nama3の気ままに雑記

リンドウの花

f0224100_09121800.jpg
今日は、お彼岸の中日。お墓参りで今、一番見かける花がリンドウです。今から20年ほ
ど前の話ですが、仕事で岩手県の安比高原へ行くことがありました。スキーツアーを作る仕
事で、安比高原のホテル、ペンション、民宿などを巡って商談をしていたのです。安比高原
の民宿は、その多くが農家で、リンドウを栽培してる農家が多かった。ですからお彼岸前は
出荷作業で忙しいはずと10月以降にお伺いすることが多かった。リンドウの花を見かけると
民宿の親父さんの笑顔とリンドウの自慢話をついつい思い出してしまいます。
f0224100_09122641.jpg
「植物知識」(牧野富太郎著講談社学術文庫)にこんなことが書かれています。
「花は形が大きく且つはなはだ風情があり、ことにもろもろの花のなくなった晩秋に咲くの
で、このうえもなく懐かしく感じ、これを愛する気が油然と湧き出るのを禁じ得ない。され
ども人々が野や山より移して庭に植栽しないのはどうしたものか、やはり、野に置けれんげ
そうの類かとも思えども、しかしそう野でこれを楽しむ人もないようだ」と。リンドウの花
ってむかしはそうなんだ。やはりこの花の美しさに気づいて栽培を成功させたあの親父さん、
自慢するのも当たり前だったのですね。
※写真は戦場ヶ原にて E-M1 ZUIKODIGITAL50㎜F2.0 EC-14

by nama3_kitano | 2018-09-23 09:14 | | Comments(0)