nama3の気ままに雑記

2018年 04月 30日 ( 1 )

チョウジソウとガビチョウ

f0224100_13224353.jpg
秋ヶ瀬公園にはこの植物が自生しています。絶滅危惧種にあげられているチョウジソウ
です。そして今、花が見ごろになっています。ピクニックの森エリアは、立ち入り規制ロ
ープが張り巡らされて、チョウジソウがたくさんあるエリアには、今、立ち入ることが出
来ません。撮影は当然、ロープの外から行っています。ロープの外へはみ出している個体
もありますので、探せば接写も可能ですが、この花は、ある程度距離を置いてみた方が良
いと思います。いつも花のことを調べるときに使う「季節の花300」によるとキョウチク
トウ科の植物で、『この花の形が横から見ると「丁」の字形に見えるから「丁字草」の名
に』とありました。絶滅危惧種に指定されているようですが、この植物が好む環境が少な
くなっているのでしょうね。
f0224100_13232502.jpg
チョウジソウを撮影していると林の方から素敵なさえずりが聞こえてきました。声の方
へ、そーっと行って見ました。いました。いました。ガビチョウでした。なんとも透き通
た美声です。聞き惚れます。でも調べてみるとガビチョウって中国から東南アジアが本来
の生息地、日本では特定外来生物に指定されているのですね。地球温暖化の影響で、本
来、南の方が棲息地のこの野鳥にとって、日本は住みよい環境になっているのかもしれま
せん。チョウジソウが絶滅危惧種でガビチョウが侵略的外来種、このコントラストはちょ
っと面白いけど、色々考えてしまいました。

by nama3_kitano | 2018-04-30 00:01 | 自然 | Comments(0)