nama3の気ままに雑記

日光でアイイロニワゼキショウ

  日光でアイイロニワゼキショウ_f0224100_10294384.jpg

ニワゼキショウの花が大好きです。特にそのなかでも、アイイロニワゼキショウは、以

前、目黒の自然教育園で咲いているのを見つけ、花の時期が来ると毎年のように、この花を

撮影するためだけに訪れました。最近、自宅近くの散歩コースでも咲いているのを見つけ狂

喜乱舞しました。と言うのは、自然教育園と日光の空き地以外で、この花を見たことがな

かったからです。ニワゼキショウは、アヤメ科の植物で、北アメリカ原産の野草です。明治

時代に日本へ渡来しました。赤紫や白いニワゼキショウは、公園の芝生などを観察するとた

くさん見ることが出来ます。青い花の小さなニワゼキショウも見かけます。でも、花がやや

大きくて、茎が長く伸びるアイイロニワゼキショウは、なかなか見ることが出来ません。今

回、久しぶりに日光のその空き地に立ち寄りました。

  日光でアイイロニワゼキショウ_f0224100_10295274.jpg
  日光でアイイロニワゼキショウ_f0224100_10295752.jpg
  日光でアイイロニワゼキショウ_f0224100_10301385.jpg
  日光でアイイロニワゼキショウ_f0224100_10301896.jpg

相変わらず、藪の他の植物と背比べをするかのように茎をのばして、咲いていました。し

ばらくしゃがみ込んで撮影に熱中してしまいました。この時期に奥日光へ来たときは、ここ

は素通りできません。



# by nama3_kitano | 2024-06-15 04:28 | | Comments(2)

マクロレンズで小さな風景

  マクロレンズで小さな風景_f0224100_10051156.jpg

今回、カメラは2台持って歩きました。そしてその1台には、マクロレンズを付けていまし

た。そのためかどうか、小さな花やキノコなどの写真が自然に増えたように感じます。目が

付けているレンズの目になってしまったのかもしれません。

  マクロレンズで小さな風景_f0224100_10052728.jpg
  マクロレンズで小さな風景_f0224100_10053688.jpg
  マクロレンズで小さな風景_f0224100_10053964.jpg
  マクロレンズで小さな風景_f0224100_10054230.jpg
  マクロレンズで小さな風景_f0224100_10054517.jpg
  マクロレンズで小さな風景_f0224100_10054830.jpg
  マクロレンズで小さな風景_f0224100_10060252.jpg
  マクロレンズで小さな風景_f0224100_10055441.jpg

花は、極小なものばかりです。この時期の奥日光は、葉っぱが良いです。なので、上を向

いたり下を向いたり、結構忙しない木道歩きでした。



# by nama3_kitano | 2024-06-14 04:04 | 写真 | Comments(2)

久しぶりの小田代ヶ原

  久しぶりの小田代ヶ原_f0224100_08325673.jpg

昨年秋以来の小田代ヶ原です。大きく変わったことと言えば、赤沼駐車場が有料になって

いました。長時間駐車や車中泊の規制が目的なのかもしれません。普通なら夜間駐車って安

くなることが多いと思うのですが、ここは午前4時を基準にしている為、高くなる。そこだ

けがちょっと解せません。とたらたら書いてもどうにもならないので止めておきます。早朝

3時に出発して、小田代ヶ原へ向かいました。曇り空でしたので、日の出があるかどうかは

わかりません。どんな天候でも行くと決めていましたので、迷いはありません。4時ちょっ

と前に到着しました。先行者が一人いたのですが、何処へ行ったのか消えてしまった。完全

貸切の朝になりました。湿原全体に霧がかかって、墨絵のような小田代ヶ原の朝でした。日

の出は予想通りありませんでした。でも撮影していると色温度が微妙に変化するので、雲の

上に日が昇ったことはわかります。今回は、早めに小田代を撤収して、泉門池へ向かうこと

にしました。

  久しぶりの小田代ヶ原_f0224100_08330306.jpg
  久しぶりの小田代ヶ原_f0224100_08330546.jpg
  久しぶりの小田代ヶ原_f0224100_08330895.jpg

何度来ても毎回違う表情を見ることが出来る。ここはそんなところです。だから繰り返し

来てしまうのかもしれません。



# by nama3_kitano | 2024-06-13 04:31 | 自然 | Comments(2)

ズミとワタスゲの季節 戦場ヶ原

  ズミとワタスゲの季節 戦場ヶ原_f0224100_08522566.jpg

奥日光へ定期的に通うようになったきっかけがズミの木でした。戦場ヶ原一帯、ズミに覆

われていると言っても大げさにならないほど多いのです。そして、梅雨入り直前の今が、花

の最盛期です。約20年ほど前からこの花を見るために、毎年のように訪れています。今年

は、身辺がいろいろバタバタしていて行けないかもと思っていましたが、何とか行くことが

できました。それともう一つ、最盛期を迎えるのがワタスゲです。ワタスゲは花ではなく、

綿毛(果穂)です。花は、黄緑の目立たない花です。戦場ヶ原のワタスゲは、赤沼駐車場か

ら少し歩いた場所にある展望デッキから見るのが一番です。

  ズミとワタスゲの季節 戦場ヶ原_f0224100_08524326.jpg
  ズミとワタスゲの季節 戦場ヶ原_f0224100_08524782.jpg
  ズミとワタスゲの季節 戦場ヶ原_f0224100_08525333.jpg
  ズミとワタスゲの季節 戦場ヶ原_f0224100_08530330.jpg
  ズミとワタスゲの季節 戦場ヶ原_f0224100_08530779.jpg

1枚目は、この日の戦場ヶ原です。白い点々がワタスゲ、背景の山は、大真名子山と小真名

子山です。天気は曇りでした。最後の写真は木道から撮影しましたが、湯川にズミの花筏が

出来ていました。



# by nama3_kitano | 2024-06-12 04:52 | 自然 | Comments(2)

クリンソウの季節 奥日光

  クリンソウの季節 奥日光_f0224100_15325980.jpg

クリンソウがきれいな季節です。奥日光でクリンソウと言うと中禅寺湖畔の千手ヶ浜がす

ぐに思い浮かびます。でも、10年くらい行っていないかな。最近は、大抵、竜頭の滝下の

国道沿いと光徳牧場の群生地でお茶を濁してしまいます。今年も同じようにその2か所で撮

影しました。なぜかというと千手ヶ浜へ行くと半日はつぶれてしまうからです。まあ、そこ

まで思い入れは強くないのです。確かに千手ヶ浜のクリンソウの群落は、一見の価値ありで

はありますが・・・花は群落を作るとどんな花でも美しい。特に大自然の中にあればあるほ

ど、周りの環境とともに楽しむことができます。

  クリンソウの季節 奥日光_f0224100_15331577.jpg
  クリンソウの季節 奥日光_f0224100_15331054.jpg
  クリンソウの季節 奥日光_f0224100_15331811.jpg
  クリンソウの季節 奥日光_f0224100_15332381.jpg

6月6日に訪れましたが、光徳牧場は、見ごろが始まったばかりという感じでした。場所

が、ちょうどソフトクリーム売り場の建物の裏側のズミの林の中なのです。今は、ズミの花

の時期でもありますので、そのコラボを楽しむことが出来ました。



# by nama3_kitano | 2024-06-11 04:32 | | Comments(4)