nama3の気ままに雑記

忘れて掛けていた落ち葉の美学

f0224100_10050875.jpg
ある時期、一生懸命取り組んでいたテーマ=落ち葉の美学。完全に忘れていたわけでは
ありません。時には気になってレンズを向けることがありました。そのたびに、「いやい
や、そうではなく、どう向き合うべきかをきちっと整理しよう」と思うのでした。結局、
思うだけで放置プレーが現実でした。
f0224100_10051950.jpg
17日~18日の2日間、奥日光へ行っていました。毎回、想定外の素晴らしいドラマを見せ
てくれる場所ですが、今回は、強風と曇り空で期待してことは何も起こりませんでした。
つまり、いつも、被写体に撮らせてもらう自分の撮影姿勢を大いに思い知らせれる状況で
した。一向にモチベーションが上がらす、車に戻って持って行った本を読んだり昼寝をし
たり、湯元温泉へ行って温泉に浸かったりのグダグダ状態でした。
f0224100_10053438.jpg
そんな状態でぶらぶらして見つけたものが今日の被写体です。まったく思いがけないも
のが目に飛び込んできたものだ。そうだ、忘れかけていた。落ち葉の美学です。このシュ
ールな落ち葉が思い出させてくれた。きちっとステートメントを起こして再び始めよう。
帰ったらすぐ、とりかかろう。
※E-M1MK2 ZUIKO DIGITAL150㎜F2.0

by nama3_kitano | 2019-06-19 10:05 | 写真 | Comments(2)
Commented by jyuudo-rou at 2019-06-19 18:44
美しいもの、可愛いものだけではなく、撮影者の意識の
持ちようで被写体は無限に広がりますね。
こうして拝見すると、朽ちて行くものにも美を感じます。
Commented by nama3_kitano at 2019-06-19 20:02
> jyuudo-rouさん

コメント、ありがとうございます。
10年ほど前に、秋から冬にかけての落ち葉の美しさに
写真を撮りためてきています。最初は紅葉のその艶やか
な落ち葉に惹かれましたが、徐々に朽ち行く姿に魅力
を感じるようになりました。年間を通して撮り始めると
その奥深さが徐々にわかって来て、被写体としてとても
良いなあと感じています。