | Comments(2)

はぐれコスモス

f0224100_11293472.jpg

 群落のコスモス畑は、マッスとしても、個々の花を見ても、それはそれはきれいなのですが
写真を撮り始めると自分のスキルのなさというか引き出しの少なさで、意外に早く飽きが来て
しまいます。日曜日のコスモス撮影は、ほんわりコスモスと言う課題を設定したため、ちょっと
悪戦苦闘していつもより飽きが来るのに時間がかかりましたが、それでもやはり小一時間も
すると花の撮影に飽きてきました。続いてトンボやチョウ、バッタの写真を撮りましたが、花よ
り引き出しはさらに少ない。という訳で、目が宙に浮くように、周りをキョロキョロ状態になった
のでした。そして目に飛び込んできたのが、コスモスはコスモスでもポツンと群落から離れて
咲くコスモスでした。
f0224100_11301344.jpg

 学生時代、ビックコミックオリジナルというコミック誌を愛読していました。理由は、野球狂の
詩のあぶさんや、釣りバカ日誌の浜ちゃんのようにその生き方に共感できる魅力的な人物達
の活躍が楽しみだったからです。中でも別格級にあこがれたのが、浮浪雲の雲です。その飄
々とした生き方、自分には到底できないけれど、その何%でも良いからできたらどんなに素晴
らしいだろうと思っていました。群落から離れてポツンと咲くコスモス、それがそんなことを思い
出させてくれたのでした。
by nama3_kitano | 2016-10-25 00:01 | | Comments(0)

今年最後のコスモス

f0224100_23233733.jpg

花の追っかけは、曼珠沙華で終わりにして、花の撮影は単発で。なんて考えていたけど、思いがけず
コスモスの追っかけをやってしまった。この日曜日は、どこへも出かけない完全off日にしようと考えて
いたのですが、埼玉は晴れてしまった。そうなるとじっとしていられない。急いでバックにカメラを入れて
コスモス撮りに出発。先週が鴻巣でした。鴻巣は、コスモス祭りの日なので混雑している可能性が高い。
そんな訳で、今週は、吉見のコスモス畑へ行って見ました。ここは、先週、祭りが開かれていたので、花
の方もピークを過ぎていました。
f0224100_23285469.jpg

そよ風が吹いていましたので、ピントのホンワリした写真を撮ろうとレフレックスレンズやNDフィルター
を使ったり、多重露光をしたりとかなりの時間、遊んでしまいました。出発したときは、軽くのつもりだっ
たけど、結局3時間も粘ってしまった。
f0224100_23335157.jpg

コスモスは、今年はこれでおしまいになると思いますが、本当に難しい。途中からコスモスを諦めて、
とんぼやバッタ、それに蝶の追っかけになってしまいました。でもこちらも何をどうしたらという状態で、
結局、空腹と疲労困憊で撮影終了ということにしました。なんだかもすごく消化不良感が残りました。
by nama3_kitano | 2016-10-24 00:01 | | Comments(0)

落第?何か問題でも?唯我独尊

f0224100_16232049.jpg

 この子は、このブログへの出演は2回目ですね。前回の時もここで撮ったのでした。ひさしぶり
に会ったのですが、印象がちょっと変わりました。前回は、いかにも無邪気でやんちゃな子猫ちゃ
んでしたが、少し、逞しくなったような感じです。でも、マクロレンズでここまで寄っても「何か?」と
いう顔でこちらを見ます。普通の子ならカメラを向けた瞬間に逃げの体制を作るか実際に逃げるか
すると思うのですが・・・
f0224100_1623366.jpg

 こちらも以前登場したことのある子かな?以前もこの郵便受けの上にいたような気がします。
きっと気持ちいい特等席なのでしょうね。広角レンズなので手を伸ばして撮影、カメラを顔に近づ
けても、ちょっとにらむ程度で動こうとしません。番犬として、いやもとい、番猫としては、君、落第
だよって声をかけても、馬耳東風、いやもとい、猫耳東風、あっち向いてホイで向こうを向いてしま
いました。そんな態度、なんかいいなあ。なんか羨ましいなあ。唯我独尊、おいらも見習いたい。
by nama3_kitano | 2016-10-23 00:01 | 鳥・動物 | Comments(0)

ラピュタの芽

f0224100_1147667.jpg

 スタジオジブリの映画、「天空の城ラピュタ」、とても面白いストーリーで、映画館、DVD、テレビ
で何回も見ています。個人的に印象に残っているのは、ストーリーの面白さだけでなく、何気ないシー
ンですが、雲の上に浮かぶその城が木の根に覆われ支えられているところです。人工物は、そのまま
放置すると、日本のような多湿な場所では、植物が生えいつかその植物たちに飲み込まれてしまいま
す。そんな状況を「ラピュタ現象」と呼んだ方がいますが、まさに言いえて妙、的確な表現であると思い
ます。コンクリートの地面や塀の割れ目からよく雑草が生え、花を咲かせていたりしますが、そんな「ラ
ピュタ現象」が、自分は大好きです。見かけるとついついレンズを向けてしまいます。
f0224100_11471998.jpg

 昼休み、雨が降らない限り、カメラをもって歩け歩けを実行しています。一日一万歩が目標で、往復の
通勤だけでは、約7,000歩、目標達成に為には、約3,000歩不足です。不足分を補うためと写真の楽し
みを兼ねて歩く訳です。そこで、写真のようなシーンに出会うと条件反射のようにシャッターを切ります。
時には、しゃがみ込んで撮影しますので、ちょっと不審者と思われてしまうかもしれません。でもどう思わ
れようとかまいません。今日も明日も、カメラをもって、ラピュタの芽を探します。
 さて、今日は土曜日ですが、出勤日です。今日も歩くか。
by nama3_kitano | 2016-10-22 00:01 | 散歩 | Comments(0)