nama3の気ままに雑記

2018年 08月 10日 ( 1 )

台風に負けるな、オニバス自生地へ

f0224100_11050690.jpg
台風12号、そんなに大きな被害も出なくて良かった。あっ、ごめんなさい、自分が住ん
でいるエリアでの話です。そんな台風が接近しつつある8月7日、三毳山へ行く前に、実は
もう一ヵ所、行った場所があります。ここ10年近く、この時期になると見に行く場所です
。そこは、埼玉県北部、旧北川辺町(現加須市)のオニバス自生地の池です。この池は、
田圃の中にあります。自生地と言っても、自然に放置されている訳ではなくて、地元の皆
さんが管理しています。毎年様相が違います。殆ど花が咲いていない年、増えすぎて田ん
ぼの用水路まで、あの独特の葉っぱが水面を覆ってしまった年等々。
f0224100_11052546.jpg
今年は、花が少ない。くる時期が早すぎたかな。それに数もやや少なめでした。実は、
このエリアは、今年41.1度の最高気温を記録した熊谷市も比較的近くで、夏は猛暑エリア
です。ですがこの日は、とても涼しく、吹き渡ってくる台風余波と思われる風もとても気
持ちいい。正確には、やや寒いくらいでした。そんな訳か、この池周辺は、今の時期、た
くさんトンボが飛んでいたりするのですが、昆虫はあまり見かけません。小さい蛙ばかり
が、目立っていました。
f0224100_11062441.jpg
このエリアは、早場米地帯、すでに稲穂が、頭をたれ始めて、黄金色に染まり始めてい
ます。お盆明けには、稲刈りが始まるのではないかと思われます。台風で倒れないことを
祈りたいと思いました。目的のオニバスの花は、やや残念な感じでしたが、見どころは、
他にたくさんありました。たわわに揺れる稲穂もそうだし、池の周り植えられたミソハギ
は、花が見ごろ、池の中には白い小さな花をたくさん見かけました。その名は、オモダカ
です。そして、オニバスのあの独特の葉っぱが、その色や形状を観察するととても面白く
、時間のたつのを忘れそうでした。

by nama3_kitano | 2018-08-10 00:01 | 自然 | Comments(0)