nama3の気ままに雑記

写真展訪問

 写真展訪問_f0224100_10554827.jpg
六本木のフジフィルムスクエアで開催中の写真展を見に行きました。第43回SSP展ともう
一つ、併設されている写真歴史博物館で開催されている植田正治写真展「ベス単写真帖 白
い風」です。SSP展は、知り合いの写真家さんが数名参加されているので、それを拝見する
ことが主な目的ですが、10年ほど前から、開催のたびに見に来ています。昆虫などの生き
物写真は、超絶テクニックがないと撮れないなあと毎回思います。でも考えてみれば、被
写体がテクニックを生み出させたかもしれないなあと思います。いずれにしても、被写体
が好きになることが前提でしょうか。著名な風景写真家さんも展示に参加されています。
今年お亡くなりなった竹内敏信さんの作品も1点展示されていました。写真歴史博物館の展
示は、企画が入れ代わるたびに見に来ています。今回の展示も秀逸です。最新のデジタル
写真とは対極にあるような写真ですが、脳裏に長く残る不思議な映像です。生涯アマチュア
を自称されていた植田正治ですが、「撮りたいものを撮りたいように自由に撮る」真骨頂
のようなものも感じました。
 写真展訪問_f0224100_10555048.jpg
そのあと、銀座ともう一か所回って帰りました。コロナ禍になって、都内へ出る機会が激
減していますが、路地歩きと美術館、写真展巡りは復活させてもいいかなとも思っています
。コロナは、季節性要因があるのでしょうね。これから8月にかけて再拡大は止められない
でしょう。

# by nama3_kitano | 2022-07-05 03:55 | 写真 | Comments(0)

身近な被写体そしてアートフィルター

 身近な被写体そしてアートフィルター_f0224100_09515491.jpg
ネタ切れの時は、たいてい自宅で撮った写真でお茶を濁しています。今回もその例にも
れません。今、咲いている花をサクッと撮ってアップしました。あじさいは、完全に最終
盤に入っています。雨が降らないので、周りの植物も葉っぱが焼けて元気がありません。
鉢植えですが、ブルーベーリーは今年も実を付けました。この暑さでも一番元気なのは、
咲き始めたひまわりでしょうか。
 身近な被写体そしてアートフィルター_f0224100_09520149.jpg
 身近な被写体そしてアートフィルター_f0224100_09520420.jpg
 身近な被写体そしてアートフィルター_f0224100_09520749.jpg
久しぶりに、撮った画像にアートフィルターをかけてみました(3枚目)。使い方によっ
ては、とても良いのと思います。ただ、自分の場合は、普通に撮って、PC上でかけるよう
にしています。それが本来の使い方であるとカメラにアートフィルターが搭載されたころ
から思っています。お遊び機能だと思いますが、真剣に使うことを考えると実はかなりハ
ードルが高い機能だと思います。画面上では良いなあと思っても、最終的にプリントする
とありゃりゃと思うことが多いのです。

# by nama3_kitano | 2022-07-04 04:16 | | Comments(0)

蓮の花、そして諸々 古代蓮の里にて

 蓮の花、そして諸々 古代蓮の里にて_f0224100_06070637.jpg
古代蓮の里へは、蓮の花を撮るためにやってくるのですが、いつも途中から諸々蓮の花
以外にも目が行きます。よく言えば視野が広い。守備範囲が広いとなりますが、別の見方
をすると、集中力が足りないとも言えます。まあ、趣味で、楽しみで撮っているのですか
ら、あらゆることから自由が良いとも思ってます。構図がどうとか露出がどうとかそんな
写真の基本のようなものも捨て去りたい。きれいな写真を撮る必要もない。決してやけっ
ぱちなっているのではなく、そう思い始めています。好きなものを好きなようにです。
 蓮の花、そして諸々 古代蓮の里にて_f0224100_06071964.jpg
 蓮の花、そして諸々 古代蓮の里にて_f0224100_06072258.jpg
 蓮の花、そして諸々 古代蓮の里にて_f0224100_06072781.jpg
 蓮の花、そして諸々 古代蓮の里にて_f0224100_06082119.jpg
 蓮の花、そして諸々 古代蓮の里にて_f0224100_06082621.jpg
 蓮の花、そして諸々 古代蓮の里にて_f0224100_06083049.jpg
 蓮の花、そして諸々 古代蓮の里にて_f0224100_06081897.jpg
そんな訳で、撮ってきた写真を並べてみると「何撮ってんだか」という感じなってしま
います。

# by nama3_kitano | 2022-07-03 04:06 | | Comments(4)

甲斐姫に付きっ切り

 甲斐姫に付きっ切り_f0224100_06290072.jpg
6月30日、今年2回目古代蓮の里です。この日も猛暑の予報が出ていました。晴天の蓮池は
個人的にテンションが上がりません。なので、早めに始めて早めに切り上げようと考えなが
ら車から出ると、元同僚とばったり。自然奏に所属して、真剣に写真と向き合っている写真
家です。テキトーに早く切り上げようなどと考えながら、車から出た自分がちょっと恥ずか
しい。挨拶もそこそこにまずは、蓮池の様子を見るため、二つの池をぐるり。甲斐姫が植え
られているエリアに着くと見覚えのある方が真剣に蓮にカメラを向けていました。地元行田
にお住まいの方は、蓮にものすごく詳しく、いつもいろいろ教えて戴ています。蓮の話から
始まって、世間話になり、そうこうしているうちに朝陽が蓮池に入り始めました。甲斐姫は
、開いて閉じるスピードが、他の蓮より断然早いと思います。特に開花1日目の甲斐姫は、
6時ごろからみるみる開いて8時にはどんどん閉じてしまいます。この日は合計五つ開花1日
目の甲斐姫が、共演してくれましたので、見事でした。一方、一番勢いのあるはずの開花2
日目の甲斐姫ですが、この日は、暑さのせいでしょうか、ちょっと首をかしげて、なんとな
く夏バテの感じでした。今日の写真は、世間話の合間に撮った甲斐姫です。
 甲斐姫に付きっ切り_f0224100_06290849.jpg
 甲斐姫に付きっ切り_f0224100_06291657.jpg
 甲斐姫に付きっ切り_f0224100_06291221.jpg
 甲斐姫に付きっ切り_f0224100_06300372.jpg
2枚目が夏バテかと感じた開花2日目の甲斐姫、最後が1日目(右)と2日目(左)の共演で
す。あとは全部開花1日目の甲斐姫です。因みに甲斐姫とは、アメリカ黄蓮を父とし、行田
蓮を母として生まれた品種です。戦国時代の忍城主=成田氏長の娘からその名をいただいた
のだそうです。1日目の甲斐姫の花をよく見ると父母からの遺伝がよくわかります。根元側
の花びらは黄色が強く、上へ行くにしたがって行田蓮のピンクになります。2日目は、大き
く開きますが、花弁は色褪せてきて、3日目は、ほとんど白に近い色になってしまいます。

# by nama3_kitano | 2022-07-02 04:28 | | Comments(0)

マスク外します

 マスク外します_f0224100_11561479.jpg
そんなこと宣言せずに勝手にやればいいのですが、やはり同調圧力を感じますので、自
分に向かって宣言すればなんとかできるかなと。勿論外すといっても、マスク着用が求め
られているコンビニや電車内、駅構内など不特定多数の人が集まるところでは着用します
。外で、密になる心配がない場所では、暑さ対策の意味でも外すようにしたいと思います
。6月29日は通院日でした。電車で新宿に向かったのですが、駅へ向かう道や駅から病院
へ向かうときは、マスクを外しました。特に駅から病院へ向かうときは、戸山公園の箱根
山地区を通り抜けるのですが、時々すれ違う人、ほとんどが律儀にマスクをしていました
。勿論外している人も以前よりは増えてきた印象です。
 マスク外します_f0224100_11562153.jpg
 マスク外します_f0224100_11562847.jpg
 マスク外します_f0224100_11563583.jpg
 マスク外します_f0224100_11564988.jpg
 マスク外します_f0224100_11563837.jpg
通院日は、診療が終わったら、写真展や美術館巡りを楽しむようにしているのですが、
今回は出来ませんでした。家を出るときは、上野の国立西洋美術館と竹橋の国立近代美術
館へ行くつもりだったのです。でも、病院の建物を出た瞬間、それらの計画は暑さで溶け
て消えました。写真は、東新宿駅から病院へ向かう途中で撮っています。

# by nama3_kitano | 2022-07-01 03:54 | その他 | Comments(0)