nama3の気ままに雑記

六本木の空の下

f0224100_14493985.jpg
写真塾でご一緒させていただいているアーティストNさんが、油絵と写真を出展されてい
る三軌展を拝見するため、新国立美術館へ。公募展と言うと日展や二科展が有名で、何回か
見に行きましたが最近あまり行っていませんでした。三軌展は初めてです。展覧会自体知ら
なかったのです。規模も大きく展示されている作品も素晴らしい。自分が普段撮っている写
真がどうなのよってちっぽけに見えてしまう。特に人物の入った絵画は、力を感じました。
普段、ネイチャー系の写真を撮っている自分にとって、とても参考になる絵画もありました。
f0224100_14495021.jpg
絵画のコーナーは、写真撮影可でしたので、何点か撮らせてもらいました。ものの見方の
参考にさせて貰うつもりです。そんな訳で絵画のコーナーはじっくり時間をかけて拝見出来
ました。でも残りの工芸や写真のコーナーは、駆け足になってしまいました。絵画のところ
でエネルギーを使い果たした状態になってしまったのです。展覧会でこういう状態になった
のは久しぶりでした。明日と明後日の更新は、充電のためお休みします。よろしくお願いし
ます。
GX-7MK3 DG SUMMLUX25㎜F1.4 M.ZUIKO DIGITAL75㎜F1.8

# by nama3_kitano | 2019-05-22 04:30 | その他 | Comments(0)

目覚めの雨

f0224100_10512990.jpg
本格的な雨になりました。久しぶりなような気もします。関東地方は、雨らしい雨が久
しくなかった感じなので、これは、植物たちにとって恵みの雨かもしれません。緑の葉っ
ぱが生き生きして見えるのは気の所為ばかりではないですね。そんな雨の中、雑草園を覗
いてみると咲き始めていました。一昨日確認したときはまだ蕾だったのですが、数輪、開
いていました。この時期の雑草園の主役(とかってに思っています)のお目覚めです。
f0224100_10513921.jpg
これから2週間ほど、この花が何回も登場しますのでよろしくお願いいたします。
※E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL50-200㎜F2.8-3.5

# by nama3_kitano | 2019-05-21 10:51 | | Comments(0)

雑草散歩

f0224100_09264901.jpg

毎日1万ぽ歩くことを目標にしています。特に撮影に出る予定のない晴天の日は、カメラ
を持ってご近所散歩をします。カメラの被写体は、道端で見かける植物が中心です。雑草と
呼ばれる植物たちです。数年前からこの雑草たちに興味を抱き、名前を特定したり、素性を
調べたり、調べるほどに面白くなってきています。
f0224100_09270452.jpg
f0224100_09260327.jpg
植物図鑑的な知識はありませんが、雑草類は、どうも帰化植物が多いように感じます。そ
して氏素性で言えば、鑑賞用に輸入された植物が、その旺盛な繁殖力で野生化し、道端で花
を咲かせている。観賞用で輸入されたのだから、「私にもっと注目して」と言っているのか
もしれません。よしよし、少なくとも吾輩は注目するよ。写真も撮るよ。好きだからね。っ
て心の中で雑草たちに声を掛け、今日もカメラを持って外を歩こう。
E-M5MK2 ZUIKO DIGITAL50㎜F2.0

# by nama3_kitano | 2019-05-20 09:27 | | Comments(0)

雑草園の花

f0224100_22312672.jpg
3月下旬から花のリレーが続いています。雑草園は、冬以外は何らかの花笠空いています
が3月下旬からは全く花が途切れることはありません。下記は0日くらいで終わるものが多
いですが、とてつもなく長いものもある。そして色も様々で華やかです。ネタ切れのとき
は大抵一番身近なここで撮影します。花の名前はほとんどわかりません。正直園芸種の花
は、あまり興味がないのかもしれません。自分にとってはきれいすぎるのです。
f0224100_22313966.jpg
f0224100_22315846.jpg

※GX-8 ZUIKO AUTOMACRO90㎜F2 LUMIX G MACRO30㎜F2.8

# by nama3_kitano | 2019-05-19 00:01 | | Comments(0)

苔の世界

f0224100_21560309.jpg
青木ヶ原樹海を初めて歩いて感じたことは、色々あります。ここは、苔がある意味、こ
この歴史の証人と感じました。そればかりでなく、ここの環境も語っていると思います。
苔は、奥日光を歩いていても感じるのですが、苔むすまでの長い時間を伝えています。少
なくとも数百年の時間の刻印、そしてその長い時間、人為が入り込まなかった証のように
感じます。盆栽などによく使われるのはそのことの表現なのではないだろうかと思いまし
た。つまり苔が、時間の重みの象徴になっていると。
f0224100_21561590.jpg
f0224100_21563850.jpg
f0224100_21570158.jpg
溶岩に張り付いた苔、溶岩を割って生える木の根に張り付く苔、樹皮に生える苔、その
緑から感じることはそういうことでした。今の時期、この樹海は緑の世界です。年間を通
じてそうなのかもしれませんが、一帯が新緑に覆われているし、その新緑と森の中の苔の
緑が共鳴して、緑を増幅しているように感じたのでした。できれば、天候や季節、時刻を
変えてこの樹海を歩いてみたい。そんなことを感じた今回の樹海でした。
E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL14-35㎜F2.0 E-M1 DIGITAL50㎜F2.0

# by nama3_kitano | 2019-05-18 00:01 | 自然 | Comments(0)