nama3の気ままに雑記

2018年 03月 17日 ( 1 )

カメラにおまかせ ヒレンジャク

f0224100_09051860.jpg
今はカメラが何でも撮ってくれる時代なのかもしれません。ヒレンジャクの群れが来てい
ると聞きましたので、早速、秋ヶ瀬へ行って見ました。以前、撮影したことのある場所へ行
ったのですが影も形もありません。それより、2週間ほど前に着た時とは状況が様変わりし
ていました。水が上がってきていて、林の中の遊歩道も水没している箇所がある。鳥がいな
いので、そんな風景を写真に撮っているとバードウォッチャーから声をかけられました。「
何か水棲の生き物でも撮っているのですか」と。「いえいえい風景を撮っています。今日は
、ヒレンジャクが来ていると聞きましたので来てみたのですが、いないので・・」「ヒレン
ジャクなら今日はここじゃないよ。今日もカメラマンが大勢来ているので行けばすぐわかる
よ」と場所を教えてくださいました。他に人がいないことを良いことに、その後1時間以上も
話し込んでしまいましたが、そのことはいつかまたべつに報告したいと思います。
f0224100_09053544.jpg
f0224100_15390197.jpg
行って見ると確かに30人くらいの鳥撮りカメラマンが三脚を立てていました。隅の方に陣
取らせて貰って、自分も参戦しました。目的は、ヒレンジャクとカメラテストです。「プロ
キャピチャーモード」を試してみたかったのです。結果がこちら↑です。確かにこれはシャ
ッターチャンスを逃さない。凄い機能です。自分のような素人でもこのくらいの写真は撮れ
てしまうのですから。でもちょっと考えてしまいました。凄い瞬間を記録できるけど、自分
が撮ったと言えるかどうかです。ある狙いがあってこの機能を使いこなすなら自分の表現と
して見せることはできるけど、カメラ任せで、カメラの機能におんぶにだっこで撮っても、
それが、自分の表現となるだろうかと。カメラテストをしているだけかもしれない。少なく
ともそうではない何かを自分なりにしっかり持って、これらの機能を使い、何を撮り、何を
表現したいのかを写真に込める必要があるのではないかと。そういう意味でこの機能を使い
こなせたら、素晴らしいと思います。自分的には、現状では、たぶん、あまり使う場面がな
い機能かなと感じました。それでも凄い機能なので使いこなせるようにはしたいです。

by nama3_kitano | 2018-03-17 00:01 | 写真 | Comments(0)