nama3の気ままに雑記

崇高な気品あり

f0224100_09332072.jpg
奥日光小田代ヶ原の有名な白樺の木。「貴婦人」という俗称があって、以前からその俗
称には大きな違和感を感じています。15日の早朝、奥日光は冷え込みました。気温は手元
の寒暖計でマイナス8度Cでした。久しぶりに手指の感覚がなくなる寒さでした。5時前から
時々シャッターを切りながら待機していましたので、体が変になりました。そして、日の
出の時間、木々は純白に輝きだしました。改めて、あの白樺の木と対峙したくなり、場所
を移動しながら撮影しました。
f0224100_09333273.jpg
この樹が発する気品は、崇高です。改めて見直しました。まあ、写真的には、手垢のつい
た写真になってしまうことが多いのですが、この気品あふれる姿にはそんなことはどうでも
良いと感じさせる気高さがあります。その一端に触れることが出来ただけで今回は、満足感
に包まれました。ピーンと張り詰めた空気が見事な脇役を務めてくれたと感じました。
※撮影機材 E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL150㎜F2.0 ZUIKO DIGITAL14-35㎜F2.0


by nama3_kitano | 2018-11-16 09:33 | 自然 | Comments(0)