nama3の気ままに雑記

まだまだ現役、頑張れ

f0224100_22011744.jpg
自分のことではありません。カメラの話です。そのカメラとは、OLYMPUS OM-D EM1です。
2013年10月発売日に予約購入して丸6年経ちます。ボディのエッジなどは、擦れていかにも
使い込んだボディという感じになっています。実際使い込んでいますけどね。デジタル製品
は、5年も経てば、性能が大きく進歩して見劣りしてしまいます。この辺がフィルムカメラと
の違いの一つでしょうか。つまり、消耗品的なイメージが強いと感じます。ですから写真を
趣味としてデジタルカメラを使っている人は、製品の入れ替えが早い。少なくともフィルム
時代では考えられないほど入れ替えているのではないでしょうか。自分もデジタルに移行し
てからは、毎年のようにカメラを買い替えたり買い足したりしてきました。しかし、今、そ
れが曲がり角に来ています。そうそうひょいひょいカメラを買うほどの経済的ゆとりがない
し、そもそもその必要を最近はあまり感じなくなってきているのです。カメラを変えても自
分の撮る写真が変わらないことも大きいかな。
f0224100_22013067.jpg
今、現状、マイクロフォーサーズ機7台が手元にあって、それを使いまわしています。レン
ズは、フォーサーズ&マイクロフォーサーズ規格レンズがボディキャップレンズも含めると
30本あります。でもレンズの稼働状況を見ると最近は単焦点レンズが中心になっています。
まあ、必要十分、どちらかというとお腹いっぱいの状態で使いこなせていないかもしれませ
ん。でも、それでもレンズに関してはまだ物欲があるところがちょっとどうしようもないで
すね(笑)
f0224100_22014551.jpg
そんなカメラ事情の中で、E-M1は、とても愛着を感じます。MKⅡと2台併用で撮影に行くと
シャッター数はMKⅡの方が多いので、そちらをメインにしていることがわかります。が、帰
って、撮った写真をチェックすると、案外、E-M1で撮った写真の方が良かったりします。そ
んなこともあってE-M1は、まだまだ現役続行です。シャッター数は、12万をこえていますが
、動かなくなるまで使い倒そうと思っています。頑張れE-M1!
※写真は小田代ヶ原 E-M1 ZUIKO DIGITAL50㎜F2.0

by nama3_kitano | 2019-09-16 00:01 | カメラ | Comments(0)