nama3の気ままに雑記

2018年 04月 11日 ( 1 )

若葉が眩しい 渡良瀬遊水地

f0224100_17412092.jpg
4月6日、3月17日の葦焼き以来の渡良瀬遊水地へ行って見ました。3週間しか経っていま
せんが、括目してしまいました。考えてみれば、この3週間の間にソメイヨシノは、葉桜
となり、八重桜やハナミズキの季節になってしまいました。今年は、季節の巡りが超速で
す。
f0224100_17413371.jpg
焼き払われてできた裸地は、緑の絨毯、そして焼け残った葦の根元にはしっかりと新芽が
でています。今年の葦焼きは、前日に雨が降って、雨水をしっかり吸い込んでいたためか、
火の周りが悪かった。そのためでしょう、きれいに焼ききれなかった。遊水地全体を見渡
すと焼け残った葦の茶色と新芽の緑がきれいなコントラストを作っています。これはこれ
でちょっとシュールだし美しくもあります。
f0224100_17414834.jpg
それとやはりですが、色彩が豊かになっています。そして隠れる場所がないためか、普段
より野鳥がよく見えます。囀り声も大きい。何より鶯と雲雀の声が姦しいほどです。土手
に広がる菜の花は黄色い絨毯、畑に植えられた菜の花と一味違って見えるのは気のせいで
しょうか。天気が曇天なのも良い。春霞がかかったようなけだるい空気感が春を演出して
くれていますから。

by nama3_kitano | 2018-04-11 00:01 | 自然 | Comments(0)