nama3の気ままに雑記

大子相川地区のしだれ桜

f0224100_21110434.jpg
大子町に着いて、まず向かったのは、相川地区です。ここは民家の敷地にしだれ桜の古木を何本
も見ることができる地区です。表札替わりではないでしょうが、「相川1175」のような看板が出
ています。民家のある番地かなとも思いますが、看板には桜の樹の写真が貼られていて、見に来
てねという意味なのだと思います。ちょっと入りにくい感じもしますが、せっかく来たので、あ
まり遠慮せず、桜の樹の下へ行かせてもらいました。桜の下から集落を眺めると向こうに立派な
桜が見える。あそこにも行かなければというふうに何本かの桜を巡りました。
f0224100_21113429.jpg
人が住んでいる気配はありますが、人はあまり見かけません。これが、今の日本中の田舎の普
通の情景なのかなとも思います。製材所の横を通ったのですが、そこで初めて人に出会いまし
た。田んぼで農作業をしている人も見かけましたが一人だけです。あっ、ヤマト運輸の車とすれ
違った。運転していたのは若い女性でした。ことほど左様に、村人に会えない。その村人の皆
さんがが先祖代々守ってきた桜でしょう。
f0224100_21124651.jpg
そう言えば、実家の裏にもご神木があった。我が家のものは、桜ではなく、椿でした。これ
らの桜も、樹齢からしてご神木なのかもしれませんね。


# by nama3_kitano | 2017-04-18 00:01 | | Comments(0)

桜巡礼大子遍

f0224100_05471042.jpg
 土日の2日間、大子へ行ってきました。大子は、「だいご」と読みます。「たいし」ではありません、念のため。
茨城県の最北部の町で、栃木県や福島県と接した純農村の町です。なぜ大子へ行ったかというと、昨年、福島から
の帰り、いつもの東北道経由ではなく、国道118号線を南下して、水戸から常磐道経由で帰ったのですが、桜の時
期は過ぎていましたが、景色から感じるものがあって、桜の時期来てみたいと思ったのです。一年間、気持ちの中
で存在し続けた場所なのです。
f0224100_05540385.jpg
大子の春を撮ることは、大げさに言えば、1年間温めた構想でした。まあ、構想は本当に大げさですね。
思い付きを忘れなかったというのが妥当かな。調べてみると福島から陸続き(当たり前か)のためか、福
島のように一本桜もある。集落中に点在しているエリアまである。ないのは、三春の滝桜のような、横綱
級がないだけのようです。やはり行かなければ。
f0224100_06011156.jpg
 茨城県は、魅力度調査で、2年連続魅力度47位です。つまり最低ランク。どんな基準でどんな人に
聞いたのかしりませんが、殆ど行ったことのない人が回答したものと思われます。確かに、有名な観
光地があるわけではありませんので、イメージがないのしょうね。自分が生まれた県ということもあ
って、自分的には思い入れも人一倍強いし、魅力を感じる県です。やはり行かねばと思った次第です。
f0224100_06050970.jpg
なんか文章が回りくどい。大子の代名詞、袋田の滝です。ここは、全国的に知られた場所です。この
エリアです。今日は、桜巡礼の桜が写っていませんが、これから徐々に出していきます。

# by nama3_kitano | 2017-04-17 06:06 | 写真 | Comments(0)

気がつけば・・

f0224100_20304170.jpg
4月に入って、さくら、桜、さくらと桜ばかり追い続けています。昔から日本では花と言えば
イコール桜で和歌などにも詠まれています。自分にとってもこの花は格別なので致し方ありま
せん。でも、桜、さくらと桜ばかり見ていたら、いつの間にか雑草園ではチューリップが咲き
始め、木々は本格的は芽吹きの季節を迎えていました。金曜日(4月14日)の朝、雑草園へ入っ
てみて、気づきました。でも、ごめんなさい。4月いっぱいは矢張さくらを追いかけます。今日
も今頃車の中です。報告は明日。
f0224100_20311826.jpg
今日のエントリーは、間つなぎのようなものですが、桜以外のものにも目を向けなければ
ならないと思います。

# by nama3_kitano | 2017-04-16 00:01 | その他 | Comments(0)

無名な桜との出会い

f0224100_21473530.jpg
 写真は、今回の山梨で偶然出会った桜です。武田信玄ゆかりの恵林寺の近くに、高橋山放光寺と
いう寺院があって、山門の桜が美しい。その桜を撮っていて、ふと目を上げると住宅街越しに山の
斜面が見えます。とそこにピンク系と白系のすらっとした桜が見えました。あまりにも見事なので
できるだけ近くへ行ってみることにしました。
f0224100_21480339.jpg
 行ってみるとそこは諏訪神社という神社の横の斜面でした。神社は折から例祭のような行事が行
われていました。「よそ者」が入るのはちょっとという雰囲気がビンビン伝わってきます。一礼し
て横切り、斜面に近づくことにしました。遠目で見るのとはやはり大違いでした。雰囲気が全然違
う。それでも美しさは変わらない。手入れされている訳ではないが、こういう桜も良いものですね。
f0224100_21493262.jpg
 週末がやってきました。今週も桜巡礼に行くことにしています。これまで行ったことのない場所
なのでどうなることやらですが、楽しみでもあります。ということで一週間、桜巡礼秩父山梨編に
お付き合いくださいましてありがとうございました。

# by nama3_kitano | 2017-04-15 00:01 | | Comments(0)

桜巡礼、秩父から山梨へ

f0224100_08015512.jpg
秩父清雲寺での撮影の後、国道140号線を走って、山梨県へ向かいました。山梨での桜巡礼
をするためです。昔、登山をやっていた関係で、山梨県は自分にとってはお馴染みなのです
が町村合併が盛んに行われた後は、???どこ?という地名が増えました。南アルプス市?
甲州市?笛吹市?北杜市?といった具合です。北杜市のみ職場の先輩が引っ越して住んでい
るため位置関係がわりますが、それ以外は、位置関係が全然イメージできません。山梨の桜
と言えば、実相寺の桜や身延山の桜、わに塚の桜などが有名ですし、行ったこともあります
。が、それ以外でどんな桜に出会えるか、ちょっと楽しみでもありました。
f0224100_08021984.jpg
事前に多少調べています。GANREFの桜スポットで紹介されている乙ヶ妻のしだれ桜と慈
雲寺のいと桜だけは行こうと考えていました。乙ヶ妻のしだれ桜は、咲いていないだろう
と最初から思っていましたが、予想どおりでした。でも、この丘の上に立つ一本桜は、な
んとなく福島の一本桜を思い出せてくれました。いつか、満開の日に来てみたいと思いま
す。2枚目が慈雲寺のいと桜です。お寺の駐車場に着くなり、係の人から「今日は良いです
よ。昨日急に咲きだしました」と教えられました。確かにすごい。種類は紅しだれでしょ
うか。これまでも福島で紅しだれはたくさん見てきましたが、最高クラスの迫力です。こ
こも何度か訪れたい場所になりました。
f0224100_08032293.jpg
f0224100_08034318.jpg
f0224100_08043998.jpg
 そのあとは、武田信玄ゆかりの恵林寺など、行き当たりばったりで撮影しましたが、やはり、
寺院の境内が多い。エドヒガンより紅しだれ系のしだれ桜が多い、などの特徴があるように感
じました。旧塩山市エリア、探すともっとたくさん出てきそう。でも今年は、これでお終いで
す。
 最後に今回の山梨で強く印象に残った桜は、無名の桜でした。それは明日。

# by nama3_kitano | 2017-04-14 00:01 | | Comments(0)