nama3の気ままに雑記

<   2017年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

新宿御苑の気になる樹

f0224100_2220754.jpg

 年に数回しか訪れない新宿御苑ですが、ここが好きな理由の一つは、大木があることです。中でも
このハクレンの樹が大好きで、新宿門から入ると花の時期でなくても、真っ先にこの樹の所へ行きます。
昨年は、花を撮るぞ、撮るぞと思いながら見逃してしまった。少しだけ膨らみだした蕾、花は3月でした
ね。今年は見逃さないようにしたいものです。
by nama3_kitano | 2017-01-31 00:01 | 自然 | Comments(0)

スプリング・エフェメラル 福寿草

f0224100_10164865.jpg
 
いよいよ始まります。スプリング・エフェメラルたちの饗宴です。スタートはいつもこの花から
です。実は、雑草園にも株はありますが、まだ咲き始めていません。管理の行き届いた公園や植
物園では早く咲き始めますので、今年は、新宿御苑で撮影しました。新宿御苑には、私の知る限
り、福寿草のエリアは二箇所あります。一箇所は、新宿門から入ってすぐの場所のスイセンが咲
いているエリア、そして、もう一箇所は日本庭園の茶室のそばです。新宿御苑で福寿草を撮る場
合はいつも後者の方で撮影します。花に近づくことができるからです。
f0224100_10173064.jpg

この咲き始めの状態がいちばん好きです。地面に花が咲いたように見える咲き始めです。もう
少しすると茎が伸びてきて、葉っぱも顔出しますが、その前のほうが、個人的に好きです。この
あと、セツブンソウ、雪割草、カタクリとスプリング・エフェメラルのリレーが始まります。セ
ツブンソウは、ここ数年、植物園ではなく自生地で撮るようにしています。今年は、どこへいこ
うかな。
by nama3_kitano | 2017-01-30 00:01 | | Comments(2)

スイッチ・オン?

f0224100_2057090.jpg

寒波に襲われたこの一週間、体調がイマイチだったこともあって、大げさに言えば青息吐息の状態
でした。写真もほとんど撮れませんでした。昼休みも写真の時間をつくれなかったのです。でもひょっ
としたら、スイッチが入ったかもしれません。なんのスイッチかというと桜の開花に向けたスイッチです
。所謂、休眠打破というやつです。桜は、夏にできた花芽が長い期間休眠し、冬の寒さで目覚めると
聞いたことがあります。そして、寒波でスイッチが入り、気温の上昇に合わせて花芽が膨らんでくると
言うわけです。
f0224100_20593314.jpg

今、桜でも早咲きの寒桜が見頃になってきました。ここ数年、桜花は追っかけの対象にして来てきま
した。可能な限り、今年から年間を通して追いかけようと考えています。花だけでなく、という意味です
が、とりあえず、寒桜から始めましょうか。
by nama3_kitano | 2017-01-29 00:01 | 自然 | Comments(2)

久しぶり

f0224100_2293120.jpg

本当に久しぶりに使いました。たぶん、1年ぶりくらいだと思います。カメラの話です。カメラは
pentax q10です。レンズは、このカメラを買うきっかけとなったシネレンズを使いました。お遊
びですが、カメラでの気分転換にはもってこいです。荷物になるわけでもないので、しばらく、バ
ックに忍ばせてみようかな。朝、出勤途中、ちょっとだけ立ち止まって撮影しました。偶然ですが、
紅白の花を撮っていました。
f0224100_2210992.jpg

さて、土曜日です。ウキウキ。
by nama3_kitano | 2017-01-28 00:01 | カメラ | Comments(0)

そわそわ曜日=金曜日

f0224100_14493249.jpg

毎週金曜日はそわそわです。何故?って、自分は、休日しか撮影に出られません。『さて、今週末はどう
しよう?』でそわそわです。天気予報を確認しては、そわそわです。どこへ行くかを思うたびにそわそわで
す。何を撮ろうか考えるだけでそわそわです。そんな金曜日は、そわそわわくわくのうわの空で時間が過
ぎて行きます。行く場所や何を狙うかが決まってしまうと今度は、レンズはどうしよう、カメラは何を持って
行こうでそわそわが始まります。案外そわそわしている時間が一番楽しいかもしれない。そわそわ曜日=
金曜日、さて、今週はどこ行こう。そわそわ・・・
by nama3_kitano | 2017-01-27 00:01 | その他 | Comments(0)

第9回ゴミゼロ倶楽部写真展

f0224100_13421386.jpg

今年も参加します。第2回写真展から参加していますので、もう8年目なのですね。自分でもちょっとびっくり
です。この8年の間にカメラはずいぶん取っ替え引っ替え使いましたが、撮った写真の方は相変わらずで、
がっくりしてしまいます。これまで出展した写真は、山の写真と落ち葉の写真ばかり(一度だけ流鏑馬の写真
をだしたけど)です。今回は、どうするか、ちょっとだけ考えましたが、たくさん撮っている花の写真を出したこ
とがありません。花の写真は年間を通じて撮り続けていますので、写真は、たくさんあるのです。出展は、2
点なので、絞るのがたいへんかと思いきや、お見せできるほどの写真が少ない。そんな中から、なんとか選
びました。そして、これからプリント作業に入ります。写真展は、2月9日の午後からですが、10日、11日、12
日の3日間は、在廊しようかと考えています。ぜひ、お声をかけてください。忌憚のないご感想やご意見が聞
けたら無上の喜びです。よろしくお願いします。
by nama3_kitano | 2017-01-26 00:01 | 写真 | Comments(2)

落ち葉の美学 氷漬け

f0224100_14552383.jpg

22日は、そんなに強い冷え込みではありませんでした。でも写真のような光景を見ることができました。
初冬の時期に湿地の池に落ちた落ち葉が、水中で熟成されていきます。そこに北風に乗ってやってきた落
ち葉が重なって、そのまま凍ってしまった状態です。そしてもう一枚(↓)は、池に沈んで氷漬けになった落ち
葉です。落ち葉は、いろいろ撮っていますが、こういう状態は、初めてです。
f0224100_14561930.jpg

今回の失敗。PLフィルターを忘れたこと。最近、撮影に出るとき、忘れ物が多い。
by nama3_kitano | 2017-01-25 00:01 | 自然 | Comments(0)

冬枯れ

f0224100_21514554.jpg

冬枯れの植物が美しいと思ったことはありません。でも、冬枯れした植物にはとても魅力を感じます。
なんでだろう~?ちょっとだけ考えてて見たほうが良いかな。今日の写真は、日曜日の早朝、撮ったも
のです。何の変哲もないどこにでもありそうな冬枯れした植物です。美しいとは思わないけど、なんか
引き寄せられて、実はレンズを変えながら50カットくらい撮りました。
f0224100_21523292.jpg

ちょっと良いなあと思う冬枯れもあります。これは、セイタカアワダチソウですが、黄色い花の時期よ
り、個人的には今のほうが美しいと感じています。冬枯れという言葉は、冬の季語でもあって、多くの
詩に詠まれています。それは、魅力があることの証とも思えます。自分とってはどううか。どこに魅力
を感じるのか。この枯れ色も錆好きとしては非常に惹かれるますが、一番は、背景にある生命力の
ようなものを感じるからだと思います。枯れ姿はどちらかかというと死とか腐食とかのイメージもあり
ますが、それは、仮の姿でしかないと思えるのです。自然の摂理に従った命の営みが形として表れ
ているです。まだまだ、曖昧模糊としてうまく書けませんが、もっとたくさん撮ってもっとたくさん考えて
見たいと思います。
by nama3_kitano | 2017-01-24 00:01 | 自然 | Comments(4)

氷紋

f0224100_2255469.jpg

鬼の霍乱か、風を引いてしまったので、この土日は、引きこもりと決めたのですが、何だかなあ、土曜日に
寝すぎたせいか、日曜の朝、早く目覚めてしまった。じっとしてもいても良かったのですが、咳も止まったし、
ちょっとだけ、秋ヶ瀬へ行ってみるか、となりました。別に撮影したいものやコトがあるわけではない。田島ヶ
原の方は、野焼きで「焼け野原」になっているので、今回は、反対側の湿地の方へ行ってみた。こちらは、野
鳥エリアなので、鳥撮りのカメラマンがいつもいるエリアだ。
f0224100_2341891.jpg

日の出は、雑木林の樹間から見ることが出来ました。カメラは持ってきましたが、湿地を一周して、早めに
撤収しました。
by nama3_kitano | 2017-01-23 00:01 | その他 | Comments(0)

上野東照宮冬牡丹

f0224100_2237289.jpg
 
上野公園内にある東照宮。ここ数年、1月になると東照宮内にあるぼたん苑へやってきます。元旦から
冬ぼたんの展示が始まっているのです。上野公園は、自分にとって特別な場所です。20代の頃、4年間
ほど、公園近くで働いていました。その為、上野駅の公園口から公園を通り抜けるのが毎日の通勤路だ
ったのです。一番賑わうのは、春の花見の頃です。酒の匂いと大量のゴミの間を出勤するのが日課にな
ります。ぼたん苑のオープンは、自分が通勤に使っていた頃と重なりますが、記憶にはありません。あ
のころは、山のことばかりで花には全くと言っていいほど興味がなかったからかもしれません。
f0224100_223737100.jpg

このぼたん苑、冬ぼたんの展示は2月いっぱいで終了します。でも、4月に入ると春ぼたんの展示が始
まります。春ぼたんの時期は、自分は、桜の追っかけをやるので見ることは出来ません。
f0224100_2237521.jpg

冬ぼたん、周りの木々が冬枯れしているので、より一層、艶やかさが際立ちます。今年も十分堪能させ
てもらいました。
by nama3_kitano | 2017-01-22 00:01 | | Comments(0)