nama3の気ままに雑記

<   2017年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

戦場ヶ原を写真散歩


f0224100_10535138.jpg
OFF会集合時間の9時半には、天気も回復、吹く風が爽やかなハイキング日和となりました
。皆さん、普段の行いが良いのかな。歩いたコースは、小田代ヶ原~泉門池(いずみやど
いけ)~戦場ヶ原を湯川に沿って赤沼駐車場のコースです。参加者6名、思い思いに被写体
を見つけるとレンズを向けながらゆっくり歩きました。写真は、風景だったり、樹木だっ
たり昆虫だったり。面白い被写体に出会ったときは、レンズが一斉にそちらに向きますが、
基本それぞれの興味したがって撮影しますので、一緒に歩いてもレンズの向く方向はバラ
バラです。それがまた面白かったりのOFF会でした。以下は、自分が撮った写真の一部です
。年数回は歩く場所ですが、いつも新たな発見があります。これも奥日光の豊かさの賜物
でしょう。
f0224100_10542156.jpg
f0224100_10544035.jpg
f0224100_10545902.jpg
f0224100_10552229.jpg
f0224100_10554321.jpg
2枚目のゴイシシジミは、初めて撮りました。ササ竹のある場所なら東京
でも見ることができるそうです。自分のテーマのひとつ、落ち葉もそろそ
ろ本腰を入れなければなりません。

by nama3_kitano | 2017-08-31 00:01 | 写真 | Comments(0)

ゴミゼロ倶楽部OFF会で小田代ヶ原へ

f0224100_10515176.jpg
 8月27日は、フォーサーズ、マイクロフォーサーズユーザーで作っているゴミゼロ倶楽部
の夏のOFF会が開催されました。場所は、奥日光戦場ヶ原です。集合が小田代ヶ原バス停9
時半でした。自分はいつものように、歩いて小田代ヶ原へ向かいました。3時半ごろ到着し
て何時もの場所に三脚を立てましたが、あいにく雲が多く、明るくなるまで待つことにし
ました。4時10分ごろに始発バスがつきましたが、乗客は3人だけだったようです。うち2
人がOFF会参加者でした。
f0224100_10522263.jpg
 ここは、条件がそろえば、風景の方がシャッターをどんどん押させてくれる場所です。
ですが、この日のような条件(日の出なし、朝霧なし)では、自然への思いが、そして技
量が試される。とても難しい撮影条件です。撮影をやめてしまうのも一つの手ではありま
すが、自分は、こうした条件も受け入れて、しっかり雲や風、空気感、光の動きを見極め
たいと思っています。そして、感じるモノがちょっとでもあればそちらにレンズを向けてみる。
f0224100_10524024.jpg
 集合時間の9時半まで、そんなことを考えながら過ごしました。天気は徐々に良くなって
集合時間には青空が広がりました。そして、気温が上昇して、風がとても爽やかな秋を感じ
させるモノになりました。つづく

by nama3_kitano | 2017-08-30 00:01 | 写真 | Comments(0)

広い、広いそば畑 猿楽台地

f0224100_21543902.jpg
 そば畑としては、昨日アップしたたかつえ高原のそば畑が一番好きです。ですが、広さ
という点では、こちらの畑に軍配が上がります。下郷町猿楽台地のそば畑です。
f0224100_21550300.jpg
 ちょうどここに着いたと同時に青空が広がり始めました。こちらには、カメラマンがひ
とりもいません。朝方の雨のためでしょうか。そんな訳で独り占め貸し切り状態です。長
靴を履いて、畦道を行ったり来たりしながら撮影ポイントを探しました。やはり難しい。
光の方向もありますが、どうしていいものやら、答えが出ない。
f0224100_21553068.jpg
 仕方なく、手当たり次第にシャッターを切りまくりましたが、どうも手におえない。完
全に位負けのような気がします。「もっと修業を積んで出直したまえ!」って激励叱責を
受けた気分です。来年は、何日間か、このエリアに留まって撮影しようかな。

by nama3_kitano | 2017-08-29 00:01 | 写真 | Comments(0)

3年ぶりのそば畑

f0224100_21301886.jpg
 8月27日、奥日光でゴミゼロ倶楽部の夏のoff会が開催されました(報告は後日たっぷりと)
。奥日光へ行かねばならないなら、ついでにちょっと足を延ばして、昨年、一作年と行けな
かったそば畑に行こうということになりました。そういう訳で、25日の夜出発して、26日は、
福島のそば畑2か所をめぐりました。花の咲き具合がちょっと心配でしたが、見事な咲きっぷ
りで、大喜びでした。でしたが、ちょっと天候は微妙でした。日の出前にそば畑に着くと、撮
影ポイントには、すでに7,8人のカメラマンが三脚を立てていました。あいさつもそこそこに
撮った写真がこれです。
f0224100_21305292.jpg
 とても素晴らしい条件で、この後の朝焼けに期待も高まったのですが、思うようにいかない
のが自然写真です。10分ほどするとガスがどんどん降りてきて、ポツリポツリ降り始め、あっ
という間に本降りの雨となりました。カメラマンもあっという間に撤収してしまいました。自
分は、雨がすぐ上がるのを期待して車で待機しました。30分ほどで、雨は上がりましたが、ガ
スが残り視界不良。
f0224100_21311143.jpg
 1時間ほど粘りましが、天気がそれ以上良くなる気配がないため、もう一つの、写真のこの
場所より標高の低いところにあるそば畑へ移動してみることにしました。移動時間1時間と場
所の違いにより天候の違いに期待してです。つづく

by nama3_kitano | 2017-08-28 00:01 | 自然 | Comments(0)

サギソウ

f0224100_15412662.jpg
 以前は、ちょうど今頃の時期、昭和記念公園へ出かけました。目的は、ちょっと地味で
すがサギソウです。その後、赤塚植物園でも鉢植えのサギソウを見ることができることが
分かって、昭和記念公園へは出かけなくなりました。そしていつの間にか、撮ることもな
くなってしまったのでした。そんなサギソウにいきなり出会いました。場所は、御岳山か
らの帰りに立ち寄った青梅のお蕎麦屋さん=榎戸さんです。店の入り口にサギソウの鉢植
えがあって、それちょうど満開見頃でした。気がつけば、カメラを構えて本気撮りでした。
久しぶりに見たサギソウは、あくまでも美しく、優雅に飛んでいました。
f0224100_15414428.jpg
 この花の自生地がどこにあるのか知りませんが、一度自然に生えているサギソウを撮っ
てみたいと思っています。※この週末は、ゴミゼロoff会があるため出かけています。明
日の更新、お休みするかもしれません。

by nama3_kitano | 2017-08-26 00:01 | | Comments(0)

レンゲショウマの御岳山へラスト

f0224100_14534175.jpg
 もう一週間経ちますので、レンゲショウマの御岳山の話は、今回で最後とします。花は
先週より確実に開花が進んでいると思われますので、この週末は狙い目ですね。今日は、
レンゲショウマ以外に撮った花や昆虫を中心に少しだけにします。
f0224100_14540406.jpg
f0224100_14542499.jpg
f0224100_14544653.jpg
 御岳山でイワタバコが咲いているのは初めて気づきました。この時期はツリフネソウや
ホトトギスも良く見かけます。御岳神社の神代欅の根元は、シュウカイドウの花が彩りを
添えます。ケーブル駅から神社を往復しただけでも、こんなにいろいろ見ることができま
す。売店街のそばも美味しい。今度は、泊りで来たい。滝めぐりもしてみたいし。

by nama3_kitano | 2017-08-25 00:01 | 写真 | Comments(2)

レンゲショウマの御岳山へ3

f0224100_12505007.jpg
本日は、表題と内容がいささか違うかもしれません。レンゲショウマは確かに魅力的な
花です。今の時期の御岳山の魅力はこの花であることは間違いありません。でも御岳山に
ついてちょっと考えると魅力はたくさんあります。ミシュランガイドに載っている観光地
として、高尾山があります。その高尾山に勝らないとも劣らない魅力をこの御岳山は持っ
ていると思っています。歴史、文化、自然などどれをとってもです。
f0224100_12515039.jpg
f0224100_12520590.jpg
f0224100_14484326.jpg

 レンゲショウマを撮るために登った御岳山ですが、この日は深い霧に覆われていたこと
もあって、その霧が様々な効用を風景に付加して、いつも以上に魅力を感じました。樹林
を切り開いて作られた何でもない空き地が、普通なら見ることなく通り過ぎてしまう樹林
帯が、登山道横の普段なら見過ごしてしまう草花に至るまで魅力的に見えてしまう。霧は
ある意味、最高の舞台装置かもしれない。

by nama3_kitano | 2017-08-24 00:01 | 自然 | Comments(2)

町田良太写真展「虚空の庭」

f0224100_22540199.jpg
 22日から始まった町田さん写真展「虚空の庭」へお邪魔してきました。ちょうどパー
ティの最中でしたが、見るスペースを開けてもらいながら拝見しました。撮影の何倍もの
労力をかけて和紙にプリントされた作品です。写真の素材は植物ですが、町田さん流の深
い思考で仕上げられた作品群です。自分は、インクジェットプリンターでプリントして仕
上げた写真しか作れませんが、町田さんの作品は、プラチナパラジウムプリントという手
法で作られた作品です。とても繊細で美しい作品に仕上がっていると思います。写真展は
スペース2*3というギャラリーで27日(日)まで開催されています。
f0224100_22542862.jpg
 プリントについて説明されている町田さん。
f0224100_22551340.jpg
 写真は、町田ワールドです。私がここでいろいろ感想を書くよりご覧いただいた方が良いと
思います。

by nama3_kitano | 2017-08-23 00:01 | 写真 | Comments(0)

レンゲショウマの御岳山へ2

f0224100_15554950.jpg
 御岳山へ初めて登ったのはいつのことだったか、記憶が定かではありません。たぶん、
大岳山登山の途中、寄ったのが最初ではないかと思います。そのあと何回か、職場のハイ
キングなどでも登った記憶があります。頻繁に行くようになったのは、20年ほど前、宿
坊のひとつと仕事上のつながりができてからです。10年ほど前まで、仲間内の忘年会を
宿坊のひとつで毎年開催していた時期もあります。御岳山の宿坊は、押しなべて料理のレ
ベルが高く、どこへ泊っても食事に関しては、はずれがありません。
f0224100_15560298.jpg
 レンゲショウマを撮りに行くようになったのは、10年ほど前からです。デジタルで本
格的に写真を撮るようになったからです。ここのレンゲショウマ自生地には約5万株のレ
ンゲショウマが自生していて、たぶん日本でも有数の自生地ではないかと思います。毎年
8月20日過ぎのこの時期は、大勢の花見客が登山します。そして、多くの写真愛好家も
集まります。
f0224100_15563278.jpg
 特に早朝に集まるのは、この時期は、カメラマンで、大岳山など登山目的の人より遥か
に多い。霧に包まれた土曜日も臨時始発に乗った人のほとんどが一眼カメラを持参してい
ました。レンゲショウマは、撮影対象としてなかなか手強く感じます。望遠レンズやマク
ロレンズで花を大写しする。このワンパターンになってしまうのです。花との距離感が、
皆似たような写真ばかりを量産してしまうのです。

by nama3_kitano | 2017-08-22 00:01 | | Comments(2)

レンゲショウマの御岳山へ

f0224100_15000133.jpg
 土曜日、曇り空でしたが、レンゲショウマが咲いているであろう御岳山へ向かいました
。ケーブルカーの始発は7時半ですが、7時頃到着しました。ちょうどいいかなと思いつ
つゆっくりと準備をしていると「臨時始発を出します」とのアナウンス、なんと7時15
分に臨時が出ることになりました。「今日はラッキーかも」と思いつつ乗り込みました。
久しぶりの御岳ケーブルカー、登るにつれて霧も深くなる。雲の中に入っていく感じでし
た。
f0224100_15005143.jpg
 ケーブルを降りて、早速レンゲショウマの群生地へ向かいました。5,6分咲きにはなって
いるだろうと予想していきましたが、開花が遅れているようです。ざっと見2分咲き程度
でしょうか。蕾がやたらと目立つ状態です。それでも、霧が深くなったり、日差しがちょ
っと入ったりの花の撮影条件としては良い方ではないでしょうか。これを生かさない手は
ありません。それに御岳山へ来たのも久しぶりです。モチベーションは自然に上がりまし
た。
f0224100_15053458.jpg
 雨でない限り、レフレックスレンズで撮ることを決めていましたので、1台は、三脚に
レフレックスを付けて、もう一台は、望遠ズームと持って行った2台とも、望遠レンズで
の撮影になりました。レンゲショウマの撮影は、どうしても花のアップが中心となって、
ワンパターンな写真を量産してしまいます。花との距離感を考えながら、この日の御岳山
の雰囲気を出せないか考えながら撮影しました。

by nama3_kitano | 2017-08-21 00:01 | | Comments(3)