nama3の気ままに雑記

始まりと終わりと 雑草園にて

f0224100_11561105.jpg
狭い敷地ですが、植物の種類は結構多く、花のリレーも行われています。始まるものがある一
方で、静かに終焉の時を迎える植物もある。今の時期なら、これかな。もうすぐ、個人的に、好
きな花ということもあって、咲き始めると「お祭り気分」になります。年々増殖しています。今
では普通のドクダミよりも数が多いかもしれません。そのくらい増えました。
f0224100_11563082.jpg
そして、静かに終わりを迎えているのがこちらです。周りが枯野だった冬の間、霜が降りよう
が雪が降ろうが青々としていた植物です。周りが青葉若葉の季節になると枯れ始めます。今度
会えるのは花の時期、9月中旬ごろかな。夏の間、しっかりおやすみなさいと声をかけてあげた
い。9月にまた逢いましょう。

# by nama3_kitano | 2017-05-13 00:01 | 自然 | Comments(0)

小雨降る雑草園にて

f0224100_13380969.jpg
ちょっとネタ切れの感じでブログへアップすることがありません。そういう時は潔く休めばい
いと思うのですが、休むと何か落ち着かない。貧乏性なのでしょうね。そういう時、強い味方に
なってくれるのが、一番身近な場所、雑草園です。久しぶりに朝から雨が降っていましたので、
なにはなくともとりあえずカメラをもって出てみました。レンズは、こういうときにいい仕事を
してくれるレフレックレンズです。撮って出しでもよかったのですが、これも久しぶりにアート
フィルターをかけてみました。
f0224100_13382762.jpg
レフレックスで撮った画像を水彩画風にすると意外と合うと思います。コントラストや彩度は低
めに処理して、さらにホワイトエッジをかけました。マット紙などに今度プリントしてみようと
思います。ディスプレイで見るのとはまた違った印象になると思います。でもこういう画像、ど
んな使い方ができるのかな。時間があるときに考えてみよう。
※写真は、5月10日朝撮っています。

# by nama3_kitano | 2017-05-12 00:01 | | Comments(0)

浮野(うきや)の里へ

f0224100_21202634.jpg
以前、花菖蒲の時期に一度行こうと考えた場所です。6月に「あやめ祭り」があることを何かで
知って、そう考えたのでした。その後、菖蒲の花は撮影対象から外れてしまい、ついでのとき以
外は撮らなくなってしまいました。故にこの場所も完全に頭の中から消えていたのです。場所が
渡瀬遊水地から、そんなに遠くない。菖蒲にはちょっと早いけど行って見ようとなったのです。
f0224100_21210190.jpg
「浮野の里」という施設があるのかなと思いながら行きましたが、全然違っていました。湿地
帯、水田、農家=屋敷林など、武蔵野の面影を残すエリア全体をそう呼んでいるようです。特徴
は、湿地です。水面をやたらと高く感じる水量豊かな湿地があって、野草や昆虫などの宝庫です。
湿地の一角に菖蒲田が作られていて、あやめが少しだけ咲いていました。
f0224100_21212016.jpg
この場所、実はかなり広いようです。今回は、駐車場の近くに土手状に植えられたクヌギの並木
(これは洪水対策で作られたようです)を往復しただけです。エリア全体を歩くと相当時間がか
かりそう。農村風景は以前から撮ってみたいと思っていますので、ここにはこれから何回か来る
ことになりそうです。ちょっと気に入りました。

# by nama3_kitano | 2017-05-11 00:01 | | Comments(0)

平穏な朝、困った・・・

f0224100_14583777.jpg
連休最終日の5月7日、3時に起床して渡良瀬遊水地へ行ってみました。前日の夜、天気図を見
ながら予想したのですが、霧は出ないだろう。だけど、ひょっとしたら朝焼けはそれなりにあ
るのではないか、まあ、行ってみようということになったのです。結果は、予想通りというか、
朝焼けもない全く持って平穏な朝でした。こうなると困るのが撮影です。いつも如何に被写体
に寄りかかった撮影をしているかがよく分かります。
f0224100_14590273.jpg
ワクワクするような朝ではないが、何かあるに違いない、で来てしまったが、本当に何もな
い。仕方なく手当たり次第に彼方此方レンズを向けてみる。ヨシキリやウグイス、さらにキジ
の声などがやたら大きい。でも姿はチラッとしか見られない。撮影なんてとんでもない。結局
足元の植物たちをマクロレンズで撮影することになってしまった。
f0224100_14593007.jpg
それも長くは続きません。6時半ごろには空腹感もあって撮影終了としました。こんなことも
あるさと自分に言い聞かせ、むりやり納得する。近くの道の駅でシートを倒し、30分ほど休む
とちょっとやる気が出てきました。そうだ、こういう日こそ新たなフィールドへ行ってみよう。
行こうと思っていてまだ行ってない場所がある。続きは明日。

# by nama3_kitano | 2017-05-10 00:01 | 写真 | Comments(0)

朝の光と遊ぶ

f0224100_05372698.jpg
連休も終わってしまえば、呆気なかった。特に後半は、いろいろ雑用があって撮影に出ること
も少なかったのです。写真は、5月5日の朝、久しぶりに泊まった実家の庭で撮りました。早朝、
朝露がついて、それに朝日が当たってキラキラが美しい。雑草が茂っている場所に10分以上しゃ
がみ込んでいましたので、みんなからは、「また始まった」という感じのあきれ目線で見られま
したが、こればかりは、やめられません。
f0224100_05374783.jpg
珍しい花、誰でも知っている花、みんなが写真に撮りたくなる花を撮るのも好きですが、そんじ
ょそこらにあるありふれた花でも、状況によっては珠玉になる。この日の朝露の付き方は、こと
のほか繊細に見えました。そこに当たる朝の光には透明感がある。そんなふうに感じたのでした。
f0224100_05380976.jpg
いつも新鮮な目で、物事を見られるように、自分自身を鍛える。ちょっと大げさですが、そうい
うことを常に意識して行こう。そんなことを感じた朝でした。

# by nama3_kitano | 2017-05-09 00:01 | その他 | Comments(0)