nama3の気ままに雑記

2019年 07月 31日 ( 1 )

小田代ヶ原の白樺

f0224100_09461568.jpg
 小田代ヶ原の白樺というとあの樹のことになってしまうことが多いですね。それくらいあ
の樹には存在感があります。でも、ここへ来てよく見ればわかりますが、白樺の樹は他にも
たくさん生えています。ここに集まる多くのカメラマンは、あの樹をメインに撮影すること
が多い。自分も勿論その一人ですが、最近、平日しか行かないからかもしれませんが、あの樹
ばかりを狙って来てるわけではないという人が、案外多いことに気づき始めました。たとへ
ば、この日は、5人ほどのカメラマンと一緒になりましたが、大半は、アザミをメインに撮影
しているように見えました。レンズの向きからの判断ですけどね。まあ、霧は出ましたが、
インスタ映えするようなドラマチックな雰囲気にならなかったことも影響あるかな。
f0224100_09462574.jpg
f0224100_09463501.jpg
白樺の話に戻します。小田代ヶ原には、たくさんの白樺が生えていて、ここ2,3年ほど、個
人的には、あの白樺以外の白樺の木々に注目しています。あの白樺は、意識しなくとも目に入
るし、画面にも入って来ますからね。それで感じたことがいくつかあって、そのことを自分の
写真に出したいと試行錯誤しています。今回も個人的には、とてもいい条件に恵まれたと感じ
ました。夜が明けて、徐々に明るくなるその瞬間瞬間に小田代ヶ原の彼方此方に点在する白樺
を見る。刻々と変わる表情は、朝の清新な光が演出してくれます。時にはその樹肌を艶めかし
く感じたり、神々しく感じたり。漂う霧にドラマを感じたり。やはりこういう光景に触れると
ここへ通うことはやめられない。それほどここの白樺には魅力を感じます。
※E-M5MK2 NOKTON42.5㎜F0.95(デジタルテレコン)
 E-M1MK2 DG SUMMILUX25㎜F1.4 ZUIKO DIGITAL150㎜F2.0

by nama3_kitano | 2019-07-31 00:01 | 自然 | Comments(0)