nama3の気ままに雑記

古代蓮の里、もう一つの主役たち

f0224100_10071382.jpg
蓮の花や花托を撮りに出かけた古代蓮の里ですが、ここで撮影しているといろいろ気が
散ってしまいます。「集中力が散漫なんだよ」と言われてしまえばそれまでなのですが、
水面の花托を狙えば、カエルや野鳥がいたり、次の池へ移動しようとすると通路の真ん中
で通せんぼをするザリガニがいたり、花を狙うとこちらを狙っているカマキリがいたりと、
本来の撮影そっちのけになってしまいます。
f0224100_10073840.jpg
f0224100_10075354.jpg
生き物の撮影は、自分にとってはハードルが高いです。理由は生態を知らなすぎる。カ
メラ操作も習熟しているとは言い難いので、焦ってピンボケ写真を量産してしまいます。
ピントが合うと構図が変だったりとなかなかうまく行きません。うまく行かないとさらに
躍起になってしまいます。もともと横道道草大好き人間なので、そうなると元に戻すのが
たいへんです。今回もいつものように途中からこんなものばかり撮っていました。何やっ
てんだか。
f0224100_10080738.jpg
f0224100_10081908.jpg
1枚目通せんぼをするザリガニ。2枚目、水滴を撮ろうとしたら飛んできたイトトンボ 。
3枚目、水面に落ちた花托を撮ろうとしたら、浮草でカモフラージュしたカエルが・・。
4枚目、蓮の花を撮ろうとしたらこちらをロックオンしているカマキリが。。。5枚目、
茎の先の花托を撮ろうとしたらその前にちいさなシジミチョウが・・羽で結んで開いて
を繰り返し・・。6枚目、水面に落ちた花托を狙っていると姦しく泳ぎ回るひな鳥がい
て。これは、なかなか苦労しました。奇跡的に1枚だけピントが合っていました。
f0224100_10143240.jpg
こんな感じです。止められませんね。
撮影機材 E-M1MKⅡ E-M5MKⅡ ZUIKO DIGITAL 150㎜F2.0 ZUIKO DIGITAL14-35㎜F2.0

by nama3_kitano | 2018-09-01 00:01 | 自然 | Comments(0)