nama3の気ままに雑記

イルミで遊ぶ

f0224100_10433274.jpg
以前は、街のイルミを冬の撮影対象にしていましたが、この冬は全く撮影していない。き
れいなイルミを見てもあまりときめかなくなったことが要因です。でも、通りがかりにイル
ミがあって、時間があってカメラを持っていれば、素通りは出来ません。たとへそれが小規
模であってもです。元町は、非常におしゃれな通りで、自分のような田舎者にはとても不釣
り合いな場所です。でも、ここを通り抜けるのが、この日の一番の近道です。故に、たまた
ま飾られていたおしゃれなイルミに貼りつきました。似合わないけどね。
f0224100_10440035.jpg
規模は小さいし、華やかさも控えめです。でも、可能な限り近づいて、レンズ先端をイル
ミの中に突っ込んで撮影すると面白い世界を映すことが出来ます。レンズは、標準オールド
レンズ。絞りを開けて撮影しています。角度を変えたり場所を変えたり、爪先立ったり、し
ゃがみこんだり、色々試しました。そのたびに液晶ファインダーに浮かび上がりる世界が面
白い。
f0224100_10434847.jpg
そんな世界が楽しくて、撮影に熱中すると周りが見えなくなる。しばらくたって、背後に
人の気配を感じました。振り向くと金髪のカメラを持った若い女性がニコニコしていました
。英語は殆ど出来ませんが、以心伝心、場所を空けて欲しいのかなと思って、「どうぞ」っ
て、譲りました。こちらもそろそろギャラリーに向かわなければならない時間でしたし、切
り上げるにはちょうど良かったのです。ちょっと歩いて振り向くとつい先ほどまでの自分の
ようにレンズをイルミに突っ込んで撮影している姿が見えました。うまく撮れたかな。フフ
フ。
※α-7 ZUIKO AUTO-W28㎜F3.5 HEXANON AR 50mmF1.4

# by nama3_kitano | 2019-01-21 03:25 | 写真 | Comments(0)

まだまだ咲いている薔薇

f0224100_15414102.jpg
大桟橋から山下公園へ移動中、日没を迎えました。どんどん暗くなる中で薔薇に取り付
きました。ご存知の通り、水の守護神の噴水周りはバラ園になっています。カメラのモー
ドを白黒からスタンダードに換えて撮影を始めました。レンズは、HEXANON50㎜です。1
970年代に生産されたと思われるレンズですが、絞るととてもシャープなレンズです。今回
は、薔薇の撮影ということと薄暮の中での撮影のため、絞り開放付近で撮っています。ボケ
方が、やはり昔のレンズです。うるさいボケでお世辞にも美しいとは言えません。でも、な
んとなくこういうボケに惹かれます。不思議ですね。
f0224100_15441979.jpg
ピントリングを最短付近において、背面液晶を拡大モードにして、カメラを前後させなが
らピント合わせをしました。白髪頭のおっさんがしゃがみ込んで、何をやっているんだかと
いう感じに見えるだろうなあ。でも周りは、アジア系の旅行者ばかり、守護神をバックに記
念撮影に忙しい。気にされない感じなので、こちらもゆっくり撮影に没頭しました。それに
しても、薔薇って、年間を通して咲いているのかな。その花に潤いは感じませんが、この
姿、美しい。
※機材 α-7 HEXANON AR 50mmF1.4

# by nama3_kitano | 2019-01-20 00:01 | カメラ | Comments(2)

久しぶりに横浜

f0224100_11052738.jpg
写真家生越文明さん主宰の勉強会「PHOTO-Lab-054」に参加するため、久しぶりに横浜
へ行きました。「PHOTO-Lab-054」は今回で3回目ですが、いろいろ事情があって、私が
参加するのは、今回が初めてです。どんなことをやっているのか、具体的にわからないの
で、見学するつもりで参加しました。今回は、「音」をテーマに撮った(または過去の作品
からセレクトして)写真をそれぞれが持ち寄って、写真から音が感じるかどうか、音を写真
で表現するのにはどうしたら良いのかなどを生越先生を中心に学びあうというものでした。
今回持ち寄られた写真は、前回、つまり2回目のときに、参加者それぞれが、音の写真のイ
メージを絵コンテに書いて、撮影したものまたは過去に撮った写真の中からセレクトしてき
たようです。次回は、「寒い」を感じる写真です。次回までにできるだけ絵コンテに書いた
イメージの写真を撮って、撮れなかった場合は過去の在庫からセレクトして参加しようと思
います。とても面白い勉強会です。まだ、テーマが感覚的なことになっていますが、これが
より抽象的なテーマになるとハードルは上がりますが、写真はよりバラエティに富んできて
、いろいろな表現方法を学べそうです。それともう一つ、確か「ワインでも飲みながら・・
」とあったように記憶していましたので、実は、自分の分だけですが缶ビールを用意してい
ました。でも、それをバックから取り出す勇気が出ないような真面目な雰囲気でした。勿論
、気が小さいので出しませんでした。
f0224100_11054206.jpg
f0224100_11060011.jpg
本日の写真は、昨年夏に参加した「Monochrome・Workshop2018」のとき以来の横浜
写真です。勉強会に参加するために行くなら、早めに行って撮影しようと考えて行った訳
です。お遊び的に歩くので、カメラは、普段あまり使わないα7にしました。レンズは、O
M用のZUIKO28㎜1本だけにしようと思ったのですが、標準も持って行くことにしました。
これも最近あまり使っていないKONICAのレンズを持参しました。日本大通り駅から元町
までを、ぶらぶらしました。西に傾いた冬の透明な光がとてもきれいでした。山下公園で
は薔薇を、薄暮の元町ではイルミネーションを撮ったりしました。それらの写真は、後日、
アップします。今日は、「Monochrome・Workshop2018」を思い出してモノクロ写真
です。
※機材 α-7 HEXANON AR 50mmF1.4 G.ZUIKO AUTO-W28㎜F3.5

# by nama3_kitano | 2019-01-19 00:01 | 散歩 | Comments(0)

野焼きのあとは

f0224100_11262476.jpg
思いがけず野焼きの風景を撮影できたのですが、そのあとは、いつものように「何か」
を求めて、ピクニックの森へ移動しました。ここには、いくつか池があって、ちょっとし
た湿地になっているのですが、今は、その池の半分以上が枯れてしまっています。残って
いるいくつかの池周辺を歩いてみることにしました。普段は、立ち寄ることのないグラン
ド横の池から行くことにしました。ひょっとしたら霜や氷が残っているかもしれないと考
えたからです。近づくといきなりポチャン!何?ちょっと遠目ですがカワセミでした。ち
ょうどダイブして小魚を捕まえたところでした。魚が大きすぎたか、なかなか飲み込むの
に苦労していましたので、そーっと回り込んで近づいて写したのがこの写真です。
f0224100_11263590.jpg
いきなりカワセミが撮れたので、もう今日はいいや、一通り回ったら帰ろうと次の池へ
。そしたら空を旋回していたアオサギが池に降り立ちました。こちらもそーっと近づいて
立ち木を遮蔽物にして、ヒョッコリハンのように上体だけ動かしてシャッターを切りまし
た。ここのアオサギは、まるで主のようにゆっくりと移動しながら小魚を探しています。
近くで見るとやはりアオサギは大きい。
f0224100_11264730.jpg
そして、次の池へ移動。こちらではコサギ(?)が、盛んに足を動かしながら水中の餌
になるものを探していました。アオサギと探し方が対照的で面白い。茂みに隠れることな
く池畔に立ってレンズを向けましたが、こちらを気にする気配がありません。余程お腹を
空かせているのかな。もう今日は、これでいいや、引き揚げようと思ったら、鳴き声が茂み
の中から聞こえてきました。
f0224100_11270017.jpg
この声はアオジかな。しばらく立ち止まって、声が聞こえてくる方を見ていると見えま
した。やはりアオジでした。番かな、二匹います。カメラを向けるとサーッと飛び立ちま
した。あとは、駐車場に向かって歩いたのですが、さらにハクセキレイやヒヨドリも撮れ
てしまった。枯葉でも撮れればいいやと思って来たのですが、撮れるときは撮れてしまう
のですね。
※E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL150mmF2.0+EC14

# by nama3_kitano | 2019-01-18 00:01 | 鳥・動物 | Comments(0)

春よ来い

f0224100_16443964.jpg
大寒がまだ来ていないのに「春よ来い」は、ないだろう。って自分で突っ込みを入れた
くなる表題を書いてしまいました。1月16日、朝目覚めて、奥日光へ行きたいなという思
いが頭をよぎりました。これから出るか、とも思いましたが、時刻を見ると7時を過ぎて
いる。ちょっと無理だな。でもどこかへ行きたい。とりあえず近場へカメラを持って出る
ことにしました。こういう場合は、大抵は秋ヶ瀬です。車を走らせて秋ヶ瀬が近づくと煙
が見える。ひょっとして・・
f0224100_16445887.jpg
野焼きの日でした。本当に偶然というか、ラッキーですね。野焼きは、春を迎える行事
です。急いで、田島ヶ原の駐車場に車を入れて、煙の近くへ移動しました。野焼きは、昨
年、渡良瀬遊水地で撮りましたが、こちらは勿論小規模です。小規模ですが、炎の近くま
で近づくことが可能です。規制線は勿論張られています。でもこの規制線は火に近い。熱
く感じるほどです。これは大迫力です。
f0224100_16451137.jpg
関東地方は、カラカラ天気が続いています。その為でしょう、火か付けられると凄いス
ピードで燃え広がります。この野焼きのためにボランティアの人たちが相当準備をしたよ
うです。この日もたくさんのボランティアが集まっていました。見物客、カメラマンは、
当然、凄い数でした。これでも平日なので少なめなのかもしれません。今年は、渡良瀬遊
水地の野焼き日が、ゴミゼロ倶楽部写真展と日程が重なるので、野焼き撮影は諦めていま
した。でも、思いがけず撮ることが出来ました(^_^)v
※機材 E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL14-35mmF2.0 ZUIKO DIGITAL150㎜F2.0+EC14

# by nama3_kitano | 2019-01-17 00:01 | その他 | Comments(0)